エポスカードを発行したい人へ。おすすめの作り方を教えます

エポスカードを発行したい人へ。おすすめの作り方を教えます

僕にとっての最強のクレジットカードであり、メインカードとして使い続けているのが「エポスカード」です。

持っているだけで多くの特典を受けることができます。

さらに、エポスカードはエポスカードでも、特にエポスゴールドカードこそ真の最強クレジットカードです。

ゴールドカードになれば、持っているだけでもよいですが、使っていけばさらにお得になります。

そこで今回は、エポスカードのことが気になってカードの発行を考えている人へ、改めてエポスカードのメリットとおすすめの作り方をお教えします。
 

エポスカードのメリット

まずはエポスカードのメリットをざっとご紹介。

・年会費無料
・最短即日発行
・ETCカードの年会費も無料
・海外旅行傷害保険が自動付帯
・全国の飲食店で割引や特典あり
・遊園地や水族館が入場料割引に
・人気カラオケチェーンも割引や優待あり
・美容院やネイルも割引
・スパ・温泉で入場料割引
・舞台・イベントのチケットをご優待
・レンタカー・カーシェアで割引
・旅行予約・出発でポイントUPや特典
・ショッピングでボーナスポイント
・マルイ・モディで年4回10%割引(マルコとマルオの7日間)
・カード利用のたびにメールでお知らせ

また、クレジットカードを使う上ではセキュリティを始めとして、いろいろな不安もありますが、エポスカードは安心して使えるサポートもたくさんあります。

・お届け日を含め、61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償
・カード番号をウェブ上で発行する「バーチャルカード」を利用できる

イメージ的には学生さんが最初に作るクレジットカードという感じですが、社会人が使い続けてもメリットはあるので、全世代におすすめできます。

また、年会費無料ですし、使わなくとも持っているだけで特典を受けることもできますから、サブカードとしても最適です。
 
 

エポスカードのおすすめの作り方

ここからはエポスカードの発行を考えている人へ、おすすめの作り方をご紹介します。

まず、エポスカードの作り方には大きく分けて2種類あります。

1.マルイの店頭
2.Web

緊急を要する場合は除き、もしお得にエポスカードを作りたいのであれば、Webからの申し込みがおすすめです。

理由は以下の3点です。

①Web限定で5000ポイントから8000ポイントもらえるキャンペーンの対象となる
②24時間いつでもカード発行を申し込むことができる
③受取方法を店舗か郵送か選ぶことができる

店頭でのカード発行の特典は2000ポイントです。

しかしWebからの発行であれば、最大で5000ポイントから8000ポイントになるキャンペーンを実施しているときがあります。
 
 

エポスカードを発行する手順1

1.まずは下のリンクからエポスカードの公式ホームページを開きます。

エポスカード公式サイトはこちら

すると、エポスカードについて詳しく説明しているページが出てきます。

画面を下にスクロールしていくと、「お申し込みはこちら」または「エポスカードのお申込みはこちら」という赤いボタンがありますので、これを押して次へ進みます。
 
 

エポスカードを発行する手順2

2.次の画面は、エポスカード発行の受付画面になります。

ここでは、エポスカードの申し込みからカード受取までの流れが書かれていますので、まずは流れを確認してください。

そして画面を下にスクロールすると、「カードデザイン選択」と出てきます。

もし、ここに表示されている特別デザインのカードを作りたいのであれば、「WEBSITEからデザインを選ぶ」をクリックして、別ページで「このカードで申し込み」をクリックしてください。

もし、特別デザインのカードを発行しないのであれば、画面を一番下までスクロールして、「同意してお申し込み」という赤いボタンをクリックして次へ進みます。
  
 

エポスカードを発行する手順3

3.基本情報の入力画面になります。

名前や生年月日・住所などの項目を記入・選択して、「次へ」ボタンを押してください。
 
 

エポスカードを発行する手順4

4.おしごと内容の入力画面になります。

仕事に関する必要事項を記入します。

さらにエポスNetへのログインパスワード設定、メール配信設定がありますので、記入してください。

「いつでもリボ」は「登録しない」を選択するようにしましょう。

リボ払いになってしまいます。

入力が終わったら、「次へ」ボタンをクリックしてください。
 
 

エポスカードを発行する手順5

5.確認画面

間違いがなければ、「入力内容を送信する」をクリックして、申込完了となります。
 
  

カードの受け取りは郵送を選択すべし

カード審査に合格すると「エポスカードのお申し込みと口座お手続きのお知らせ」というメールが届きます。

この段階でインターネット上から引き落とし口座の設定を済ませることができます。

急いでカードを手にしたい人は、このタイミングでマルイの店頭へ出向き、カード発行をすることになるのでしょうが、実はこのカードの受け取り方法にこそ注意が必要です。

エポスカードを発行するともれなくもらえる2,000円分の特典は、実は郵送と店頭受け取りで、有効期限と使える場所に大きな差があるのです。

・郵送で受け取りの場合
 有効期限:2年間
 使える場所:エポスポイントの使える場所ならどこでも

・マルイのお店で受け取りの場合
 有効期限:翌月まで
 使える場所:マルイ店舗のみ

この大きな違い、ご存知でしたか?

もし2000ポイントの使い道が決まっていて、すぐにでもマルイの店舗で使いたいということであれば、Webで発行を申し込み、メールが届いたら店舗に足を運ぶのがよいでしょう。

しかし、もし2000ポイントをすぐに使う予定がないということであれば、店頭には行かず、郵送受け取りにした方が得策です。

ポイントの使い道があるかないかでカードの受け取り方法を選択してください。
 
 

まとめ

以上、エポスカードを発行したい人向けのおすすめの作り方はいかがでしたでしょうか?

本当にメリットの大きいエポスカードですが、作り方についてはちょっとだけ注意すべきポイントがあることがご理解いただけたと思います。

もし発行してみようと思われた人は、下のリンクからどうぞ。

▼エポスカード公式サイトはこちら▼

スポンサーリンク