家計が赤字になる3つの原因&家計の赤字を改善する3つの方法

家計が赤字になる3つの原因&家計の赤字を改善する3つの方法

毎月赤字だけど貯金するコツはあるの?』という記事を読みました。

そりゃ、貯金するコツはあるに決まっています。

こちらからすると、よく毎月赤字が出せるなという感想。

普通、前月が赤字なら、今月はなんとかしようという心理が働くのではないでしょうか?

それを平然と「毎月赤字」と言ってのける時点で赤字は改善できないと思います。

ただ、「貯金するコツはあるの?」と聞いているので、それには答えてあげようじゃないかという感じです。

今回は家計が赤字になる原因と改善する方法を考えていきます。
 

家計が赤字になる原因その1 収入より多くの支出がある

記事中では「収支のバランスが悪い」という表現になっていますが、それ以前の問題です。

シンプルに言えば、収入より多くの支出があるから赤字になるだけの話です。

なぜそんなことになってしまうのか?

どれだけお金を使えば気が済むのでしょうか?

甚だ疑問です。

そして質の悪いことに、ボーナスで補填しています。

毎月赤字なら、確実にお金は底を突き、破産してしまいます。

しかし、破産せずにやっていけてしまう理由は、ボーナスの存在です。

赤字を一気に解消してくれる存在です。

ただ決して良いボーナスの使い道ではありません。

月単位で黒字化させなければいけません。
 
 

家計が赤字になる原因その2 お金の使い道を把握していない

赤字になる人は「何に」「どのくらい」お金を使っているのかを分かっていません。

家電やお値段高めの服などであれば、いくらくらいの支出だったか把握しているかもしれません。

しかし、問題なのは普段の生活費や食費、飲み会のような交際費だったりします。

ちりつもで支出が大きくなっていることに気づいていません。

はたまた自分が収入レベル以上の部屋を借りているということもあります。

スマホの料金なども含め、固定費を見直そうという意識もありません。

これでは赤字になるのは必然と言えます。
 
 

家計が赤字になる原因その3 クレジットカードを使っている

現金で買い物をしていれば、使い切ったらゼロになるわけで、マイナスになるはずがありません。

赤字になるということは、ゼロを突き抜けてマイナスになっているということです。

その原因は一体どこにあるのか?

それはクレジットカードです。

クレジットカードは、多少の使い過ぎを隠してしまいます。

手元に現金が無くても買い物をすることができます。

お金を使っている感覚も失わせます。

そのため、クレジットカードは貯金を苦手にしている人にとっては非常に危険な道具なのです。
 
 

家計の赤字を改善する方法その1 先取り貯金する

では、赤字を改善するにはどうすればよいのでしょうか?

要するに、赤字の原因を解消していけばよいだけの話です。

まず1つめは、お金があるだけ使ってしまうのであれば、使えるお金を減らしてしまえば貯金ができるはずです。

となると、最も適した方法は先取り貯金です。

貯金が苦手な人の発想として、余ったお金を貯金しようというものがあります。

貯金が苦手なのですから、お金が余ることはありません。

だから、いつまでたっても貯金できません。

そこで、給料が入ったら、すぐに一定金額を別口座へ預金するよう手続きをしておくのです。

あとは、残った給料でやりくりをすれば、自ずと貯金ができています。
 
 

家計の赤字を改善する方法その2 家計簿をつける

お金の使い道を把握していないから赤字になるのであれば、使い道を明確にすればよいだけの話です。

となれば、手っ取り早いのが家計簿をつけることです。

最近ではスマホのアプリで、レシートを撮影すればデータを取り込んでくれるなどします。

また、クレジットカードの明細を見れば、家計簿をつけずして、把握することが可能です。

そう考えると、昔に比べればはるかに家計簿をつけやすい状況にはなっています。

家計簿をつけて支出を把握し、あとは見直して、問題のある支出を浮き彫りにすること。

食費が多すぎる、交代費が多すぎる、といった問題に気づくことができるはずです。

問題のある費目が見つかれば、その費目を改善すればよいわけです。
 
 

家計の赤字を改善する方法その3 クレジットカードをやめる

最後の3つめはクレジットカードをやめることです。

クレジットカードは、収入以上の支出になってしまうだけでなく、そもそもお金を使っているという感覚も奪います。

現にキャッシュレス決済は支出を増やす原因になっているとの調査結果も出ているほどです。

そのため、支出を抑えたいのであれば、クレジットカードをやめて、現金で買い物をすべきです。

ただ、家計簿をこまめにつける必要が生じます。

そこでおすすめしたいのがデビットカードです。

基本的にはクレジットカードと同じ使い方になりますが、カードで決済すると代金が即時に口座から引き落とされる仕組みになっていますから、口座の残高以上にお金を使うことはありません。

ですから、クレジットカードとは異なり、使い過ぎによる赤字にはなりえません。
 
 

まとめ

以上、「家計が赤字になる3つの原因&家計の赤字を改善する3つの方法」はいかがでしたでしょうか?

家計が赤字になる原因は、間違いなく自分自身です。

自分を直さなければ、赤字が改善されることはまずありません。

自分の意識を変え、行動を変えることで赤字は改善されます。

ここであげた方法論は極めてシンプルで基本的なことばかりです。

本当に家計が赤字なのであれば、まずはこの3つから取り組んでみてください。

スポンサーリンク