40~50代「おひとりさま」のお財布事情。貯蓄額と保有している金融資産は?

40~50代「おひとりさま」のお財布事情。貯蓄額と保有している金融資産は?

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

久しぶりに世代別の貯蓄額について取り上げてみます。

ちょうど私の世代で、しかも「おひとりさま」とまさに私が該当します。

自分の立ち位置確認の意味で記事を見ていくことにします。

40歳代・単身世帯の貯蓄(金融資産を保有していない世帯を含む)

まずは私が含まれる40歳代・単身世帯の貯蓄です。

金融資産非保有:35.5%
200万円未満:21.1%
200~400万円未満:7.9%
400~700万円未満:8.2%
700~1000万円未満:4.3%
1000~1500万円未満:5.5%
1500~2000万円未満:3.6%
2000~3000万円未満:2.5%
3000万円以上:5.7%
無回答:5.7%

平均値:666万円 中央値:40万円

私はおかげさまで「3000万円以上:5.7%」のところに入っております。

それにしても中央値が40万円というのが驚きでしかありません。

金融資産非保有の35.5%って本当ですか?

200万円未満も21.1%いますから、金融資産非保有と合計すると56.6%と過半数を超える40代が200万円未満ということになります。

にわかに信じがたいのですが、本当ですか?(2回目)

中央値が40万円に対し、平均値は666万円まで上がります。

上位の人たちが引き上げてくれているのでしょう。

50歳代・単身世帯の貯蓄(金融資産を保有していない世帯を含む)

続いて50代です。

金融資産非保有:41.0%
200万円未満:15.2%
200~400万円未満:6.8%
400~700万円未満:8.1%
700~1000万円未満:5.6%
1000~1500万円未満:5.3%
1500~2000万円未満:3.0%
2000~3000万円未満:4.3%
3000万円以上:7.6%
無回答:3.0%

平均値:924万円 中央値:30万円

50代のほうが金融資産非保有世帯が増えるという謎。

そして200万円未満と合計すると56.2%となり、40代とほぼ同じ割合が200万円未満しか保有していないことになります。

やはり貯金できない人は一定数いることが分かります。

50代ともなると定年・引退が眼前に迫ってきているのに、貯金がほとんどないという貯金派の私からすると想像を絶する世界です。

余計なお世話かもしれませんが、老後の生活は大丈夫なのでしょうか?

一方で平均値が924万円になっています。

40代の666万円と比較して260万円も高くなっています。

貯金額の上位者が増加し、また金額も増加し、平均値を引き上げていることが想像できます。

これがいわゆる「格差」というやつなのかもしれません。

「おひとりさま」こそ貯金しやすい

私は「おひとりさま」こそ貯金しやすく有利な環境にあると考えています。

最大の理由は未婚であるということが前提ですが、子どもがいないことです。

やはり子育てにはものすごい費用がかかります。

子育てをしていない私にとっては想像を超えるものでしょう。

子育てに関する費用が掛からず、収入は基本的に自分に使えると考えれば、これほど貯金しやすい環境はないはずです。

にもかかわらず貯金が少ない人が過半数ということは、収入が少ないなどいろいろな理由が考えられるはずです。

そもそも貯金に対する意識が希薄という人もいるでしょう。

いろいろな状況の人がいるでしょうから一括りで語ることはできませんが、とにかく貯金派の立場からすると少しでも早く貯金するための行動を起こしてほしいと願うしかありません。

まとめ

以上『40~50代「おひとりさま」のお財布事情。貯蓄額と保有している金融資産は?』でした。

いかがでしたか?

自分の立ち位置に安心すると同時に、貯金の無い人の多さに愕然とし、悲しい気持ちになってしまいました。

20年後・30年後の日本は一体どうなっているのでしょうか。

政治に変化の兆しが見えない日本は没落の一途をたどるような気がしてなりません。

以下関連記事です。

老後の戦略は40代から立て始めることもできます。

退職金をあてにしているのだとしたら、考えを改めたほうがよいかもしれません。

「おひとりさま」でも老後は怖くないと思いたいです。

スポンサーリンク