月3万円25年間積立投資しても老後資金2000万円は貯まらない残念な理由

月3万円25年間積立投資しても老後資金2000万円は貯まらない残念な理由

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

老後資金として2000万円を貯めたいと考えている人は2019年以降増えたのではないでしょうか?

一方で実際にどうやって貯めようかと考え、つみたてNISAを始めた人がいるかもしれません。

今回の記事ではつみたてNISAを利用して2000万円を貯められるかどうかのシミュレーションをした結果をご紹介しています。

つみたてNISA非課税枠では十分な老後資産の構築は難しい

シミュレーションの前提条件は以下のとおりです。

積立期間:25年

積立時期:毎月前月末

積立対象:国内債券型、外国債券型、国内株式型、外国株式型、バランス型

なお積立期間については、1984年12月末から2009年12月末、1985年12月末から2010年12月末、1986年12月末から2011年12月末、というように1カ月ずつずらした25年間の積立期間で、最終的には1997年12月末から2022年7月末までの、全152ケースについて、2000万円の達成率を調べています。

そして記事内のシミュレーション結果を表にまとめてみました。

積立額国内債券型外国債券型国内株式型外国株式型バランス型
2万円0%0%0%17%0%
3万円0%11%0%78%0%
3.5万円0%48%13%93%0%
4万円0%100%30%93%0%
5万円61%100%60%100%100%

つみたてNISAは限度額40万円ですから月額3.3万円で20年間です。

表を見ると、3.5万円では外国株式で93%となっています。

米国株式が上昇したのが大きな原因だと思います。

要するに「つみたてNISAの枠では2000万円を達成する可能性は低い」というのが本記事の結論となっています。

2000万円達成に必要なこと

老後資金を作る目的でつみたてNISAを行うのだとすれば、ちょっと足りないことは分かりました。

では2000万円を貯めるにはどうすればよいのか?

選択肢は1つ。

それは「投資金額を増やすこと」です。

方法は2つ。

1つは月の投資額は買えないけれど投資期間を長くすること。

もう1つは月の投資額を増やすことです。

投資と言っても、積立投資では劇的な資産増は期待しづらく、地道な戦いになります。

よって投資額を増やしていくことで資産増を狙うことにならざるを得ません。

投資額を増やす方法の一つとして、非課税枠の利用という点で言えば、iDeCoの並行利用が挙げられます。

企業型確定拠出年金に加入していないサラリーマンであれば月額2.3万円まで投資できるので、つみたてNISAと合わせて5.6万円投資できます。

先の表は5万円までで2000万円の達成確率が最低60%ですから、5.6万円なら達成確率60%より高くなります。

あとは本当に積み立てを継続できるかどうか。

そして資金を捻出し続けられるかどうかです。

いかに投資の原資を捻出するか?

投資は本来余裕資金で行いたいものです。

投資は確実に儲かるものはではないからです。

時に資産を失うリスクもあります。

捻出した金額をすべて投資に回すことを私は推奨していません。

よって上記の例であれば少なくとも11.2万円は捻出して、その半分の5.6万円を投資に回すといった感じがよいのではないかと考えています。

しかし毎月11.2万円を安定して捻出できるかどうかという問題が生じます。

多くの人は貯金自体ができない中、投資にまで回す資金を安定的に捻出し続けられるかどうか。

非常に難しい問題にぶち当たることになります。

答えは簡単で「支出を減らす」だけです。

しかし、この簡単なことが実行できる人がどれだけいるか。

支出を減らせる人は貯金できているはずで、投資に頼らずとも2000万円くらい貯められます。

問題は貯金できない人が「投資すればお金が増えるらしい」と過度な期待を抱いて手を出すパターンです。

おそらく投資が長続きしないし、資金も捻出し続けられないでしょう。

さらに収入が増えづらい世の中になってきています。

だからこそ支出の見直しが求められます。

「お金持ちはケチ」なのは、無駄遣いをせず、貯金や投資に回し、資産形成しているためだと理解すべきです。

だとすれば、お金持ちと貧乏人の差が開くのは当たり前だと思いませんか?

その事実に気づいたら、今日からコンビニ通いをやめ、着ない服は買わず、欲しいと思ったものをすぐ衝動買いしてしまう自分の行動を見直してみるべきでしょう。

まとめ

以上『月3万円25年間積立投資しても老後資金2000万円は貯まらない残念な理由』でした。

いかがでしたか?

結局のところ、投資額は多い方が良いという身も蓋もないような結論になりました。

それが現実です。

積立投資は魔法のようにお金が増えていくのではなく、貯金だけの場合より少し早く資産を増やせる程度のものです。

過度な期待はせず、地道な積み重ねていくことのほうが目標達成には重要です。

以下関連記事です。

投資初心者には厚切りジェイソンの投資手法は大変参考になると思います。

積立投資より儲かりそうでも初心者にとってFXはいかがなものかと思います。

投資額を増やすには節約などによる支出の見直しが重要となります。

スポンサーリンク