老後に備えるにはサラリーマン+副業+投資(資産運用)が最強

老後に備えるにはサラリーマン+副業+投資(資産運用)が最強

老後に備えるには「サラリーマン+副業」が最強!? 独立して実感したリスクとは』という記事を読みました。

実は、僕はわずかな間、サラリーマンを辞め、個人事業主として活動していた期間があります。

副業を本業にしようと思い、会社を辞めたのです。

利益は出ていたものの他のことをやりたくなり、再び会社に就職することになるのですが、その期間は自分にとって貴重な経験を積む機会となりました。

会社員としての生活の中でいまだに活きています。

さて、今回の記事では、老後に備えるにはサラリーマン+副業が最強かと問いかけているのですが、最強だとは思わないのであえて記事を書くことにしました。

最強の手法は、さらに投資をプラスした方法です。
 

副業のきっかけは単にお金が欲しかったから

僕が副業を始めたきっかけは、単にお金が欲しかったからです。

「社会のため」とか「自分の成長のため」とか高尚な理由などありません。

ちょうどインターネットが登場してきて、「これでお金儲けができたらいいな」くらいの軽い気持ちからスタートしています。

当時はインターネット黎明期。

自分でホームページを持つことが珍しい時代。

ホームページビルダーを買ってきて、仕事から帰ってきたらホームページを作成し、更新するという日々を送っていました。

その頃、A8.netのようなアフィリエイトサービスが登場したと記憶しています。

これがまったくうまく行かず、結局そのときは収益化をあきらめ、ホームページの運営からも手を引きました。
 

アフィリエイトで月100万円を達成

数年の時を経て、ふとある想いが湧いてきました。

「インターネットの世界で勝負したい」

そこで、アフィリエイトの広告自体がコンテンツになるようなサイトの作りを考え、ホームページを作ってみたところ、収入が上がり始めました。

会社の人間関係も嫌になっていたので、思い切って会社を辞め、アフィリエイトに専念してみました。

すると、あれよあれよという間にアフィリエイトの収入が順調に増加。

紆余曲折はありましたが、月100万円を超えるところまでたどり着きました。

ただ、アフィリエイトの収入は不安定で、100万円を超えたり超えなかったり。

他のこともやりたくなっていたこともあり、再就職することにしました。
 

サラリーマン収入と合わせ年収1000万円超え

再就職後は、会社にはこっそりとアフィリエイトは続けていました。

そのため、会社から受け取るサラリーマンとしての収入とアフィリエイターとしての収入のダブルインカム状態になりました。

その結果、33歳で年収1000万円超えを達成。

33歳時の年収は1100万円までいきました。

ただ、年収1100万円稼いでも、特段普通のサラリーマンとさほど大差ないことに気づくことにもなりました。

年収1000万円を目指している人や結婚相手に年収1000万円を求めている人がいますが、さほど贅沢ができるわけではないことを理解しておいてください。

で、その後はアフィリエイトが今までのように更新できなくなったことなどもあり、徐々に収入は低下。

結局サラリーマン収入の一本となるのでした。

あれから10年以上たちましたが、33歳の頃の年収を超えることがありません。

しかし、贅沢をしない生活をしていますから、さほど困ることもないのが実情です。

ゆえに貯金がどんどん貯まっていき、もうすぐ4000万円に到達しようとしています。
 

トリプルインカムを目指せ

サラリーマン収入プラス副業収入で年収1000万円を達成することはできましたが、実は僕の野望はこれにとどまりませんでした。

本当の狙いは、プラス投資(資産運用)の収入を得ることでした。

サラリーマンとして自分の体を動かして収入を得る。

アフィリエイトサイトを作って収益化できれば、多少のサイトメンテナンスだけで収入を得られる。

そして、稼いだお金を元手に投資でさらに増やすというトリプルインカムが僕の本当の狙いでした。

ところが、僕に投資のセンスがなく、値動きに精神的に耐えられず、投資はうまくいきませんでした。

ライブドアショックに巻き込まれ、リーマンショックも起こり、投資に対して疑心暗鬼になっていきました。

その後は投資からはずっと距離を置いています。

またアフィリエイトも失速したため、結局現状は平均より年収の高いサラリーマンに成り下がっています。
 

支出が少ないから収入が減ってもお金が貯まる

収入は減りましたが、それでもお金が貯まり続けています。

その最大の理由は、圧倒的に支出が少ないことです。

結局のところ、収入が少なくても支出が少なければ貯金できます。

逆に収入が多くても支出も多ければ貯金できません。

収入はできるだけ多く、支出はできるだけ少なくする。

これで貯金は増えていきますし、老後資金の心配も徐々に薄れていくことでしょう。

まとめ

以上『老後に備えるにはサラリーマン+副業+投資(資産運用)が最強』でした。

収入が複数あれば、間違いなく資産形成の上では有利となります。

ただ、多くの人はうらましがるだけで、実際の行動に移しません。

行動した人のみに結果はついてきます。

リターンを得るにはリスクを負わなければいけないのが世の常です。

スポンサーリンク