貯蓄額が平均2,524万円の65歳以上夫婦でも老後が少々不安なワケ

貯蓄額が平均2,524万円の65歳以上夫婦でも老後が少々不安なワケ

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

ここ最近取り上げる頻度が上がっている資産形成ゴールドオンラインの記事から。

貯蓄額が2,500万円もあればある程度の目途が立ちそうなものですが、一体何が不安なのでしょうか?

記事の中身を見ていくことにしましょう。

65歳年金暮らしの夫婦の平均像とは?

まずはデータから年金暮らし夫婦の平均的なお金の話を見ていきましょう。

総務省『家計調査報告 家計収支編、貯蓄・負債編』を元に作成されたデータとなっています。

【65歳年金暮らしの夫婦の平均像】
◎貯蓄:2,524万円
◎負債:22万円

◎収入:23万1,079円(そのうち公的年金が21万5,603円)
◎支出
・食費:6万5,789円
・光熱/ガス代:1万9,496円
・家具/家事用品:1万0,434円
・被服/履物:5,041円
・保険医療:1万6,163円
・交通/通信:2万5,232円
・教育娯楽 1万9,239円
・その他(理美容、身の回り品、交際費等)4万6,542円

65歳夫婦の平均貯蓄額が2,524万円と知り、衝撃を受けた人もいるかもしれません。

そんな金額を貯めるのは無理!という意味での衝撃だと思われます。

子育て・住宅ローン支払いが終われば、相応の金額が貯まるはずです。

退職金のある会社に勤務していれば、退職金が入りますから一気に貯蓄額が増えます。

さて今回の本題ですが、貯蓄より重要視すべきなのは支出の方です。

平均像と今の自分の支出を比較すると老後が見える

上記の引用では分かりにくいのですが、文章を見ると「夫婦2人の1ヵ月の消費支出は22万4,436万円、税金や保険料など、非消費支出が3万0,664万円」とあります。

つまり赤字が1万8,525円らしいのですが、どこをどう見たらこの赤字になるのか全然分かりません(苦笑)。

そこで引用内の支出を見て、自分の今の支出と比較してみます。

まず食費が6.5万円とかなり高いことが分かります。

二人で6.5万円は相当高いように思います。

私一人なら3万円くらいで収まります。

それから「その他」の4.6万円もかなり高いです。

私理美容、身の回り品、交際費等で4.6万円もかかるはずがありません。

交通・通信費は2.5万円となっていますが、現在で1万円もかかりませんから大きな心配はないでしょう。

光熱費は1.9万円となっていますが、私個人なら1万円程度まで抑えされます。

このように平均と自分を比較して、問題のありそうな費目をあぶりだしていけば、老後に入るまでに修正すべきポイントが見えてくるでしょう。

少々不安なワケは「医療費」「介護費」「住居費」の3点セット

ただし要注意となるのが、この支出以外です。

特に要注意なのは「医療費」「介護費」「住居費」の3つです。

ただ全員が全員安心だといえないのが難しいところ。あくまでも今までみてきたのは、「健康に暮らす夫婦」であることが大前提。厚生労働省によると、日本人の生涯医療費は約2,700万円。そのうち6割ほどが、65歳以降にかかる費用とされています。つまり、1,600万円ほどの医療費がかかることになります。

そして介護。長生きをすればするほど、介護サービスの利用が多くなりますし、高齢者施設に入居することも考えられます。その場合、入居金は別として、10~30万円ほどの月額料金がかかってきます。

さらに住まいについてはどうでしょうか。持ち家の場合、長く住んでいればそれだけ修繕が必要になります。経年での修繕のほか、災害などにより、突発的な出費もあるでしょう。

これら3つは平常時にはそうそう発生しないのですが、突発的に発生することになります。

介護費は一度発生したら、死ぬまで続く支出となるでしょう。

よって先述した単月の支出だけでは絶対に収まらないことを理解しておくべきです。

よって単月の赤字・黒字だけでなく人生トータルでどうなりそうかを見込んでおかねばなりません。

そう考えると「老後資金2000万円問題」はあながち外れてもいなかったと気づくことになるでしょう。

まとめ

以上『貯蓄額が平均2,524万円の65歳以上夫婦でも老後が少々不安なワケ』でした。

いかがでしたか?

毎月の収支だけを気にしていると、医療費、介護費、住居費を賄えない可能性があります。

老後資金を貯めておくメリットがここにあります。

老後のお金に不安があるなら少しでも早く貯め始めることをお勧めします。

以下関連記事です。

長い老後に向けての対策は無理な貯金よりも「長く働くこと」を優先すべきです。

森永卓郎氏はこれから「地獄の老後」が待っていると警鐘を鳴らしています。

老後へ向けて資金を貯めるためのテクニックを紹介しています。

スポンサーリンク