コロナによる月収微減で破綻寸前に、50代夫婦が陥ったローン返済地獄

コロナによる月収微減で破綻寸前に、50代夫婦が陥ったローン返済地獄

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

コロナによる月収微減で破綻寸前に、50代夫婦が陥ったローン返済地獄

何やら複数のローンを使って家計が破綻寸前のようです。

先日、手土産を持って妻とともに家計相談に来られた会社員のFさん(54歳)も、複数のローンを利用し、かつ日々のちょっとした支出がかさんだ結果、最終的に家計運営が困難となってしまった方のお一人です。

ちょっとした支出も気になるところです。

一体何が起きたのでしょうか?

複数のローンで家計が火の車に!

まず、こちらの世帯収入は意外と低くありませんでした。

Fさん自身の収入は月により変動はありますが、平均すると手取りで約38万円と少なくはなく、妻(51歳)もパートで月に7万円ほどの収入があります。合計で月に45万円ほどの収入があるFさん夫婦ですが、貯金はほぼありません。

手取りで45万円なら、額面で年収700万円レベルと思いきや、文章を読み進めていくとボーナスをもらっていることも判明しました。

よって、額面の年収なら1000万円オーバーの可能性もあるような高収入世帯です。

それなのに貯金はほぼないとのこと。

また、新型コロナウイルスの影響を受けたようです。

毎月なんとか暮らすことができていたというFさん夫婦ですが、今回の新型コロナウイルス騒動に伴い、残業がなくなるなどの影響を受けて、収入が4万円ほど減ってしまいました。

こんなに密は避けろと言われていた時期に、本当にFPのところへ手土産を持って相談に行ったのか?という疑問が生じますが、その疑問0は置いておきましょう。

収入が4万円減ったところで、そこまで大打撃となるほどの収入ではないでしょう。

何が家計を破綻寸前に追い込む原因だったのでしょうか?

話にならないレベルの家計管理

そもそも、夫婦揃って家計のやりくり・貯金が苦手だったようです。

ご夫婦はもともと、お金のやりくりや「貯める」ということが苦手だったそうです。3人の子どもが生まれてからも収入の中で暮らすことができればよいと考え、貯金は二の次でした。加えて、夫婦2人とも「余分な出費」を作りがちでした。もともと営業マンだったFさんは、客先を訪問するときには必ずと言っていいほど手土産を準備するそうです。そうした習慣は営業の仕事を離れた今も続いています。妻は妻で、仕事に行っている間に子どもがおなかをすかせてはかわいそうと、インスタント食品やお菓子をごっそり買いだめしておくことが習慣になっていました。

「収入の中で暮らすことができればよい」と考えるのは構わないですが、年金暮らしになったときはどうするつもりだったのでしょうか?

そこそこの高収入ですから、年金もそれなりの額はもらえるのでしょうが、現役時代よりは明らかに減収となります。

おそらく老後のことなど考えてもいなかったのでしょう。

それにしても夫婦そろって浪費癖とは、私の感覚とは大きくずれるため、「なんだかな~」と思ってしまいます。

教育・住宅・マイカーのローン三重苦

そして、ここからが本題のローン地獄です。

こういった支出が積み重なったこともあり、Fさん夫婦は子どもたちのための教育費を十分に貯めることができませんでした。子どもたちが大学に進学する際に不足した教育費は、教育ローンで支払ったといいます。子どもに返済負担をさせるのはかわいそうと考え、奨学金の利用はしていません。

やがて上の子ども2人が独立すると、教育ローンの返済負担が大きくなりました。毎月約6万円です。加えて、住宅ローンの返済も14万円ほどあります。さらに、月に2万8000円ほどの返済額でマイカーローンを組んで自動車を購入。これらローンの返済で、1カ月に23万円ほどが消えます。

教育ローンが毎月6万円、住宅ローンが毎月14万円、マイカーローンが毎月2万8000円、合計22万8000円という手取りの半分がローンの返済で消えるという恐ろしい家計です。

住宅ローン単体でも14万円は高いのに、教育ローンとマイカーローンまであるという。

おそらく高収入であることをいいことに、深く考えていなかったのでしょう。

しかも、ローン以外の支出もおかしなことになっていました。

肝心のそのほかの支出はというと、夫の顧客訪問時の手土産代などの交際費が約3万円、独立した子どもへ差し入れする食材代を含めた食費が約10万円、さらにここ1年は3番目の子どもへの仕送り10万円がかかっていました。こんな状態なので、生活費が不足します。給料日前に利用するクレジットカードや、支払いきれない金額を補填するためのキャッシングなどへの支払い額が月12万円ほどになっていたといいます。結果的に、家計では毎月15万円近い赤字を出していたのです。

子どもへの支出が異常です。

独立した子どもに10万円も差し入れしますか?

そして、このご時世に仕送りが10万円。

そして、ついにはキャッシングに手を出し、支払いが月12万円に。

結局毎月15万円の赤字というとんでもない家計になっていました。

今回はローンの話のはずだったのですが、もはやローン云々という話ではありません。

奥さんのコロナの影響による収入減もまったく関係ありません。

何も考えずにお金を使いまくったがゆえに辿り着いた赤字家計です。

とりあえず「もう少し深く考えてお金を使いましょう」という一言だけで、こちらのご夫婦はバッサリ切り捨てたいと思います。

高額ローンは今後の重しになりかねない

それにしても、住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、さらにはキャッシングという恐ろしい家計を目にしました。

やはりローンは怖いです。

もちろん、現実的に返済可能な範囲でローンを組むなら、まだマシなのでしょう。

ただ、住宅ローンで現実的に返済可能と言いながら、今のご時世では先も読みづらく、何を持って「現実的に返済可能」かと言われると回答が難しいのも事実です。

可能であれば、50歳に到達する前に完済できるようにしたいところです。

すでに40代になるとリストラ対象になる時代ですから、あまり長期のローンを組んでしまうと、返済が難しくなるかもしれません。

社会保険の負担もますます増加することが予想されますから、厳しめに見積もっておくと最悪の事態は回避できるのではないでしょうか。

まとめ

以上『コロナによる月収微減で破綻寸前に、50代夫婦が陥ったローン返済地獄』でした。

いかがでしたか?

久しぶりに恐ろしい家計を見ました。

これを反面強にして、絶対に赤字家計には陥らないよう注意してください。

スポンサーリンク