老後資金のためにFXを始めようとする40代が答えた危なすぎる理由

老後資金のためにFXを始めようとする40代が答えた危なすぎる理由

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

タイトルに思わず目を疑いました。

老後資金のためにFX?

ちょっと理解に苦しむので、今回取り上げてみました。

FX取引金額が6月に最高を更新

まずは冒頭の一節から。

このところ、やや一服したとは言うものの年初から為替相場は円安に振れ、1年前から比べると20%以上下落しています。それにともなって、外国為替証拠金取引、いわゆるFXの取引額が上昇し、金融先物取引業協会の調査によると「2022年6月の店頭FXにおける取引金額は前月比25.9%増の1230兆円で、2008年11月に統計を取り始めて以来、最高を記録」しました。中にはこの流れの中でFXを始めた人もおり、書店でも投資のコーナーにはそれらの本がたくさん並んでいます。

なんとFXの取引金額が過去最高を更新したそうで。

急激な円安が影響したのでしょうか。

よく分かりませんが、「貯蓄から投資へ」の流れの中、FXにも注目は集まっているようです。

40代後半の人物がFXから始めようとした理由

そして今回の記事の中に出てくる問題の人物の件がこちら。

以前、ある会合で初めて会った40代後半と思しき方と話をしていたら、その人は「老後のことをそろそろ考えないといけない年齢になってきたので、少しは投資の勉強をしようと思っているのです」と言うのです。私も「なるほど、それは大切なことですね」と答えました。ここまでは良かったのですが、次の言葉にはちょっと驚きました。「それでまずは手始めにFXからやってみようかと思うんですよね」。

「手始めにFX」から投資に足を踏み入れる人はどれくらいいるのでしょうか?

例えば私の場合は株をやってみて、しばらくしてから試しに少額でやってみた程度です。

そもそも私のような40代の場合、若い頃にはFXというものが認知されていませんでした。

だから同様のパターンでFXに手を出し始めた人が多いのではないかと思います。

若い人であれば、すでにFXが十分認知された状態にありますから、最初の投資として手を出す人も中にはいるでしょう。

ただ今回の登場人物はすでに40代後半。

株のことも知っているはずなのですが、FXから始めようと思った理由が結構な驚きでした。

「だって株ってよくわからないですよね。でもドルやユーロなら海外旅行に行く時にいつも使っているのでとてもなじみがあるから」というのが答えでした。私はこの話を聞いて、これは行動経済学で言うヒューリスティック、それも典型的な“利用可能性ヒューリスティック”ではないかと感じたのです。

ドルやユーロはなじみがある?

さっぱり意味が分からないです。

この方、投資のリスクを考えていないのでしょうか?

私なら投資を始めてやる人にFXは推奨しません。

投資初心者にFXを推奨しない理由

記事の筆者は経済コラムニストで当ブログでもたびたび登場する大江英樹氏です。

もちろん大江英樹氏もFXを推奨していません。

理由は以下の2つです。

1.誰かが儲かれば、その裏側では必ず誰かが損をする(ゼロサムゲーム)

2.為替レートを読むのは株価以上に難しい

この2つをまとめれば「投資初心者が勝つのは難しい」ということになるでしょうか。

もちろん一部の人は利益を得ていて、もしかしたら勝者の側に立てるかもしれません。

必死に勉強して、実戦で損失を出しながら経験を積み、そして勝ち組になる未来が待っている可能性はあります。

しかし投資は「勝つこと」以上に「負けないこと」「損失を小さく抑えること」のほうが重要な側面もあります。

よって、投資初心者がいきなりFXに手を出すのは推奨できません。

投資初心者には投資信託がベター

では投資の最初に何をすべきか?

最も推奨しやすいのは投資信託で長期・分散・積立投資をおこなうことです。

FXに比べればリスクははるかに小さいです。

さらに短期で大きく儲けたいという人には不向きです。

20年くらいのスパンで見れば負ける確率はグッと下がります。

分散投資の観点から言えば、例えば全世界株式を買えば分散投資が可能になります。

リターンは小さくなるかもしれませんが、無難な方法と言えるでしょう。

もちろん長期・分散・投資なら確実に儲かるわけではありません。

局面によってはマイナスになることもあるでしょう。

しかし商品選択を間違えなければ、そして辛抱強く継続できれば理論上負ける確率は下がっていきます。

また個別株とは異なり、銘柄研究を随時おこなっていく必要もありません。

設定だけおこなって、あとはほったらかしでも十分と言えます。

もちろん投資は自己責任ですから、自分が納得してFXが良いと判断したのであればFXでも良いと思います。

ただし「老後資金の準備」にFXが適しているかと言われれば、多くの人は推奨しないであろうことは認識しておくべきでしょう。

まとめ

以上『老後資金のためにFXを始めようとする40代が答えた危なすぎる理由』でした。

いかがでしたか?

投資する対象はさまざまで、何に投資するのもその人の自由です。

しかし初心者の人は対象を慎重に選ぶべきです。

後で後悔しないよう、仮に損失が出てもちゃんと納得できる投資を自己判断で行うようにしてください。

以下関連記事です。

私の株価が下がっても平然としていられる理由は投資初心者には参考になるかもしれません。

資産7億超の女性投資家も投資初心者には長期・分散・積立投資を推奨しています。

投資に失敗したくない投資初心者が残念ながら陥りがちな失敗を紹介しています。

スポンサーリンク

投資FX,お金,投資,老後

Posted by いわい