アパホテル社長の貯金は「50万~60万円」、一体何に使っているのか?

アパホテル社長の貯金は「50万~60万円」、一体何に使っているのか?

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

「マネーポストweb」に掲載された記事からです。

出ました、アパホテルの名物社長。

確かどこかで「貯金が50~60万円くらいしかない」というは聞いたことがあります。

「社長なのに」と思う人が多いかもしれません。

有名社長は一体何にお金を使っているのでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ←こちらのクリックをお願いします。

Youtubeチャンネルの最新動画を公開中です!
第10弾の動画は『アッパーマス層なんて大したことない!と言われてしまう5つの理由』です。資産形成で一段高いステージに上がったとしても、まだまだと思われてしまう理由をまとめてみました。
また、第9弾の動画『FIRE達成時の資産額はいくら?調査結果から分かった意外な金額』も公開してますので、併せてご覧ください。
おかげさまで、チャンネルのお気に入り登録者数がどんどん増えております。本当にありがとうございます。
まだの方は、よろしければお気に入り登録・高評価をよろしくお願いします。

「宵越しの金は持たない」

まずは冒頭の一節から改めて元谷社長のご紹介です。

開業39年で全国に700棟以上のホテルを経営する日本最大のホテルチェーン・アパホテル。その部屋数は11万室を超え、グループ年商1300億円超(建築・設計中、海外、FC、アパ直参画ホテルを含む)を誇る。社長の元谷芙美子さんは言うまでもなく、日本有数の資産家だ。だが「宵越しの金は持たない」とキッパリ。なんと貯金は「50万~60万円くらいしかないと思います」と話す。

有名な大社長ですね。

それにしても「宵越しの金は持たない」なんて言葉を久しぶりに聞きました。

昔の映画スター・俳優でしか聞いたことがありません(笑)。

どれだけ豪快なお金の使い方をしているのでしょうか。

そのきっかけは意外なところにありました。

「グループ代表でもある夫にあるとき“老後が心配だから、貯金したい”と話したら“バカ言うんじゃない、いまが老後や”と言われました。それで“よし、使い切らんといかん”と思い直して。

もともと社長は貯金したかったらしいです。

ところが代表の夫がそこに釘を刺したのが貯金しないきっかけとなったようです。

それにしても、そこまで一気にお金を使えるようになるのも驚きです。

元々お金を使う素質はあったのでしょう。

元谷社長のお金の使い道は「食事」

では社長は一体何にお金を使っているのでしょうか。

お金の使い方について興味深い一節がこちら。

「ユニクロが大好きで、時間がもったいないから行くたびに12枚まとめ買いします。急なパーティーにもお悔やみにもすぐに行けるよう、服はいつもモノトーン。時間はお金では買えない大切なものですから。

 宝石も洋服も昔はたくさん買ったけど、いまはそこまで欲しいとは思いません。でも、ずっと同じ服だとやっぱり気分が上がらなくて……似たようなのが何千着もあるのに欲しくなってしまうことはいまもあるの。いけませんね(笑い)」

誰もがユニクロ好きなのですね。

ユニクロのすごさを物語ってます。

そしてここからが本題。

社長のお金の使い道が語られます。

では元谷さんの“お金の使い道”とは。迷わずお金を出すのが「食事」。食べることそのものはもちろん「大勢で食卓を囲むこと」が大好きなのだという。

「予定が合えば、必ず社員や友人、お客さんを連れて10人くらいで外食します。同じ金額を出すなら、自分のために宝石を買うより、みんなでおいしいものを食べた方がずっと幸せでしょう?」

元谷社長のお金の使い道は「食事」でした。

この発言から、自分より周囲にお金を使うことを心掛けているように思われます。

簡単そうですがなかなか真似できることではありません。

さらに続く言葉はいろいろと考えさせられます。

「こんなに楽しい仕事で、毎日幸せ。楽しいから、お金を使ってストレスを発散する必要がないの。3000円でも5000円でも、お金にゆとりができたら、自分よりもみんなに、プレゼントを買ってあげるのが大好きなんです。社員やお世話になった人、お嫁さん、孫。それでも余ったら、そこで初めて自分のものを買います。もう、それが当たり前になっているんです。私がいま幸せだから、まわりにも返したくなる」(元谷さん)

これはすごいとしは言いようがありません。

一見すると奇抜な見た目で変わり者の印象さえありますが、実はすごく考え方のできた人です。

「楽しいから、お金を使ってストレスを発散する必要がない」という言葉は思うところのある人が多いのではないでしょうか。

おそらく多くの人はストレス発散にお金を使ってしまうことがあるでしょうから。

お金の貯まらない人は、お金を使うことを我慢するのではなく、お金の使い道を考え直してみるのが良いのではないでしょうか。

元谷社長のようにストレス発散目的ではなく、誰かのためにお金を使う心がけをしてみてはいかがかと思います。

お金を使い切って死ぬ人はほとんどいない

元谷社長は貯金が50~60万円程度しかないそうですが、一方でもっと多額のお金を持ったまま亡くなる方が多くいらっしゃいます。

記事では次のようなデータが出ていたので転載します。

お金を使い切って死ぬ人はほとんどいない

相続財産額の平均は3,273万円だそうです。

内訳を見ると、半分は不動産、残り半分が貯金・株の金融資産といったイメージでしょうか。

個人的には相続財産が平均で約3,000万円超と聞いたとき、多いという印象を受けましたが、実際は不動産が半分を占めていたということで合点がいきました。

また中央値は1,600万円だそうです。

あくまで一部の資産家が平均額を引き上げているということです。

また、あえて子どものために残しているという側面もあるはずです。

お金を使い切って死ぬというのは非常に難しく、またあまり考えていない人たちが多いのかもしれません。

まとめ

以上『アパホテル社長の貯金は「50万~60万円」、一体何に使っているのか?』でした。

いかがでしたか?

人のためにお金を使う。

派手な見た目からは意外に思った人も多かったのではないでしょうか。

このお金の使い方ができる人は幸せな人生を送っているはずです。

以下関連記事です。

老後にお金を一気に失う意外な理由は「狙われること・騙されること」です。

仮にお金が貯まっても、使わなければ死の間際に後悔することになります。

資産5000万円以上で備えが万全でも老後不安は尽きません。

Youtubeチャンネルの最新動画を公開中です!
第10弾の動画は『アッパーマス層なんて大したことない!と言われてしまう5つの理由』です。資産形成で一段高いステージに上がったとしても、まだまだと思われてしまう理由をまとめてみました。
また、第9弾の動画『FIRE達成時の資産額はいくら?調査結果から分かった意外な金額』も公開してますので、併せてご覧ください。
おかげさまで、チャンネルのお気に入り登録者数がどんどん増えております。本当にありがとうございます。
まだの方は、よろしければお気に入り登録・高評価をよろしくお願いします。

スポンサーリンク