【注目】「FIRE」した1000人に聞いた、リタイア時の総資産は?

【注目】「FIRE」した1000人に聞いた、リタイア時の総資産は?

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

株式会社LENDEXというソーシャルレンディングの会社が行った調査結果のリリースからFIRE民の特徴を見ていきたいと思います。

早期リタイア時の総資産は2000万円未満が42%

今回の調査は早期リタイアした人を対象とした「早期リタイアと資産形成」に関する調査です。

実際に早期リタイアした人たちはリタイア時にはどれくらいの資産を持っていたのでしょうか?

リタイアするまでにかかった年数

結果はなんと「2,000万円未満(42.2%)」と回答した方が最も多くなりました。

次いで「2,000万円~2,999万円(14.6%)」「5,000万円~5,999万円(13.1%)」と続きました。

「5,000万円以上」の資産があった方は全体26.0%でした。

この結果は本当でしょうか?

潤沢な資産を形成した上で、精神的なゆとりをもってFIRE・早期リタイアに至ったわけではなく、「えいやっ!」と思い切って会社を辞めた人が多いのでしょうか。

ちょっと意外な結果でした。

リタイア前の資産形成は株式投資が最多

次に「リタイア前の給与以外の主な収入源は何でしたか?(複数回答可)」という質問に対する結果です。

リタイア前の給与以外の主な収入源

「株式投資(46.3%)」と回答した方が最も多かったです。

次いで「不動産投資(26.5%)」「副業(アルバイト、クラウドソーシングなど)(24.7%)」と続きました。

そして注目は「特になし(22.2%)」です。

給与以外の収入源もなく早期リタイアした人が4分の1近く存在しています。

なかなか思い切った人たちが結構な割合でいるようです。

リタイア後の主な収入源は株式投資

次に「現在の主な収入源を教えてください(複数回答可)」という質問に対する結果です。

リタイア後の主な収入源

「株式投資(50.4%)」と回答した方が最も多く、次いで「不動産投資(32.4%)」「FX(17.1%)」と続きました。

昨今のFIREムーブメントから考えると株式投資が最上位、次に不動産投資が来るのは予想どおりでしたが、FXがここまで多いのは意外でした。

私の想像をはるかに超えてFXをやって利益を得続けている人がたくさんいるということなのでしょう。

気になるのは「特になし(15.2%)」の存在。

一体どうやって収入を得ているのでしょうか?

もしかして1億円以上の金融資産があり、それを取り崩していくだけで十分ということなのかもしれません。

リタイア後の現在保有している資産は?

最後に「現在所有している資産を教えてください(複数回答可)」という質問の回答です。

リタイア後の現在保有している資産

結果は「国内株式(60.2%)」と回答した方が最も多く、次いで「投資信託(41.9%)」「外国株式(38.4%)」と続きました。

複数回答可ですから、どれか一つだけを所有しているのではなく複数をその人なりのバランスで所有しているということなのでしょう。

不動産を所有している人が3分の1以上いるというのも注目です。

不動産投資で収入を得ている人がそれなりに存在していることが分かります。

個人的には不動産投資やFXは手が出しづらいと思っているのですが、収益を得ている人も一定数いるようです。

手を出すならしっかりと勉強した上でトライしてみると良いでしょう。

まとめ

以上『【注目】「FIRE」した1000人に聞いた、リタイア時の総資産は?』でした。

いかがでしたか?

中には意外な結果もあったのではないでしょうか。

FIREに至るまでの道のりは千差万別。

最近は長期・分散・積立投資を推奨する記事が増えているように思いますが、本気でFIREを目指すならもっとリスクをとって短期間で資産を増やすことも検討しなければいけないのかもしれません。

あとは投資手法は人によって適性があるので、自分に適した手法を見つけ出せるかどうかも重要です。

そうなると人の意見に流されるのではなく、自ら勉強して自分なりの方法論を探しに行かなければいけません。

他人頼みから脱却しなければFIREなど夢のまた夢で終わるでしょう。

以下関連記事です。

大きな資産は安心をもたらすという意味で最高の精神安定剤と言えます。

FIREできる状態になっても意外とFIREしない人も一定数存在します。

FIRE生活を送る上では節約して支出を抑えることは重要と思われます。

スポンサーリンク