『サンキュ!』の貯金記事は独身のおっさんには参考にならない件

『サンキュ!』の貯金記事は独身のおっさんには参考にならない件

どうも。『毎日が祝日』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

1000万円貯めている人達が夜共通してやっている6つのこと

「共通してやっている」と言われたら、1000万円以上貯めている人間としてはチェックしないわけにはいかないでしょう。

私もやっているはずですから。

1000万円貯めている人達が夜共通してやっている6のこととは?

「1000万円貯めている人達が夜共通してやっていること」とは一体何か?

何か共通の項目があったからこそ記事として挙げたのでしょうから、1000万円貯まっていない人にとっては参考になるだろうと気になるのは間違いないでしょう。

共通してやっている6つのこととは以下のとおりでした。

1.食材を小分け冷凍
2.部屋を片づけてから寝る
3.夜のうちに朝食とべんとうの準備をする
4.レシートを財布から出す
5.明日やること、買う物をメモ
6.夜のネットショッピングは、封印

うーん、一人暮らしのおっさんにとっては何とも言いようがありません。

いきなり「食材を小分け冷凍」というほとんど料理をしない私にとって全く無縁な項目が挙がっていました。

「3.夜のうちに朝食とべんとうの準備をする」あたりも、決して収入の多くない人が中心に行うであろう施策であると思われます。

食費を大きく削りに行く方法です。

私は食費については目くじらを立てない主義のため、当然のごとくやっていません。

「2.部屋を片づけてから寝る」「5.明日やること、買うものをメモ」あたりは貯金うんぬんの話でもないような気がします。

「買うものをメモ」だけは大事だと思います。

私も買い物メモはしっかりつけていて、余計なものを買わずに済んでいます。

4のレシートは、確かに夜のほうが良いと思います。

1日の振り返りとして、財布からレシートを取り出し、使ったお金を確認する。

悪くないでしょう。

6のネットショッピングについても、私は時間帯関係なく行います。

この記事の言わんとすることは、仕事帰りとか疲れた状態で買い物をしようとすると衝動買いが発生するので、夜は買い物しないということです。

しかし、冷静に判断できる状態であればネットショッピングをおこなう時間帯は関係ありません。

全体的に見ると、1000万円の貯金と結びつけるにはやや無理がある内容かなと思います。

「1000万円貯めてる人の朝習慣」も6つあった!

実はネットの記事は夜習慣でしたが、実はサンキュ2020年5月号には朝習慣も紹介されているのです。

そして、朝習慣と夜習慣をセットで行うことがポイントだと紹介されています。

1000万円貯めている人の朝習慣も以下の6つが紹介されています。

1.家族の予定を確認する
2.そんなに早起きしない
3.朝は掃除する
4.出かける前に天気予報をチェックする
5.外出時は水筒を持つ
6.約3割が朝はコーヒー党

どこからツッコミを入れればよいのか分かりませんが、あえて6のコーヒーにしましょう。

「約3割が朝はコーヒー党」ってどういうことですか?

約3割で「1000万円貯めた人みんながやっている」ように記事にしてしまうのはいかがなものかと思いました。

「目覚めて最初に飲む飲み物は?」という貯金と全く関係なさそうな調査結果がありました。

27.5% コーヒー・カフェオレ
17.0% 水
17.0% 白湯
10.0% 紅茶
28.5% その他

この調査結果です。

しかも、数字を見る限り、人数が少なさそう。

この調査の対象人数を調べてみると、わずか40人であることが判明。

ということは、朝コーヒー・カフェオレを飲んでいる人はたったの11人と分かりました。

つまり今回の記事は、たった40人の調査結果から多数派の行動をピックアップしたにすぎないことが推測されます。

となると、ここに書かれていたことが1000万円の貯金に直結するかと言われれば、疑問を抱かざるを得ません。

主婦は食いつくだろうが本当にこれでいいのか?

今回の『サンキュ!』の記事は、2020年5月号の特集「無理せず1000万円貯めてる人の朝・昼・晩」から引用されています。

おそらく過去にもこの手の貯金記事は掲載されてきたはずです。

主婦にとってはお金の話は絶対に気になるはずで、誌面ではこの号のトップとして20ページ以上を割いて特集されています。

記事の内容はというと、すでにアッパーマス層に到達した人にとっては何の参考にもなりません。

また、主婦向けの記事ということで、多少の"ゆるさ"が必要なのかもしれません。

主婦にガチガチの支出削減を推奨するような記事は、厳しすぎて実行できない、もしくは参考にならないのでしょう。

結局最終的に行動するのは読者であって、読者の中にちゃんとやる人がいて、本当に1000万円貯まれば「記事が参考になりました」というプラスの評価を得られる仕組みなわけです。

もちろんすべての記事が参考にならないわけではありません。

「欲しいものを『NEEDS』と『WANTS』で分ける」

「持ち物の量を減らす」

高額の貯金をする上で正しいことも書かれています。

情報を上手く収集していかないと"フェイク"に捕まるのが現代社会です。

特にネットの記事は副業ライターが蔓延しており、記事の信ぴょう性が疑わしいものも多いです。

記事の作り手が一体どのような人なのかをチェックし、騙されないよう気をつけてください。

記事を書いている私自身も改めて気をつけなければなりません。

まとめ

以上『『サンキュ!』の貯金記事は独身のおっさんには参考にならない件』でした。

いかがでしたか?

ネット上には玉石混交、さまざまな記事が転がっています。

すべての記事が正しいとは限りませんから、十分気をつけて読むようにすべきです。

少なくとも1000万円貯めている人達が夜共通してやっていることは、疑わしいと言わざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク