【悲報】たばこが10月から1箱10円値上げするらしい

【悲報】たばこが10月から1箱10円値上げするらしい

今日はネットで見かけた、こちらの記事から。

たばこ、1箱10円値上げ 「メビウス」は490円に 「プルーム・テック」は据え置き

たばこの値上げがまたもやってきます。

詳細を見ていきましょう。

10月1日からたばこが1箱10円値上げ

日本たばこは8月6日、消費税率の10%への引き上げに伴い、10月1日から紙巻きたばこなど115銘柄の値上げを財務相に認可申請したと発表しました。紙巻きたばこは1箱当たり10円引き上げます。値上げは2018年10月1日以来。一方、低温加熱式たばこ「プルーム・テック」「プルーム・テック・プラス」は据え置きます。

(引用元:https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/06/news103.html)

「申請した」とのことですから、正式にたばこが値上がりすると決まったわけではないようです。

が、実質確定とみてよいでしょう。

値上げする主なたばこの銘柄

紙巻きたばこの値上げでは、「ナチュラル アメリカン スピリット」が現行の520円から530円に、「セブンスター」「ピース(20本入り)」が500円から510円に、「メビウス」が480円から490円に、「ホープ(10 本入り)」が250円から260円に──など、1箱当たり10円を転嫁します。ただ、「ウィンストン」「キャメル」など一部銘柄は据え置きます。

(引用元:https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/06/news103.html)

セブンスターとかピースとかは、名前は知っています。

メビウスは、マイルドセブンだったことも知っています。

ホープは、私の父が吸っていました。

ハードな愛煙家だった父の影響を受け、私はたばこを絶対に吸わないと誓って生きてきました。

紹介した記事の中には改定される価格表も紹介されていましたので、気になる方はそちらをご覧ください。

たばこはあと2年連続で値上げするらしい

2017年に発表された税制改正大綱では、紙巻きたばこのたばこ税は4年間で3回上がるとのことでした。

今回の値上げは、たばこ税ではなく消費税増税に関連してのもの。

ということは、来年、再来年もたばこ税は値上げ。

つまり、たばこは値上がりし続けることが確定的なのです。

メビウスの10年前の価格は300円だった

メビウスの10年前の価格は、300円だったそうです。

たった10年の間に190円も値上げ。

およそ6割も上がっています。

しかし、価格が上がってしまえば、過去のことなど忘れてしまいます。

現在の価格が当たり前になりますから。

490円から来年以降も値上がりしますから、500円以上になる予定です。

それでもまだたばこを吸い続けますか?

たばこが好きな人でも、そろそろ考える時がきたのではないでしょうか?

愛煙家ならやめないであろう程度の値上げで済ませていく作戦に、いつまでお付き合いするつもりなのでしょうか?

仮に「やめたい」と思ったとしても、大半の愛煙家は残念ながらやめられないのでしょう。

残念なことです。

お金と時間がもったいない。

まとめ

以上『【悲報】たばこが10月から1箱10円値上げするらしい』でした。

いかがでしたか?

少し値上げしても、たばこをやめることはないだろうと足元を見られています。

支出を減らしたいと思うのであれば、本気でやめるよう努力すべきです。

スポンサーサイト(せいてんさん)

こんにちは、せいてんと申します。

僕は20年以上貧乏な生活を送ってきましたが、
とあることをきっかけに貧乏生活から抜け出すことができました。

今では好きな時に1万円以上の買い物をしたり、
平日にファミレス感覚で焼き肉を食べたり、
自由気ままに旅行に行けるようになりました。

ですが、今の生活を手に入れるために、
出世や転職、資格取得を頑張ったわけではありません。

僕がこんな生活を送れるようになったのには、
ほとんどの人が知らない秘密があります。

変更
↓↓
以下では僕が今の生活を手に入れた秘密を公開しているので、
何もない状態から経済的な自由を手に入れる具体的な方法をご覧ください。
↓↓↓
貧乏サラリーマンが公務員以上の収入を手に入れた秘密とは?

スポンサーリンク