労働と投資の両輪でFIREを目指す!米国株を味方につける投資戦略とは?

労働と投資の両輪でFIREを目指す!米国株を味方につける投資戦略とは?

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

FIREを目指す人や資産を増やしたい人向けに、投資戦略を記事をご紹介します。

アメリカの圧倒的成長率の高さに賭ける

まず、投資を始める際に悩みどころとして「何に投資をするか?」という点が誰しもが思うところだと思います。

私自身も当初は日本株に投資していました。

最近は投資しやすくなったこともあり米国株への投資がブームと言えるほど盛り上がってきています。

私も現在は米国株中心の投資になっています。

米国株中心の投資にした理由は「アメリカの成長が続くと考えたから」です。

今回の記事の筆者は配当くんという方らしいのですが、私と同様の考えを持っておりました。

米国株をメインにした理由は、日本や他の国と比べて圧倒的に成長率が高いからです。資本主義が徹底されていて、生産性が高いところも魅力です。起業をサポートする環境が整っていて、GAFAやテスラのような新しい企業が次々と生まれるので、世界中からお金と人材が集まってきます。また、株主還元が厚く、ガバナンスに対するチェック機能がうまく働いているところも魅力ですね。歴史的に見ても自分の資産の預け先として米国株が最適だと考えています。

将来的な成長性でいうと中国とかインドに可能性があるのかもしれませんが、アメリカの投資環境の優れている点は見逃せません。

きちんと株主に還元しようと考えているあたり、アメリカに一日の長があると見ています。

長期のインデックス投資を重視するスタイル

次に投資のスタイルですが、やはり短期ではなく長期投資でした。

ちなみに長期投資を重視する理由としては次のように語っています。

投資に関する情報収集の時間よりも、家族との時間を優先したいので、買い持ち戦略です。基本的に買ったらずっと持っておいて売りません。そういうスタイルが気持ちのうえで楽だということもあります。

家族との時間を優先したいとのこと。

投資が好きな人であれば、情報収集そのものを楽しめるのだと思いますが、多くの人はそこまでにはたどり着けないのではないでしょうか。

であれば、買ったらほったらかしのスタイルのほうが圧倒的にラクだと思います。

購入している株式やETFについても具体的に言及しています。

最近は米国株を中心に投資をしていて、高配当株とETF、インデックス投資で運用しています。それが6割。その他に暗号資産(仮想通貨)を勉強していて、資産の2割を振り分けています。現金は寝かせておくだけでなく、日本株の株主優待銘柄をクロス取引に活用し、比較的低リスクに優待だけをいただいています。

米国株について具体的に説明すると、ETFは全米株式インデックスとバンガード高配当株式、個別株はコカ・コーラやエクソンモービル、P&G、ジョンソン・エンド・ジョンソンです。生活必需品を扱う企業が多いですね。暗号資産はビットコインとイーサリアムがメインで、その他にもいくつか持っているような状態です。

メインは米国株で、一部は暗号資産へ投資。

米国株はETFのほかに高配当株として有名な企業の名前が並んでいます。

高配当株投資ですと日本でも有名な企業が多いので、投資もしやすいのでしょう。

労働と投資の両輪でコツコツと積み上げていく

そもそも「なぜ投資を始めたのか?」が気になります。

私はシンプルに「お金を増やしてラクしたい」という不純な動機(笑)からでしたが、この記事の筆者は次のように語っています。

お金持ちの人たちがどうやって資産を増やしているのかを研究し始めました。そして、株式投資など、労働以外にもお金を増やす方法があることを知りました。とことん調べてシミュレーションをしてみた結果、投資はやってみる価値があると判断しました。複利で雪だるま式に増えていく可能性が高いので、労働と投資の両輪を回していくことが確実だと思い、実践していくことにしました。

お金持ちは投資をしているということに気づき、トライしてみる価値があると判断。

そして働きながら投資を実践していったそうです。

しかし当初は短期トレードで失敗したようです。

投資を始めたころ、短期トレードで痛い目に遭いました。ちょっと儲けてやろうという気持ちで試してみましたが、自分には向いてなかったですね。

ただ、経験することは必要です。暗号資産への投資にもここ2年ほど取り組んでいますが、知識が浅い状態で失敗しながら覚えていくことはあります。損をすることは短期的には失敗ですが、原因を分析し、実践を繰り返す。そしてまた工夫する。その繰り返しで自分のスタイルを作っていきました。負けない、できればちょっと勝っていく状態にしていくことが大事だと思います。

投資開始当初は短期トレードで失敗する。

私も経験したことであり、もはや「あるある」と言っても過言ではありません。

あとはそこから何を学び、どう活かすかです。

私も結果としてインデックスファンドの長期・分散・積立投資をおこなう人になりました。

労働収入を投資に回す。

昇給したら投資に回す金額を増やす。

FIREを目指す人なら当然とも動きを言えるでしょう。

資産形成や株式投資に興味を持った人へ

最後に投資に興味を持った人に対するアドバイスも乗っていたので紹介しておきます。

国も推奨しているiDeCoやつみたてNISAは運用益が非課税なので、そちらを全米株式やS&Pのようなインデックスで満額にすることをおすすめしています。大切なのは自動化させて、続けることです。積み立てていくことを習慣にすることですね。

良い習慣を身につけることが何よりも大切です。投資を毎月することが普通で、それに何の疑問も抱かない。習慣にしてしまう状況まで持っていくことが大事です。もし投資の資金がなければ、まずは支出を見直す習慣を身につけるといいですね。

非課税制度を利用する。

良い習慣を身に付ける。

支出を見直す。

資産形成においては基本中の基本ですね。

そして、こういう記事を読んで失敗事例を学び、同じ轍を踏まないようにすることです。

似たような失敗が多いですから、いろいろな記事を読むと共通点に気づくはずです。

まとめ

以上『労働と投資の両輪でFIREを目指す!米国株を味方につける投資戦略とは?』でした。

いかがでしたか?

私も米国株メインで投資をしており、共通点が多くありました。

FIREを目指す人や目指してはいないが資産を増やしたい人は参考になるかと思います。

以下関連記事です。

お金があっても絶対に投資したくない人への提言をタイプ別にまとめました。

すでに老後を間近に控え、生活費を10万円程度に抑えられる人なら無理に投資はしなくても大丈夫です。

インデックス投資でも億り人に到達できるチャンスがあります。

スポンサーリンク