「手取り20万でキツイと思うことランキング」を見て思うこと

「手取り20万でキツイと思うことランキング」を見て思うこと

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

手取り20万円は、今思えば低いですけど低すぎるとも思わない金額です。

一体どのようなことをキツイと考えている人がいるのでしょうか?

「手取り20万でキツイと思うことランキング」

まずは記事中のキツイと思うことランキングをご紹介します。

今回の調査は株式会社ビズヒッツが手取り20万円の男女500人を対象に行ったものとなっています。

回答者「男女500人」の属性は男性が42.2%、女性が57.8%。

年代は20代が28.8%、30代が39.6%、40代が20.8%、50代が8.8%、60代が2.0%でした。

ランキング手取り20万円でキツイと思うこと人数
1位欲しいものを買えない117
2位貯金できない99
3位イレギュラーな出費への対応76
4位常に予算を気にする43
5位旅行ができない37
6位外食ができない34
7位生活費を払うと給料が残らない33
8位遊びに行けない26
9位生活費が足りない18
10位将来が不安13

節約上手なら手取り20万円で十分やりくりできる

手取り20万円でキツイと思うこと第1位は「欲しいものを買えない」でした。

貯金できる人と貯金できない人を明確に分ける回答が1位に来たように思います。

「欲しいもの」って何でしょうか?

貯金できる人なら分かるはずですが、「欲しいものは買わない」が貯金の鉄則です。

買うものは「必要なもの」ですから。

ということで、私から言わせれば「そりゃキツイでしょ」の一言です。

2位の「貯金できない」もそうです。

収入が少ないのに欲しいものを買うのですから、「そりゃ貯金できないでしょ」と言うしかありません。

3位の「イレギュラーな出費」とは「冠婚葬祭」「保険」「税金」「家電が壊れて買い替えた」などを指しているようです。

家電の故障は誰しも痛いもので、これはやむなしです。

私も次に来るのは洗濯機かパソコンで、特にパソコンは金額も大きいので恐怖に怯えています。

ただ、貯金をしておけばなんとかなるレベルの話です。

またミニマリスト化して、テレビやレコーダーを手放すとかすれば家電の買い替えリスクを減らすことも可能になります。

4位以下に目を向けると、やはり私からすれば「旅行」「外食」「遊び」といった項目を見ると嗜好品に対する支出願望が強いのかなという印象を受けます。

7位と9位に記載のある「生活費」が高すぎるのでしょう。

いわゆる「固定費」が高すぎる人も多いのかもしれません。

どちらにしても支出が多すぎるはずで、手取り20万円あれば十分にやりくりできるはずです。

だったら「転職したら?」と言いたい

そんなに苦しいのであれば「転職したら?」と言いたいと思ったら、実際に転職に関するアンケート結果もありました。

55.0%が「転職活動中」「考えている」「少し考えている」と回答したそうです。

ただ、それには給料面だけが理由ではなく「残業が多い」「仕事内容や人間関係に不満」「スキルアップできない」などが散見されたようです。

逆に転職を考えていないと回答した人の意見には「今の仕事が好き」「なんとか生活できる」「安定している会社だから」「残業や夜勤がない」「契約がとれれば稼げる」といった意見が寄せられた、とのことです。

これらの理由を見る限り、転職を考えるかどうかはお金だけの問題ではないということです。

ただ貯金を増やしたいのであれば、収入にはこだわったほうがいいです。

私は東京へ転職する際、ふっかけて60万円以上の年収アップに成功しました。

さらに出世したので、収入が増えていき、貯金も増えていきました。

アンケートの回答者は過半数が40歳未満のようですから、早くに決断するのがよいと思います。

まとめ

以上『「手取り20万でキツイと思うことランキング」を見て思うこと』でした。

いかがでしたか?

こういうアンケート結果やランキングを見ると、他人との考え方の違いを痛感します。

生活が苦しく、貯金を増やしたいのであれば、転職の選択肢一択だと思いました。

スポンサーリンク