格安スマホに乗り換えて通信費を節約すべき家計の特徴3選

格安スマホに乗り換えて通信費を節約すべき家計の特徴3選

先日『38歳主婦「ミニマリストに共感!家計の断捨離がしたい」』という記事を読みました。

子どものいる家庭で、住宅ローンの返済もあると、どうやって貯金をしていけばいいのか困りますよね。

そんな貯金ができない悩みを一瞬で解決できる方法があります。

今回は毎月の支出を減らす方法をご紹介します。

家計相談 38歳主婦の場合

今回の家計相談の記事について、相談者のプロフィールは以下のとおりです。

〈相談者プロフィール〉
・女性、38歳、既婚(夫:36歳・会社員)、子供(小6)
・職業:パート
・手取り世帯月収:37.2万円
 夫:29.9万円
 妻:7.3万円 
・手取り年間ボーナス:夫90万円
・貯蓄:50万円

夫婦と子ども1人というありがちな世帯です。

子どもが小6で、これから先に高校、大学と控えていますから、お金がかかってくる時期が待っています。

そのため教育費をいかに確保しておくかが重要な課題となります。

実際の家計は以下のとおり。

【支出の内訳(37.2万円)】
・住宅ローン:8.3万円(管理費、駐車場代含む)
・食費:8.5万円
・水道光熱費:1.8万円
・通信費:2.7万円(スマホ3台、ネット回線)
・生命保険料:2.3万円
・日用品代:1.7万円
・教育費:3.9万円
・交通費:0.9万円
・被服費:1.2万円
・娯楽費:1.5万円
・小遣い(夫のみ):3万円
・その他:1.4万円

いくつか気になるところがありますが、常に家計診断の記事を見て思うのは、通信費の高さです。

通信費を安くすれば、軽く1万円くらいは節約できます。

なぜ通信費の削減に取り組む必要があるのでしょうか?
 

家計の見直しは固定費から見直すのが鉄則

最近、家計相談・見直し関連の記事では、格安スマホへの乗り換えを勧める記事が多くなっています。

実際、僕も格安スマホへの乗り換えを勧めています。

その理由は、簡単に固定費を削減することができるからです。

固定費とは、生活をする上で、毎月一定額で定期的に発生する支出のことです。

家賃(住宅ローン)、スマホやインターネットの通信費、水道光熱費、保険料、駐車場代などが挙げられます。

固定費は一度下げることができれば、それ以降ずっと下がったままになります。

また他の支出と異なり、お金を使わないように我慢する必要もなく、ストレスもかかりません。

よって、まずは固定費から見直していくのが鉄則なのです。
 

1 スマホ1台につき7000円以上の通信費がかかっている

格安スマホであれば、2000円から3000円以内でおさまることも多い通信費。

うまくいけば2000円もかかりません。

それなのに今回の記事の家計では、3台でネット回線を含んで2.7万円となっています。

これは明らかに通信費を払いすぎです。

固定費の削減としては、住宅費・保険の見直し効果が大きいのですが、通信費は最も早く簡単に削減することが可能です。

よって、格安スマホに乗り換えることを検討してみるべきなのです。
 

2 住宅ローンの支払いがある

すでに住宅を購入済みで、住宅ローンを支払い始めている場合、その支出を減らすには住宅ローンの借り換えに限られます。

また、住宅ローンの借り換えは誰でもいつでもできるものではありません。

転職・独立した場合や収入が減った場合、健康上の問題が発生した場合などは借り換えができません。

もしこのような要件に該当する場合、本来であれば家計の支出の中でも最も大きな削減効果を得られるはずの住宅費を削減することができません。

よって、通信費の削減を検討することになるのです。
  

3 保険は削りたくない

生命保険や学資保険をあっさり解約できる勇気のある人はそう多くはいないでしょう。

子どもがいる場合、貯金だけでやっていくことのできる人は少ないはずです。

また各家庭ごとにそれぞれ描いているライフプランもあるでしょう。

そのため保険をやめるのは容易ではなかったりします。

保険をやめることができなければ、支出を減らすことができません。

よって、通信費の削減を考えることになるのです。

一方で、例えば社会人になったばかりのころに勧められるがままに加入したような医療保険などがあるのであれば、見直すことができます。

また、子どもが生まれる以前に加入していた保険が子どもの生まれた以降でも同じ保障内容で問題ないかどうかも考えるべきです。

保険の見直しであれば、いろいろな会社がありますので、お近くの窓口で相談してみるとよいでしょう。

↓保険の見直しのお申し込みはこちらから↓

 

格安スマホならUQモバイルかmineoがおすすめ

格安スマホへの乗り換えなら、おすすめなのがUQモバイルです。

テレビCMでもおなじみ。

格安スマホの人気No.1です。

auのKDDIグループ配下の会社とあって、通信の安定性は格安スマホの中では群を抜いています。

その分、格安スマホの中では料金が少し高めの設定となっています。

↓UQモバイルへの乗り換えはこちらから↓

もう1つのおすすめはmineo(マイネオ)です。

mineo(マイネオ)はUQモバイルには劣りますが、通信は安定しています。

そして何といっても安い!

そのバランスでUQモバイルに次ぐ人気を誇ります。

安さを重視するのであれば、mineo(マイネオ)をおすすめします。

↓mineo(マイネオ)への乗り換えはこちらから↓

UQモバイルかmineo(マイネオ)のどちらかでお悩みなら、こちらの比較記事へ
 

他にも見直すべき費目がある

先の支出の内訳を見る限り、他にも見直すべき費目はあります。

例えば教育費

一体何に使っているお金なのでしょうか?

塾や習い事は本人の意向より親の以降の方が強く働いていることがあります。

本人が望んでもいないのに通わせ続けるのであれば、本人とっても家計にとってもマイナスでしかありません。

教育費は聖域になりやすく、支出削減から目を背けがちになりますので、注意が必要です。

さらに今回の記事ではミニマリスト志向をうかがわせるコメントがありますので、あえて厳しく書きますが、被服費や娯楽費にもお金を使いすぎている可能性があります。

ミニマリストは余計な物を持ちません。

特に洋服は必要最小限度の枚数にとどめます。

新しい洋服を買い足すという行為は、年に数回あるかどうか。

下手をすれば1回もない可能性すらあります。

そのあたりの支出に対してはもっと厳しい意識を持たなければならないでしょう。

そして、その他

これも家計診断でよくありがちな使途不明金です。

使途不明金があるうちは、家計改善は難しいです。

しっかりと支出を把握できるよう家計簿をつけることをお勧めします。
 

電力会社比較で電気代が1番安い会社に乗り換える

ちなみに、固定費の削減であれば、電気代の見直しも検討することができます。

最近では各社CMを売ったりして、競争も出てきていますが、どこと契約すれば、いくらまで下がるのかを知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで利用したいのが電気料金一括見積サイトです。

複数社の電力会社プランを無料で一度に比較して、1番安い電力会社が分かります。

特に戸建てに住んでいる人であれば、マンションに比べて電気代が高くなりやすいですから、乗り換え効果が高い可能性があります。

現在の電力会社との比較をしてみて、どのくらい安くなる可能性があるのかを知るだけでも十分メリットはあるはずです。

↓無料一括見積の申し込みはこちら↓

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は『格安スマホに乗り換えて通信費を節約すべき家計の特徴3選』をご紹介しました。

これで自分の家計と見比べれば、通信費を見直すべきかが分かります。

ぜひ参考にしていただき、支出の削減および貯金の増加に結び付けてください。

スポンサーリンク