あなたのおひとりさまレベルは?行動難易度ランキング

あなたのおひとりさまレベルは?行動難易度ランキング

 今日は、ネットで見かけたこちらの記事から。

 おひとりさまとしてのひとり行動は、ひとり暮らしの人間からしたら、当たり前のこと。

 ただ、DeNAトラベルがおひとりさまの平和を脅かすようなアンケートをしてしまったから、もう大変。

 さらにアンケート結果をロケットニュースが面白おかしく伝えてしまうものだから、ついつい見てしまいました。

 気になった項目は、『異性がしていたらナシだと思う「一人〇〇」』。

 ほっといてください。

 こんなことを言われたら、世のおひとりさまは何も行動できなくなります。

 でも、気になってしまったので、ちょっとだけ覗いてみましょう。
 

異性がしていたらナシだと思う「一人〇〇」(男性編)

 男性編ですから、世の女性から見た結果です。

 男性がこれをやっていたらナシだと。

 繰り返しますが、ほっといてください。

 もう一人で外に出れなくなります。

 でも、一応結果は見ておきたいので、早速見ていきましょう。

第5位:一人バイキング・食べ放題

第4位:一人ボウリング

第3位:一人プール・海水浴

第2位:一人高級レストラン

第1位:一人遊園地・テーマパーク

 栄えある第1位は、一人遊園地・テーマパークでした。

 先日一人でディズニーシーに行ってきた僕は、どうしたらよいのでしょうか? 

 2位から5位を通り越して、すでに1位を攻略しておりました。

 確かにディズニーシーに行ったとき、一人でいる女性を多く目にすることはありましたが、一人でいる男性を見ることはほとんどありませんでした。

 まして、40歳を過ぎたおっさんともなると、確かに周囲はどのように見ているのやら。

 どうせ自分のことなど見ていないと思い、パーク内を歩いてはいますが。

 パークにいるときは気にならないのでしょうが、普段考えると「ナシ」という判断になるのでしょう。

 ちなみに、各順位を見ていきますと、まず第2位の一人高級レストラン。

 これは、一時期トライしてみようと思い、行ってみたいレストランを調べてみたことがあります。

 しかし断念しました。

 理由は、「コース料理は2人から」だったから。

 僕は、一人高級レストランというより一人フルコースにチャレンジしたいんです。

 しかし、提供してくれるお店がない。

 これは想定外でした。

 「うちならやってもいいよ」というお店の方、ご連絡ください(笑)

 都内なら、値段とも相談して検討します。

 第3位の一人プール・海水浴は、そもそも泳ぐことに興味がないので、行くつもりもありません。

 第4位の一人ボウリングは、まだチャレンジもしたことはありませんが、ぜひ一度チャレンジしてみたい。

 隣が学生のグループとかだったら、どえらい羞恥心との戦いになるのではないかと、行く前から想像しています。

 第5位の一人バイキング・食べ放題は、そもそも少食なので、食べ放題に行きたいとあまり思いませんし、近年はめっきり外食に行かなくなってしまいました。

 ただ、これはこれで面白そうなので、行ってみてもいいかなと思っています。
 
 どれに行っても女性的にナシだと言われるのでしょうが、すでに頂点を極めましたから、怖いものは何もありません。
 
 

以下の「一人〇〇」の中から経験のあるものをお選びください

 今回のアンケートで選択肢となったと思われるのは、以下の一人〇〇です。

 実際に一人で行ったものがあるかどうか、チェックしてみてください。

一人ラーメン
一人映画鑑賞
一人旅(海外旅行)
一人旅(国内旅行)
一人旅(国内日帰り)
一人温泉・スーパー銭湯
一人回転寿司
一人バー
一人スポーツ観戦
一人焼肉
一人コンサート・ライブ
一人プール・海水浴
一人水族館・動物園
一人バイキング・食べ放題
一人高級レストラン
一人カラオケ
一人遊園地・テーマパーク
一人ボウリング

 まだやったことの無い一人〇〇は、まずは一人旅。

 理由は、旅行が好きじゃないから。

 海外旅行に至っては、飛行機に乗りたくないから。

 一人温泉・スーパー銭湯もないです。

 温泉が別に好きではないから。

 一人バーも、基本的にはお酒を飲まないから行ったことはない。

 一人コンサート・ライブも、音楽に興味がないから行ったことがない。

 一人水族館・動物園も、動物に興味がないから行ったことがない。

 一人カラオケも、カラオケに興味がないから行ったことがない。

 興味がないこと、多いな。。

 ちなみに、アンケートの結果はこちら。

経験のある一人〇〇

 男性で最も多かったのは一人ラーメン。

 一方、女性で最も多かったのは一人映画鑑賞でした。

 今回のアンケートで見ると、総じて女性は一人〇〇の経験が少ないです。

 一人行動に対する抵抗が強いのか、それともアンケート項目から漏れていたものがあったのでしょうか。

 どちらかといえば、周囲の目を気にして、一人行動に対して消極的なのではないかというのが個人的観測ではあります。

 あと、個人的に思ったことは、一人旅の経験者が多いんだなということです。

 しかも国内に限らず、海外旅行も。

 僕からすれば、一人ディズニーよりはるかにハードルが高いです。

 

行くのもためらう一人〇〇

 一人ディズニーには行けるけど一人海外旅行には行けない僕が、先日ラウンドワンに入って中をウロウロしていたときに、これは無理だと思ったものが1つだけありました。

 それは、一人プリクラです。

 これはキツい。

 女性ならまだしも、男性で、しかもおっさん一人。

 まず、万が一、列ができていて並ばなければならない場合、その時点でさすがの僕も耐えられないでしょう。

 ディズニーは、いろいろな種類のグループが混ざり合って並んでいますし、グループ内での会話に夢中なので、僕一人が列に並んでいることなどあまり気にも留められていないと感じます。

 しかし、ゲーセンの一角のプリクラコーナーだと、列を作るのは間違いなく女子学生たち。

 その中におっさん一人混ざっていたら、違和感満載です。

 もちろんチャレンジ企画ではありませんから、行きませんけど。
 
 

一人で行動して良かった点

 一人〇〇に対してネガティブなことばかり書いてしまいましたが、一人で行動することについて良かった点もたくさんあります。

 そのアンケート結果がこちら。

一人で行動して良かった点

 これらを僕の一人ディズニーで例えると分かりやすいです。

 一人で行けば、自分の好きな乗りたいアトラクションや見たいパレード、食べたい食事、そしてちょっと休憩といった行動を自由に選択することができます。

 誰かと一緒に行くと、どうしても誰かの意見が優先されます。

 一緒に行く人によっては、特に絶叫系のアトラクションが苦手なんていう人もいます。

 こうなると、その人に気を遣ってパーク内の回り方を考えなければいけません。

 また、特に女性と一緒に行くと、トイレ休憩に時間がかかります。

 ディズニーの女子トイレは、いつも混雑していますから。

 あとは、誰かと一緒に行くとなると、行くメンバー全員のスケジュールを調整しないといけません。

 その日は行ける、その日は行けない。

 結局いつになったら行けるんだ?ってな具合になることもしばしば。

 そして、一人ディズニーという一人〇〇最難関とも言える場所を攻略しましたから、もう怖いものなどありません。

 あ、プリクラは怖いです(笑)

 もっともっといろいろなところへ一人で行ってみようという気持ちがありますし、抵抗なく行けるようになっています。

 昨日の一人映画鑑賞なんかはその最たるものです。

 以前の僕なら、間違いなく行かなかったでしょう。
 
 

一人で行動して困った点

 一方、一人〇〇は、いいことばかりでないのも事実。

 一人であるがゆえに困ることもあります。

 そのアンケート結果がこちら。

一人で行動して困った点

 楽しさを共有できないとか寂しいとか思ってはいけません。

 それが一人〇〇の宿命と言っても過言ではありません。

 諦めましょう。

 自らが楽しむことができれば、それで十分です。

 困ったときに助けてもらえないというのは、それは個人の対応力の問題です。

 写真を撮りたければ、誰かに頼めばよいだけの話です。

 何かあったら、周囲の人に声をかけて、お願いすればよいのです。

 皆さん親切に対応してくれます。

 その意味では、日本って本当にいい国です。

 ただし、僕が唯一困っているのは行列に並ぶことです。

 トイレ離脱しづらい。

 朝のパーク入園前は、天気がよければ可能です。

 天気が良い日はレジャーシートを持っていき、それを敷いて座って開園時間まで待ちます。

 そのため、トイレに行きたくなったときは、レジャーシートが風で飛ばされないようペットボトルを重り代わりにして、周囲の人に「すみません。トイレに行くので、ちょっと見ておいてもらえませんか?」と言うと、断る人は今まで一人もいません。

 しかし、問題は雨の日。

 これまで雨の日に一人で並んだことがありませんから、まだ経験がありませんが、雨の日にはレジャーシートを敷いて座って待つのは、待つ場所にはほとんど屋根がないため難しいです。

 そのため、立って待つことになるのでしょうが、そうなると行列からトイレ離脱する際、どう抜け出し、どう戻るかが難しそうです。

 レジャーシートが戻る場所の目印にもなっていましたから。

 行列問題は、確かに僕の中では最大の問題となっており、解決の目途は立っていません。
 
 これが解決すれば、もっと一人〇〇はやりやすくなります。
 
 

まとめ

 以上いかがでしたでしょうか?

 一人〇〇をやってみたいと思いましたか?

 一人で行動するのが苦手という人の中には、勇気がないという人が多いでしょう。

 その最たる理由は、周囲の目が気になるということではないでしょうか?

 これからの時代は、おひとりさま社会。

 一人で行動するひとたちは、なんら珍しい人ではありません。

 むしろ主流になっていきます。

 周囲を気にして行動範囲を狭めていては、本当にやりたいと思っていることがいつまでたってもできません。

 勇気を振り絞って、今までやったことのない一人〇〇にチャレンジしてはいかがでしょうか。