【小金持ちの検証】お金持ちはATMを月に何回使う?

【小金持ちの検証】お金持ちはATMを月に何回使う?

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

個人的には「今時ATMの話?」という疑問アリです。

お金持ちの人の行動原理は「シンプル」

結局、お金持ちの人の行動原理はシンプルである、ということに尽きると思います。

極力無駄を省き、浪費を避け、支出を絞るとともに、資産運用にしても仕事にしても、目標を立ててそれに向かってブレずに進むことができる。考え方も行動も、非常に明快でシンプルなのです

長財布でカードをデトックスしてスッキリと使うのも、生活や行動をシンプルにしたという結果だということもできます。ポイントカードをできるだけまとめる、クレジットカードを使わない。キャッシュカードを1枚にするのも、その表れです。

記事を読んで気づいたのは、また長財布の話が出てきたこと。

この記事のベースとなるのは亀田潤一郎という税理士です。

ピンと来る人がいるかもしれませんが、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』の著者である税理士です。

ちょっと読む気が失せますが、あえて読み進めます。

それでも「お金持ちの行動原理はシンプル」という点は同意します。

多分お金の貯まらない人は、自分でも説明不可能・理解不能な支出がお金の貯まる人と比較して多いのではないでしょうか。

とにかくブレてしまうのです。

衝動買いや周囲に流されたり、欲に負けてしまう支出が多いように思います。

お金持ちがATMでお金を引き出すのは月1、2回?

そういう人は、自分の生活や行動に一定のルールをしっかりと決めています。たとえば、あなたは毎月何回、銀行のATMからお金を引き出すか決めていますか?

お金持ちの人は、月に1回とか2回としっかり決めています。しかも下ろす金額も決めている人がほとんどです。

お金の貯まらない人ほど、無計画に使うだけ使って、その都度コンビニのATMからちょこちょことお金を引き出します。手数料もかかるし、何より自分がどれだけ使っているか、見えにくい。結果、無駄なお金がたくさん出ていくことになります。

ここから本題のATMについてです。

今回の記事では「お金持ちは月に1回とか2回引き出す」そうです。

確かに私も以前はそうでした。

月に1回〇万円と決めて、その範囲内で生活をしていました。

一方お金の貯まらない人の中にはお金が必要になるたびにATMからお金を引き出す人がいます。

しかも夜間やコンビニなど手数料がかかってしまうシチュエーションでも平気で引き出します。

私の会社にいた常に「お金がない」と口走っていた後輩もそうでした。

一緒に飲みに行くタイミングでコンビニへ走りお金を引き出すことがしばしばありました。

今や月のATM利用回数0回の時代

しかし、ATMでお金を引き出す話は時代遅れになりつつあります。

理由はキャッシュレス決済の普及です。

私の場合、買い物はほぼクレジットカードです。

よって現金が不要なため、もはや毎月お金を引き出すなど過去の話となっています。

直近でATMからお金を引き出したのは今月です。

ついに手持ちの現金が底をつき、4万円引き出しました。

その前にお金を引き出したのは3月までさかのぼります。

今のペースで考えると年内に現金を使い切ることはありませんので、2021年のATM利用回数は2回となります。

繰り返しますが、たったの年2回です。

記事のタイトルは「お金持ちはATMを月に何回使う?」でしたが、小金持ちのATMを使う回数はもはや月何回という次元にはありません。

つまりお金を貯められる人のATM利用回数は参考にしづらくなりつつあるのです。

参考になるのは現金派の人だけです。

現金派であることがお金の貯まらない理由になりつつあるのかもしれません。

大事なことは「計画どおりにお金を使っているか」

そもそもお金を貯められるかどうか考えるとき、ATMの利用回数はすべてではありません。

例えば、お金を貯められる人の中には4回・5回と引き出す人もいるでしょう。

よってお金を貯められるかどうかはATMの利用回数ではありません。

大事なことはATMの利用回数ではなく「計画どおりにお金を使っているかどうか」です。

ATMからお金を引き出す回数は月1回と決めたら、月1回引き出したお金の中でやりくりする。

週1回で月4~5回なら、1週間を引き出したお金の中でやりくりする。

お金が貯まるかどうかは、自分で決めたルールを徹底して順守できるかどうかだけの話なのです。

お金を貯められない人は「計画的にお金を使っていない」か「計画自体が存在しない」かのどちらかではないでしょうか。

ATMからお金を引き出す回数が問題ではなく、事前に計画を立て、計画通りに実行しているかが本当の問題です。

お金の計画について理解していなければ、お金の貯まらない人のままであることを理解すべきです。

そして貯金の習慣が身に付き、支出を常に抑えられるようになると、計画が無くても貯金できるようになっていくのです。

まとめ

以上『【小金持ちの検証】お金持ちはATMを月に何回使う?』でした。

いかがでしたか?

いろいろな貯金術や習慣がネットで紹介されていますが、単に真似したところでは効果の出ないことが多いと思います。

「なぜそこに至ったのか?」という理由がありますから、本質を見抜くようにしましょう。

やはり普段から自分で考える習慣を身につけておくべきです。

以下関連記事です。

金運の話題もよくありますが、これも結局は日ごろの行い次第です。

同じような話で、なぜお金の貯まる人はやらないかを考える良い機会になるかもしれません。

私がいまだに総資産額が5000万円に到達しない理由もいろいろなお金の使い過ぎからでした。

スポンサーリンク