40代半ばで貯金4000万円を達成!セミリタイアへまた一歩前進

40代半ばで貯金4000万円を達成!セミリタイアへまた一歩前進

2019年4月といえば、平成最後の月という節目に当たる月ですが、僕にとっても大きな節目を迎えました。

本日、会社より給与が振り込まれ、貯金が4000万を突破しました。

来月の給与振込までの間、クレジットカードの引き落としがありますが、4000万円を切るほどの引き落としにならないことは確定しております。

また、4月中に浪費をする予定もありません。

よって、本日の段階で2019年4月締め時点での4000万円突破がほぼ確定しました。

3000万円到達から3年で貯金4000万円に到達

3000万円に到達したのは、2016年4月。

それからちょうど3年での4000万円到達です。

3年で1000万円貯めるのは、早かったようで短かったような。

ちょっと感慨深いものがあります。

この3年間も貯金に関していろいろとトライしてきましたが、とにかく一つだけ言えることは、支出を減らしていることです。

やったことは支出を減らすことだけ

ここ3年の間でスポーツジムを退会したり、格安SIMへ乗り換えたり、さまざまなものをやめてきました。

投資はしていません。

性格的に株価の値動きなどが気になって、仕事に支障を来たしてしまうタイプの性格だからです。

最近の世の中の流れは投資、投資となっていますが、投資をしなくても一定の金額を貯めるだけなら可能なことを証明しています。

もっと増やすとなれば、投資は必要でしょう。

貯金4000万円までの道のり

貯金4000万円に到達するまでの道のりを年齢で表すと以下のとおりです。

  • 33歳 1000万円
  • 36歳 2000万円
  • 42歳 3000万円
  • 45歳 4000万円

まだ45歳にはなっていませんが、今年なりますので、一応このような書き方をしています。

こうしてみると、徐々に1000万円貯まるペースが早くなっています。

1000万円から2000万円へは副業の効果もあって、一気に達成しました。

その後は収入が会社の給与のみになりましたので、若干ペースは落ちましたが、10年もかかっていません。

これは昇給により年収が上がっても、支出をあまり増やさなかったことが功を奏した格好です。

副業で収入を得られたことはラッキーでしたが、どちらにしても地道に貯金を積み重ねてきたことは事実です。

40代の平均貯金額はどれくらい?

そもそも40代の平均貯金額はどれくらいなのでしょうか?

毎度おなじみ『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]』のデータを見てみましょう。

  • 金融資産非保有 33.7%
  • 100万円未満 3.9%
  • 100~200万円未満 5.4%
  • 200~300万円未満 4.7%
  • 300~400万円未満 3.9%
  • 400~500万円未満 3.7%
  • 500~700万円未満 8.3%
  • 700~1,000万円未満 7.4%
  • 1,000~1,500万円未満 9.0%
  • 1,500~2,000万円未満 3.6%
  • 2,000~3,000万円未満 4.7%
  • 3,000万円以上 3.4%
  • 無回答 8.2%
  • 平均 643万円
  • 中央値 220万円

40代で3000万円以上の金融資産を保有している人は、わずか3.4%しかいません。

相当な上位層に分類されることが分かります。

それよりも、40代にして貯金なしが33.7%もいるのが驚愕でしかありません。

これからの人生、大丈夫なのでしょうか?

他人の心配をしている場合ではないのですが、心配になります。

退職金をもらえる人であれば、会社をやめる時点で一気に大きな収入が手に入るため、これから貯金してけば、まだ老後には間に合うでしょう。

それでも、退職金の金額は年々下がってきているようです。

そのため、退職金をもらうことができる人であっても決して楽観視はできません。

貯金4000万円でセミリタイアはまだ早いと判断

現在の日本の状況は、できるだけ長く働けという論調に傾きつつあります。

僕自身はそういう世間の声を無視して、もう働かないという選択肢を選ぼうしています。

4000万円という金額をどう考えるかですが、僕は少ないと考えています。

何と言っても、住居がない。

実家に帰るという選択肢がないわけではありませんが、できればあまり選びたくない選択です。

なぜなら、田舎は近所づきあいが面倒くさいから。

近所に僕のことを知らない人はいないと言っても過言ではないので、気楽に生活できそうにありません。

だから、東京にとどまりお気楽な生活をしたいので、家を買った後にも一定額の貯金を残しておきたいというのが理由です。

家をいかに安く手に入れるかを考える必要が出てきました。

とりあえず、セミリタイアという楽しみはもう少し先にとっておきたいと思います。

まとめ

以上『40代半ばで貯金4000万円を達成!セミリタイアへまた一歩前進』でした。

近況報告でしたが、いかがでしたか?

40代でもやる気になれば4000万円貯められます。

多くの人は、あまりにも多くのムダ遣いがあるため貯金できないことを知るべきです。

スポンサーリンク