1000万円を確実に貯めるなら投資しないほうが良い4つの理由

1000万円を確実に貯めるなら投資しないほうが良い4つの理由

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

1000万円を確実になる早で貯める3ステップだそうです。

一体どのようなステップなのか早速見ていきましょう。

「1000万円を“確実”に“なる早”で貯める3ステップ」への疑問

今回の記事で紹介されている1000万円を“確実”に“なる早”で貯める3ステップは以下のとおりです。

STEP1:目標は大きくても、基本はやっぱりコツコツ積み立て
STEP2:貯蓄が200万~300万円になったら積立投資をスタート
STEP3:積立額を増やして貯まるスピードをアップさせる

結論は「積立投資」でした。

確かに貯金だけで資産を増やそうとするより投資も実践したほうが資産増加のスピードは早いとは思います。

しかし投資による資産増加は誰にでも推奨されるものではないと考えています。

また"確実に"1000万円貯めるなら投資など不要です。

ついでに言えば投資せずに5000万円貯めた私のような事例もあります。

1000万円を確実に貯めるなら投資しないほうが良い4つの理由

確実性で言えば1000万円くらいなら投資しなくても十分貯められます。

なぜ投資をしないほうがよいのでしょうか。

1000万円なら貯金のみで十分貯められる

まず1つめの理由は、1000万円なら貯金のみで十分貯められるからです。

1年間で100万円貯金できる人なら10年かかりますが1000万円貯まります。

1年間で50万円しか貯金できない人でも20年かかりますが1000万円貯まります。

もちろん早さを考慮すれば投資を加えた方が1000万円に到達する可能性は高まります。

しかし確実性だけで言うなら貯金のみで十分です。

それは2つめの理由につながります。

投資は資産が減る可能性があるから

2つめの理由は、投資は資産が減る可能性があるからです。

当たり前の話ですが、投資は確実に資産が増えると限りません。

時には減ることもあります。

2022年に入ってからは資産を減らしている人も少なからずいるはずです。

リーマンショック以降やアベノミクスのころであれば右肩上がりに資産は増えていたことでしょう。

しかし時期によってはそうとも言えません。

景気が悪くなれば、むしろ相場は右肩下がりになっていくこともあり得ます。

となれば毎年100万円投資したとしても100万円より減ることも十分考えられます。

よって「確実に」1000万円を貯めたいならば、投資をする場合には注意したほうがよいでしょう。

投資初心者はリスク許容度が分からないから

3つめの理由は、投資初心者はリスク許容度が分からないからです。

「リスク許容度」とは「元本がどれだけマイナスとなっても生活に影響がないか、精神的に耐えられるか」の度合いのことを指します。

最近はコロナショック以降に投資を開始した人にとってかなりつらい時期に差し掛かっているのではないでしょうか。

これまで右肩上がりで資産が増えてきたのに、ここ最近は完全に下落相場になっています。

相場が上がっているときは多くの人は何も感じないのですが、下がってくるとその人の本質が現れてきます。

相場が下がってくると資産が減ってきて、下手するとマイナスになります。

お金を投じても減っていくわけですから、当然精神的に良い状態ではなくなる人も出てきます。

不安を強く感じ始めているとしたら、それは投じているお金が自分のリスク許容度を超えていたことを意味します。

相場が上昇傾向にあったときには気づけなかった自分の本質にようやく気づくのです。

「貯金はフル投資」などと強気に言っていた人も実際に下落相場に直面して初めて気づけるのが本当の自分のリスク許容度です。

投資経験が浅ければリスク許容度に気づけませんから、どれくらい投資すれば精神的に落ち着いた状態を保ち続けられるかをきちんと把握できていないのです。

投資は1000万円貯めてからでも十分だから

そして4つめの理由は、投資は1000万円貯めてからでも十分だからです。

1000万円貯めて、1000万円は確実に貯金なり国債なりで元本保証でキープ。

そしてプラスアルファで投資を行う。

これなら総資産が1000万円を下回ることはありません。

特に投資初心者であれば先のリスク許容度も問題も多少は回避できるでしょう。

もちろんリスクを承知で早く1000万円を貯めたい人は投資も活用すべきです。

リスク許容度を早く把握するには早く投資を始めるに越したことはありません。

私の場合は5000万円の資産があるという安心感と少額しか投資しないことで精神的なバランスを保てています。

中長期で見れば投資をやっていて損はないと考えているので、初心者であれば少額からスタートしてみればよいのではないでしょうか。

まとめ

以上『1000万円を確実に貯めるなら投資しないほうが良い4つの理由』でした。

いかがでしたか?

最後にまとめです。

1000万円を確実に貯めるなら投資しないほうが良い4つの理由

1.1000万円なら貯金のみで十分貯められる

2.投資は資産が減る可能性があるから

3.投資初心者はリスク許容度が分からないから

4.投資は1000万円貯めてからでも十分だから

1000万円を確実に貯めるなら投資しなくても十分可能です。

長期的に見て、より大きな資産を形成していこうとなれば投資の力は借りたほうがよいでしょう。

私のように貯金だけだと5000万円にしかなりませんが、投資も使えば1億円も全然夢ではないと思います。

上手に投資と付き合っていくためには、精神的に負荷のかからない少額の積み立て投資からスタートしてみてはいかがでしょうか。

以下関連記事です。

投資の力を借りて上手く波に乗れれば1000万円どころか1億円貯められます。

投資を始めたいけど「損はしたくない」ならやってはいけないは把握しておくべきです。

テレビでも紹介された積み立て投資で絶対にやってはいけない2つのことがあります。

スポンサーリンク

投資お金,投資,貯金

Posted by いわい