政府が言うべきは「2000万円足りないからカネ貯めろ」ではない

政府が言うべきは「2000万円足りないからカネ貯めろ」ではない

老後資金2000万円不足問題は、今日もあちこちで話題となっておりました。

そんな中、非常に共感できたタイトルがこちら。

政府が言うべきは「2000万円足りないからカネ貯めろ」ではない

タイトルは至極当然。

「2000万円足りないから、自助努力してください」なんて、平気な顔をしてよく言えたものです。

どれだけ面の皮が厚いのでしょうか。

記事の内容も極めて妥当です。

順を追って見ていくことにしましょう。

老後資金は2000万円もいらない

老後資金が2000万円不足すると言われていますが、記事の筆者は2000万円も要らないと語っています。

僕も本音ではそう思っています。

金融庁の試算のモデルは夫婦2人で月26万円の支出でした。

老後にそんなにお金を使いますか?

戦前の「ぜいたくは敵だ」ではありませんが、別にそこまでお金を使わずとも生活できるはずです。

慌てて怒っている人は、実は自分では気づかないだけで、ぜいたくな暮らしをしている人なのでしょう。

僕は家賃を除けば1ヶ月8万円で生活できています。

お金を使わずに生活する方法とは?

なぜそこまで支出が少ないのか?

単に、お金を使わないから、ものを買わないからです。

一度買ったものを大切に長く使う。

余計な外食、飲み会には行かない。

コンビニ、カフェには行かない。

記事では、シェアしたり、自分で作ったりすればいいとしています。

確かに実家にいたころを思い出すと、農家の親せきからお米や野菜、果物などをよくもらっていましたし、親父が家庭菜園をやっていて、家で作ったきゅうりやなすを食べていたような記憶があります。

個人的には、家でしょうか。

記事にあるように、不動産屋を介さず、人づてに格安で家を借りることができれば、あわよくば手に入れることができれば、これほどうれしいことはありません。

子どもの教育費は、記事にあるような育て方は難しいかもしれません。

しかし、大学に行くのが当たり前という時代は、もう過去の話。

うまく育てれば、教育費は減らせるかも。

まあ、独身・子どもなしの僕からすれば、がんばってくださいとしか言いようがありません。

ごめんなさい。

麻生太郎大臣には「いちばん困っている人の視点」がない

そして、今回の記事のハイライトとも言える麻生太郎大臣批判。

痛快です。

本当にどうしてこうも庶民に嫌われる言動を繰り返せるのか。

「人生設計を考える時、100まで生きる前提で退職金って計算してみたことある? 普通の人、俺はないと思うね。それなりに設計し直さないと、自分なりにいろんなことを考えるということをやっていかないとダメだ」

(引用元:https://hbol.jp/195455/2)

絶対にナメてますよね?

こっちは100歳まで生きると仮定して計算してますよ。

「さらに豊かな老後を送るために、より上手に資産形成をやるという話を申し上げている」

(引用元:https://hbol.jp/195455/2)

みんながみんな、投資に回せるほどのお金を持っているわけではありません。

あなたとは違うんです。

よく首相になれたなと思いますね、本当に。

「カネ貯めろ!」ではなく、老後の負担を減らす政策を

安倍政権にってから格差拡大が著しい。貯蓄や金融資産がゼロの世帯は3割を超えた。単身世帯では5割を超えそうだ。年収200万円以下の人々は1600万人以上に増えた。

(引用元:https://hbol.jp/195455/3)

恥ずかしながら、このデータは知りませんでした。

大きな金額の貯金をするなら収入の多いほうが有利と考えていましたが、年収200万円以下の人がここまで多いとは。

これは2000万円貯めるのはなかなか厳しいです。

非正規雇用は労働者の4割を超えていて、2120万人。どの世代も増えているが、人生これからという25〜34歳の非正規の労働者のうち、正規社員になりたくてもなれない割合は3割で、他の世代より高い。初就職の4割が非正規との統計もある。

(引用元:https://hbol.jp/195455/3)

非正規雇用が労働者の4割?

これもすごいデータです。

この人たちは貯金も厳しいでしょうし、受け取れる年金も少ないはず。

ここまでひどいことになっているとは。

このような状況下で自助努力を求めても、何もできないのではないでしょうか。

むしろ老後資金を2000万円も用意せずに済むよう、本気で政策を考えようとする政治家が現れることを願うばかりです。

まとめ

以上『政府が言うべきは「2000万円足りないからカネ貯めろ」ではない』でした。

いかがでしたか?

締めは、記事の最後の一節をそのまま引用しておきます。

「カネ貯めろ! リスクを負って運用しろ!」ではなく、教育費や老後の福祉などの個人負担を減らす政策こそ実施してもらいたいもんだ。

(引用元:https://hbol.jp/195455/3)

スポンサーリンク