貧乏体質な人がついついやってしまっている悪しき7つの習慣

貧乏体質な人がやってしまっている悪しき7つの習慣

あなたはなかなかお金が貯まらないと悩んでいませんか?

お金が貯まらない原因は、あなた自身の「貧乏体質」かもしれません。

気づかないうちにあなた自身がお金を遠ざける行動をとっている可能性があります。

そこで今回は、お金持ちは絶対にやらない「貧乏体質」と言える習慣をご紹介します。
 

貧乏体質1 「お金がない」と口にする

あなたは「お金がない」という言葉を口に出していませんか?

実際お金がないのだから仕方ないじゃないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、「お金がない」「うちは貧乏だから」となどというネガティブな言葉を発することは良いとは言えません。

なぜなら、自分は貧乏だと自分自身に言い聞かせていることに他ならないからです。

「思考は現実化する」という有名な本もありますが、人は思った通りに生きています。

現状に不満があるとしても、未来に良いことが待っていると想像し、ポジティブに行動すれば、きっと好転するはずです。

お金持ちになった人は、元からお金を持っていた人ばかりではありません。

苦しい時代を経て、お金持ちになっている人もたくさんいます。

苦しいときこそネガティブにならず行動しなければいけません。

貧乏体質2 何も考えずにお金を使う

お金持ちは、文字通りお金を持っている人です。

お金持ちは、お金のことを常に考えています。

そのため、お金を使うことに関して実は人一倍神経質でこだわりを持っています。

一方、貧乏体質の人は、特段何も考えずにお金を使っている傾向があります。

あたかもお金を使うことがルーティンであるかのように。

典型的なのは、食後のコーヒーや帰宅時のコンビニ通い。

さらには、お金が足りなくなったときにATMから手数料がかかってでもお金を引き出す。

これらの行動は、そのときの欲求を満たしてくれるのかもしれませんが、その場限りです。

のちのちのプラスにはなりません。

お金持ちは、ここでお金を使うことでどのようなプラスがあるのかを常に考えています。

無意味な支出は絶対しないよう行動しています。
 

貧乏体質3 値段の安さで買い物する

貧乏体質の人は、値段の安さで買うものを選ぶことがあります。

そこには、何のこだわりもありません。

買った理由は、安いから。

また、セールやキャンペーンが大好きで、ついつい足を運んでは何かを買ってしまいます。

お金持ちは、安いからという理由でお金を使いません。

あくまで必要なものであることが前提で、それが安ければラッキーなだけです。

また安物はすぐ壊れたりして、買い替えや修理の必要が生じ、結局高くついたりします。

よって、安さだけを判断材料にお金を使うようなことは避けるべきです。
 

貧乏体質4 レシート・明細を確認しない

貧乏体質の人の中には、レジでレシートを受け取らずに、あるいはすぐ捨ててしまう人がいます。

また、クレジットカードなどの利用明細を全く見ない人がいます。

お金持ちは必ずといっていいほどレシートや明細を確認します。

万が一間違っていないかをチェックします。

そして、自分の支出を見直し、問題があれば改善するようにします。

これは家計簿にもつながる話ですが、自分の支出を把握できていなければ、何も改善できません。
 

貧乏体質5 部屋にものが溢れている

あなたはお金はないけど、ものはたくさん持っていませんか?

貧乏体質の人に限って、収納には収まり切らないほどのもので部屋が溢れかえっています。

部屋の収納のキャパシティーを超えてまで買い物をしている証拠です。

自分の持ち物を把握できておらず、次々にものを買ってしまう。

お金をものに変える行動ばかりとってしまうわけですから、お金が貯まらないに決まっています。

一方、お金持ちの部屋はすっきり片付いています。

自分にとって必要なもので納まるようになっています。

これは部屋の広さ、収納力の大きさの問題ではありません。

自分にとっての必要なものの量を把握できているかの違いです。
 

貧乏体質6 送料が無料になるように買い物を調整する

ネットで買い物をするときにも、貧乏体質が分かります。

貧乏体質の人は、「〇〇円以上送料無料」という言葉を見ると、〇〇円以上になるように余計なものまで買ってしまいます。

必要なものではなく、単なる値段の帳尻合わせのためだけに、必要だろうと言い聞かせて買ってしまいます。

顧客単価を引き上げる店側の策略に完全に乗ってしまっています。

お金持ちは自分にとって必要ないものは買いません。

送料が無料かどうかは関係なく、必要なものを効率よく買えるのであれば買います。

送料を気にするのであれば、ネットショッピングは利用しません。

ネットショッピングは実物を事前に確認できないため、失敗するリスクがあるからです。
 

貧乏体質7 ボロボロでパンパンの財布を使っている

お金持ちと貧乏体質の人の差が最も大きく出るのは、実は財布です。

貧乏体質の人は、財布が古くボロボロで、何の手入れもされていなかったりします。

また、不要なカードやレシート、クーポンなどが詰め込まれ、パンパンになっています。

一方、お金持ちの財布はスッキリしています。

自分にとって必要なカード、現金しか入っていません。

またボロボロの財布など持ち歩きません。

なぜなら、財布はその人のお金との向き合い方を表すものだからです。

お金にとっての家と同じです。

あなたはボロボロの家よりもきれいな家に住みたいと思いませんか?

それはお金も同じです。

だとすれば、財布はきれいにしておかなければならないはずです。

それなのに、財布に意識が回らないのは、あなたがお金を本当の意味で大切な存在として扱っていない何よりの証拠なのです。
 

まとめ

以上『貧乏体質な人がついついやってしまっている悪しき7つの習慣』でした。

身に覚えのある悪しき習慣はありましたか?

習慣化してしまっているものがあれば、早く捨ててしまい、新しい習慣を身につけるよう心がけましょう。

意識が変われば、行動が変わりますから、きっと未来は好転するはずです。

スポンサーサイト

節約や我慢お金の悩みが一切ない・余裕のある生活を手に入れる

スポンサーリンク