間違いだらけの老後不安!誤解されている4つのお金の老後不安

間違いだらけの老後不安!誤解されている4つのお金の老後不安

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日は楽天マガジンで見かけた週刊SPAの記事から。

今号の特集は「間違いだらけの老後不安」。

ネット上には老後不安を煽る記事が多いですが、そんな記事に踊らされていませんか?

今回の記事では誤解されている「お金」や「健康」などの老後不安について説明してくれています。

当ブログはお金にまつわる話題を取り扱っていますので、お金に関する間違った老後不安を4つ紹介していきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ←こちらのクリックをお願いします。

間違い1 老後は2000万円ないとまともな生活ができない

間違いの一つ目はウェブでも記事が公開されておりました。

2019年に大きな話題を呼んだ「老後資金2000万円問題」。

「老後資金2000万円問題」について、経済コラムニストの大江英樹氏は記事中で「ウソ」と断言しています。

「ウソ」の指摘はそのとおりで、平均をベースにした支出には違和感アリアリ。

そして何と言っても毎月赤字になるという計算が問題。

普通に考えれば、生活は収入の範囲内でおこなうはずですから、毎月5.5万円もの赤字が出るほうが不自然です。

よって「老後資金2000万円問題」というのは一般的には「ウソ」。

ただし、人によります。

まず「老後資金2000万円問題」がサラリーマン世帯をベースにしているのがポイント。

個人事業主のような国民年金のみの人の場合は年金受給額が大きく下がりますから、話が変わってきます。

またサラリーマン世帯であっても「老後は旅行に行きたい」となれば、当然支出は大きくなります。

また意図せずとも病気になってしまったり、要介護状態になったり。

はたまた住宅が破損し、修繕が必要になったりと、想定外の支出が発生する可能性はあります。

今後の年金と物価がどうなるかによっても老後資金を考える条件は変わってくる可能性があります。

よって必要な老後資金は人により、サラリーマン世帯なら2000万円あればゆとりある老後を送れる可能性は高まるでしょう。

間違い2 年金制度は破綻し、現役世代は払い損に

2つめは年金制度について。

「老後資金2000万円問題」がサラリーマン世帯ならそこまで心配しなくてよいという結論になるのは厚生年金のおかげ。

しかし年金が破綻すれば話が大きく変わってきます。

が、しかしです。

年金制度って破綻すると思いますか?

政府は先日も年金制度の改革案を出しており、破綻させないように動いています。

破綻すれば多くの人の老後生活に多大な影響を与えますから、何が何でも破綻させないようにするはずです。

「年金破綻を論じているのは茶番」とさえ語っています。

将来いくら年金をもらえるかは分かりませんが、少なくとも全くもらえないことは無いでしょう。

間違い3 再雇用で収入大幅減。貯金を崩す毎日になる

3つめは60歳以降の雇用について。

再雇用してもらっても収入が大幅減になると思っているなら大間違いです。

収入減に応じて給付金をもらえるかもしれません。

同じ会社で働き続ける人がもらえる「高年齢雇用継続基本給付金」と、再就職した人に失業手当の残日数に応じて支払われる「高年齢再就職給付金」の2種類があります。

ざっくり説明すると、いずれも60歳以降の給料が60歳時点の75%未満になったときに最大で15%の給付金が受け取れる制度です。

減額を多少は抑えられますから、非常に貴重な制度と言えます。

60歳以降も働くつもりの人は覚えておいて損はないでしょう。

間違い4 葬儀、お墓、遺品整理、、終活費用は700万円

4つめは終活について。

確かに終活はお金がかかりそうなイメージがあります。

しかし、やり方次第ではお金はかからずに済むそうです。

記事によれば、遺品整理は生前に断捨離をおこなえば10万円程度で事足りるとか。

お墓は「既にあり、今後買う予定はない」人が7割以上だとか。

仮に購入する場合でもネットで調べれば格安で買えるかも。

葬儀もプラン次第では数十万円で済みます。

経済産業省の調査結果も紹介されていましたが、葬式の費用は100万円未満が57%。

200万円未満なら92%になります。

よって葬式の格式にこだわらなけば、お墓にお金をかけなければ終活に700万円もの費用がかかることはなさそうです。

まとめ

以上『間違いだらけの老後不安!誤解されている4つのお金の老後不安』でした。

いかがでしたか?

老後にはお金がかかると言われることが多いですが、多少は不安が緩和されましたでしょうか?

「じゃあ具体的にいくら必要なのか?」と問われれば、答えは「人による」と言わざるを得ません。

どんな老後を送るのか、何にどれくらいお金をかけるのか、自分で計算をしてみましょう。

以下関連記事です。

老後は意外なところにお金がかかる可能性があることを事前に把握しておくべきです。

漫画家・弘兼憲史が絶対になくならない老後不安への2つの答えを語っています。

老後資金は3000万円かかるとする説もあります。

突然ですが、Youtubeチャンネルを開設してみました!
最初の動画は『40代で金融資産5000万円を達成した7つのステップ』です。
まだクオリティが低いですが、がんばって作ってみました。
今後少しずつ改善できればと思っております。
よろしければお気に入り登録・高評価をよろしくお願いします。

スポンサーリンク