会社に縛られないだけのお金を手に入れるための3つの大原則

会社に縛られないだけのお金を手に入れるための3つの大原則

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

「一生、お金に困らない」ために必要な“3原則”とは?投資家の父が10代の娘に伝えた「お金でモノを買うだけでなく、お金に働いてもらう」ことの重要性を解説

今日はこちらの本の元にした記事となります。

「一生、お金に困らない」ために必要な“3原則”とは?

記事中に書かれている「一生お金に困らない」ための3原則とは、以下の3つです。

「一生、お金に困らない」ために必要な“3原則”

(1)支出は稼ぎより少なく
(2)余ったお金は投資する
(3)借金をしない

極めてシンプルです。

3原則については以下のように解説されています。

入ったお金と同じかそれ以上の出費をすれば、蓄えをつくることはできません。借金をすると、利息の支払いで借りた以上のお金が消えていきます。収入から可能な限りたくさんのお金を蓄えに回しましょう。そのお金の一部が、あなたのために働いてくれるお金に変身します。

まずは支出を抑えることから始まります。

どんなにがんばって多くのお金を稼いでも、稼いだ分すべて使ってしまっては何の意味もありません。

多くの人はたくさん稼げばお金持ちになれると思っているようですが、たくさん稼いでかつお金を使わない人がお金持ちになれることを理解すべきです。

そして、余ったお金を投資すること。

「余ったお金」という表現が誤解を招きそうです。

貯金できる人は、あらかじめ最低限貯金する金額は残すよう生活します。

そして余ったお金も貯金します。

とにかく貯金して、そして投資に回します。

最後に「借金をしない」というのが挙がっています。

日本人にとって一番なじみ深い借金は、住宅ローンになるでしょう。

家を買う際に多額が必要となりますが、その際にはできるだけ少額のローンになるよう蓄財しておき、現実的に返済可能にすべきでしょう。

以上が一生お金に困らない3原則でした。

「お金が働いてくれる」とは?

ちなみに、お金はモノを買えますが、買えるものの中で最も価値のあるモノは「自由」であると語っています。

お金で買えるものはたくさんありますが、最も価値があるのは「自由」です。しばらくでも仕事から遠ざかれるだけの蓄え、会社に縛られないお金があれば、将来について選択する自由が手に入ります。

これは私も激しく同意します。

お金の価値は、金額なりの自由を手に入れられることだと考えています。

お金は「モノを買う道具」なだけではありません。

お金自身が働いて、さらにお金を増やしてくれます。

たとえば、株式市場に投資したとします。市場の過去の利回りは、平均して8~12%でした。これは、100ドルを投資したら、1年で8~12ドルのお金が生み出せたということです。それなら、増えた8ドルだけ使い、もとの100ドルを残しておくこともできますね。

「利回り」と「複利」の力でお金はどんどん増えていきます。

この状態のことを「お金が働いてくれる」と表現しています。

お金が単なる「モノを買う道具」ではないことが理解できたのではないでしょうか。

市場は暴落を乗り越える

ただ、「投資は怖い」と考える人も一定数います。

実際、新型コロナウイルスの感染拡大により株価は大暴落しました。

しかし、下のグラフを見れば分かるとおり、歴史は常に上昇を続けています。

市場は長期的には上昇を続けている。
(引用元:ダイヤモンドザイ2020年6月号P32)

暴落時に株を保有し続けることは、精神的に容易なことではありません。

しかし、暴落時にパニック売りしてしまっては、その後の成長に乗ることができず、資産を増やすことができません。

特につみたてNISAなどの長期投資は、市場の成長を信じ、どんなことがあっても保有し続けなければいけません。

投資額の4%で暮らせば経済的自立

支出を抑えて種銭をつくり、投資に回して資産を増やす。

その結果、どれだけの資産をつくればよいのか?

よく言われることとして、投資額の4%を目安に生活できれば「経済的に自立している」と考えられています。

年間200万円で生活できるなら、投資額は5000万円となります。

5000万円といえば、アッパーマス層を上回る準富裕層と呼ばれる資産の持ち主です。

しかも、5000万円の資産を全力で投資に回すこともリスクが大きいですから、現金なども保有しておいたほうがよいことを考えると、5000万円よりはるかに多い金融資産の持ち主です。

そう考えると経済的自立はハードルが高いです。

やはり完全リタイアよりはセミリタイアが現実的な目標となりそうです。

ただで食べられるランチはない

資産が増えても、資産を守らなければいけません。

そこで詐欺師に騙されないように以下の5つのアドバイスが紹介されています。

①賢くても騙される可能性はあります。
②自分が詳しいと思う分野でこそ、人はよく騙されます。
③優れた詐欺師は、正直で信頼でき、落ち着いていて、一緒にいると気分が安らぐ人です。
④詐欺師の言うことは99%が真実です。ウソが真実に覆われ、上手に隠されています。
⑤良すぎて本当と思えない話は、本当ではありません。

(引用元:ダイヤモンドザイ2020年6月号P33)

「自分は騙されない」と思っている人が騙されているので、常にニュースになっているわけです。

常に警戒心を持ち続けなければ、次の被害者はあなたかもしれません。

まとめ

以上『』でした。

いかがでしたか?

最後にまとめです。

経済的自立への道のり

・「一生お金に困らない3原則」を実践する
・お金が働いてお金を増やしてくれる
・市場は暴落を乗り越える
・投資額の4%で暮らせば経済的自立
・ただで食べられるランチはない

これだけでも十分参考になりますが、実際の本にはさらに多くの情報が掲載されています。

興味のある方は下のリンクから購入してみてください。

スポンサーリンク