なぜ若い「FIRE」信奉者は才能をドブに捨てるのか?

なぜ若い「FIRE」信奉者は才能をドブに捨てるのか?

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

FIREの記事ですが、ここのところFIREの記事にもいくつかパターンが出てきたように感じます。

そのうちの一つがFIREについては反対の立場をとるものです。

今回の記事もFIREに反対です。

仕事を通じてしか経験できないこともあるし成長もできなくなる

記事の内容としては、若くしてリタイアを目指した生き方ではなく、自分の好きなことで稼ぐスキルを身に付ける生き方のほうがよいのでは?という提案です。

おっしゃることはもっともだと思います。

若くしてFIREを目指すとなると、お金は自分のためには使わず、投資へマン振り。

地道にコツコツと投資額を積み上げていくというお金の使い方になるのでしょう。

その資金を稼ぐには働くしかないと思いますが、毎日の仕事はつまらない。

上司やクライアントに怒られたり、意見も通らず、不満の募る日々を送っているかもしれません。

それでも人は仕事を通じて成長するわけです。

仕事をしているからこそできる経験もあります。

最近は「モノより体験・経験にお金を使った方が良い」と言われます。

しかし会社はお金をもらって経験を積み、成長できる稀有な場所なのです。

ということはFIREを選択することは「成長を捨てること」になる可能性があります。

これはFIRE後に何をするかによります。

FIRE後に自分の好きなことで稼ぐ方向に進めば新たな成長のルートが切り開かれます。

しかし純粋に仕事からリタイアし、のんびり生活を選択すればもはや成長は見込めません。

筆者は若いうちから成長を捨てる選択をしようとしていることに対して「才能をドブに捨てる」と語っているのでしょう。

FIREを目指すのは自由であり何の問題もない

私は若い人がFIREを目指すことに対しては、特に問題はないと思っています。

FIREを目指したいのであれば目指せばよいだけです。

おそらく今の若い世代だけでなく、私の世代も含め「早く仕事を辞めたい」と思っている人は少なくないはずです。

働かずに生きていければどれほどラクなことか。

この考え方は何も若い人たちだけにある考え方ではないです。

だから若い人をターゲットにするのは間違っています。

いつの時代にも世代間の隔たりはあるものですから。

ただ、現実としてFIREに辿り着ける人がいるかというと割合で言えば少数派となるでしょう。

もし目標金額まで資産を築けたとしても、FIREした後に形成した資産だけで生活していけるかというとなかなか難しいのではないでしょうか。

貧乏生活を送らざるを得ないでしょうが、苦にならなければそれもまたよしとしましょう。

生き方は人それぞれです。

あまりにも若いFIREはもったいない気がするのは事実です。

ただ本人がただ仕事から逃れるのではなく、FIREして自分のやりたいことが実現できるのであれば、それは良いことなのではないでしょうか。

ただしFIREにもデメリットがたくさんあることは理解しておいたほうがよいでしょう。

私はまだやりたいことが見つからない

かくいう私もFIRE(セミリタイア)を目指しています。

おかげさまで私は5000万円を貯めましたので、あとはいつセミリタイアに踏み切るかのタイミングを見計らっている状態です。

しかし一方で大きな問題を抱えています。

それはセミリタイアして空けた時間で何をするかが見つかっていないことです。

これは非常に悲しいことです。

悲しいですが焦らず普通に仕事をしながらやりたいことを探しています。

一度会社を辞めてしまえば同年収で会社に戻るのは私の年齢になると極めて難しくなります。

会社を辞めるときには相当な覚悟を持たなければいけないと思っています。

逆に若い人たちは会社を辞めても戻るチャンスはいくらでもあるでしょう。

FIREは目的ではなく手段です。

何のためにFIREするのか、FIREして何をしたいのか、ぜひじっくり考えてもらいたいです。

まとめ

以上『なぜ若い「FIRE」信奉者は才能をドブに捨てるのか?』でした。

いかがでしたか?

若さゆえに会社や仕事が嫌になり、FIREを目指したいと考えるのは理解できます。

資産形成のために仕事は一定期間続けざるを得ないでしょうから、その期間の中でいろいろな経験を積んでもらいたいです。

FIREを目指そうと考えている人の中にも実はビジネスの才覚を持っている人がいるはずで、その芽を早くに摘んでしまうのはもったいないことです。

最終的には自分が判断することですが、自分なりのベストの判断を下せるよう、まずはたくさんの経験を積んでみるのがよいのではないでしょうか。

以下関連記事です。

1億円でもFIREは無理という意見もあります。

年齢高めの人はFIREに対して反対の意見を持つ人が多いようです。

1億円以上の資産を持っていてもFIREしない人だってたくさんいます。

スポンサーリンク