新型コロナウイルス感染拡大でセミリタイアは棚上げか

新型コロナウイルス感染拡大でセミリタイアは棚上げか

どうも。『毎日が祝日』いわいです。

新型コロナウイルスの感染拡大は、いよいよ緊急事態宣言が発令されるまでに至りました。

正直なところ時すでに遅し、といった印象です。

なぜこれほど対応が遅くなったのでしょうか?

2月の時点で手は打てなかったのか?

ターニングポイントは2月下旬の学校休校の発表だったと思っています。

個人的には学校休校は英断だったとは思いますが、一方でなぜ学校だけだったのかという点には疑問が残ります。

いっそあの時、2週間すべての経済活動を停止させるくらいの思い切った決断ができれば現在のような事態にはなっていなかったはず。

一方で、今のようになったからこそ一般市民もようやく危機意識を持ち始めたのでしょう。

2月時点で外出自粛を要請しても、「別に問題はないだろう」との意識から、自粛要請には大した効果が無かったかもしれません。

また急に外出自粛要請が出た場合、それこそパニックに陥ったかもしれません。

もう一つターニングポイントになったのは、外国からの訪日・帰国者に対する対策が遅れたことではないでしょうか。

早急に2週間の隔離などを開始していれば、ここまで大きな問題にならなかったかもしれません。

政府も状況が悪くなってから次の対策を、といった感じで後出しじゃんけん的に、しかも小出しにしているから大した効果も出ていない印象を受けます。

経済に対する影響を最小限度に抑えたいという政府の思惑が見え隠れしているように思えます。

会社の売上が明らかに減少し始めた

政府の対策が後手後手に回った結果、経済にも大きな影響が出ています。

緊急事態宣言を出すことになり、多くの業種で営業を停止し始めました。

結果として、私の会社の売上にも影響を与え始めました。

私はBtoBの会社に勤務しておりますが、取引額の減額ないし停止となった取引先が目に見えて増えてきています。

この状況が長期化すると、私が勤務しているような中小企業にとっては大きなダメージとなります。

決して良い状況とは言えません。

セミリタイアどころか自分の雇用も危うい

となると、私の今後のプランにも大きな影響を与えかねません。

当初の予定では、2022年1月に資産が5000万円に到達し、いよいよセミリタイアを本格的に検討するステージに入ることになっていました。

ところが、緊急事態宣言により会社の売上が激減となれば、私の雇用も危うくなってきます。

私の場合、そこそこ高給をもらっているわけですが、正直なところリストラが必要になった場合、真っ先に対象となる可能性が高いです。

リストラとなれば、減給を受け入れて他の会社へ移ることになるでしょう。

減給となれば、2022年1月に5000万円という目標達成は遠のきます。

残念ながらセミリタイアは一歩どころか、かなりの歩数で遅れることになるでしょう。

まずは感染拡大を食い止めることが最優先

ただ、自分のことばかり考えても仕方ありません。

むしろ、まずは感染拡大を食い止めることを考えるのが最優先です。

新型コロナウイルス騒動が収束するまで生き延びれば、その後から何とでもなります。

引き続き外出は極力控え、家にいることにします。

私もテレワークが始まって以来、電車に乗ることもなく、行った場所は食品を買うために、スーパーとコンビニに行ったのみ。

コンビニのほうが近いため、平日はコンビニで済ませています。

ここまでコンビニに行く回数が増えたのは初めてです。

食費が増加しているかもしれませんが、命を守ることが最優先です。

それなのに、来週はクライアントへ訪問しなければいけません。

少し怖さがあり、本当は行きたくありませんが、仕方ありません。

私たち一人一人が不要不急の外出を控えることが感染拡大の防止策です。

私は感染拡大を止めることに最大限協力します。

まとめ

以上『新型コロナウイルス感染拡大でセミリタイアは棚上げか』でした。

いかがでしたか?

セミリタイアが遠のく可能性はありますが、生きることのほうが最優先です。

自分や家族、そして日本を守るためにも、人との接触を避けるよう心がけましょう。

スポンサーリンク