森永卓郎氏が警鐘「地獄の老後」「月々13万円の赤字」とは?

森永卓郎氏が警鐘「地獄の老後」「月々13万円の赤字」とは?

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

森永卓郎の記事なので煽りだろうと思って読んで、実際煽りでした。

しかし完全に無視することもできないと思います。

タイトルの「地獄の老後」とは、まさかの自分の著作でした。


「月々13万円の赤字」の意味

まずは冒頭に早速気になる一節が。

「充実した老後を送るためにはお金が必要です。そのための公的年金は現在、平均的サラリーマンと専業主婦の夫婦2人の場合、月額約21万円ですが、30年後には13万円まで下がります」と、経済アナリストで独協大学経済学部教授の森永卓郎さんは警告する。

私も年金がどんどん減っていくことには同意します。

しかし、ちょっと減りすぎの見込みではないかと思います。

この記事には13万円の根拠らしいものは見当たりませんでした。

そして13万円の赤字の意味は次の一節で判明しました。

では、年金で足りない生活費はどうするか。まず思い付くのが貯蓄をすることだが、2019年の金融庁の発表によると、高齢夫婦2人の年金収入が21万円に対し、支出が26万円で月5万円の赤字となっている。65歳から95歳までの30年間で計算すると2000万円近い赤字になり、補う資産は莫大だ。

「年金が月13万円に下がると月の赤字は13万円となり、30年間では4680万円の赤字となります。さらに長生きした場合に赤字はもっと増えます。65歳でその後の生活資金を蓄えておくことはほとんど不可能です」

なるほど、ここへ来ての「老後資金2000万円問題」。

「老後資金2000万円問題」は夫婦二人の年金収入が21万円に対し、支出が26.5万円で月5.5万円の赤字。

そして65歳から95歳までの30年間で約2000万円の赤字になるという話です。

もし年金が夫婦二人で13万円まで減ると赤字が軽く4000万円以上になるため、それだけの老後資金を貯めておくのは不可能というのが森永卓郎の説です。

少ない年金で困っている人はさほど多くない?

そもそも老後資金2000万円問題も、もし本当であれば現時点ですでに生活に困窮する高齢世帯が多数いても不思議ではないはずです。

しかし、そこまで困窮している声を多く聞くわけではありません。

私の両親も決して年金を多くもらってないはずですが、生活に困っている風には見えません。

要するに「収入なりの生活」でなんとかやっているということでしょう。

年金が少ないなら、少ないなりの生活をおくればよいだけの話です。

年金額が夫婦で13万円はかなり少ないですが、それはそれでやむなしです。

もし本当に年金が13万円になってお金が足りなくなったら、老後資金を貯めておかなかった自分が悪いわけだけです。

それにこれからの時代は年金だけでどうこうしようという考え方自体が古くなっていきます。

年金が少なく老後資金の蓄えがないなら働けばいい

これからの時代は60歳以降も働き続けることが推奨されます。

年金は65歳から支給開始されますから、65歳までは働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

受け取れる年金額が少ないのであれば、65歳以降も働き続けることで生活資金を補えます。

さらに65歳以降も働くことで年金を増やすことだって可能です。

働き続けられるうちは働いて、少しでも収入を得ることで年金不足を補うことを考えましょう。

30年後のことなど誰にも分かりませんが、備えあれば憂いなしです。

この手の記事は煽りだと言われますが、まさに煽りです。

一方で年金が減るであろうことは予想できることで、個人レベルで対策していくしかありません。

残念ながら国に多くを期待できないからです。

しかし多くの人はなぜか個人レベルでの対策をおこなうとしません。

地震に備えて防災グッズを買い集めるのに、老後に備えてお金を貯めようとしない。

不思議なものです。

私は老後も働き続けたいとは思いませんので、黙々と老後資金を貯めていくのみです。

まとめ

以上『森永卓郎氏が警鐘「地獄の老後」「月々13万円の赤字」とは?』でした。

いかがでしたか?

「地獄の老後」とは言い過ぎだし、「月々13万円」もの赤字は出ないように生活を切り詰めればよいだけの話です。

よって記事の信ぴょう性としては乏しい気はしますが、老後を心配する声と捉えれば無視することもできません。

老後に不安を抱える人はしっかり蓄財すれば良いのではないでしょうか。

豊かとまでは言えなくとも、特に不自由のない老後を送れれば、これからの時代はそれだけで十分「勝ち組」の人生と言えるはずです。


以下関連記事です。

働きながら年金をもらう。これからの時代の年金の新常識とは

老後のお金について知っておきたいことをまとめておきました。

年金に頼らず老後を乗り切ろうと思うと総額1億円かかるかもしれません。

スポンサーリンク