TKO木本の「5億円以上の投資トラブル」から学ぶべき教訓3選

TKO木本の「5億円以上の投資トラブル」から学ぶべき教訓3選

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

突然ビックリするような見出しでした。

「投資トラブル」と聞いてスルーするわけにはいきません。

早速見ていくことにしましょう。

TKO木本が番組出演を見合わせ

そもそも一体何があったのでしょうか?

記事の冒頭には次のように書かれています。

お笑いコンビ「TKO」の木本武宏(51)が、番組出演の見合わせをテレビ、ラジオ各局に申し入れていることが20日、分かった。収録済みの番組に関しても、出演シーンのカットを申し出ている。本紙の取材で、5億円以上にも及ぶ投資トラブルが背景にあることが判明した。

「5億円以上の投資トラブル」という文字が明らかに目を引きます。

投資トラブルの中身は以下の通りです。

テレビ局関係者によると、木本側は、申し入れの理由について投資トラブルを挙げている。同関係者は「親交のあるタレントや後輩芸人、スタッフらに“こんな投資があるよ”と声をかけて金を集めていたが、一緒に投資を進めていた人物と急に連絡がつかない状態になってしまったようだ」と説明。木本が集めた金は「5億円以上に上るが、木本さんの元には残っていない」(同関係者)といい、もはや返金できる状況にないもよう。関係者は「金額があまりに大きく、今後、警察沙汰になる可能性もあると聞いています」とし「展開によっては、出演見合わせでは済まない。事務所としては、契約解除に踏み切らざるを得なくなるかもしれない」との見方を示した。

これは困ったものです。

どうやら「仮想通貨などへの投資」と説明して投資話を持ち掛けていたようです。

先輩が声をかけてきたら芸人の世界だと断りづらかったのではないでしょうか?

7~8年がかりで5億円以上とは恐ろしい集金力です。

一体何人の人が被害に遭ったのでしょうか?

何の関係もありませんが心配になってきます。

TKO木本氏自身は結局事務所を退所することになりました。

本人からの申し出ということですから、本人も責任を感じているのかもしれません。

投資詐欺に遭わないよう気を付けるべき教訓とは?

では投資詐欺に遭わないよう気を付けるべきこととはいったい何でしょうか?

当ブログを普段見に来る人は投資に興味関心が少なからずある人が多いでしょうから「今さら何を」と思われるかもしれません。

しかし、投資には気を付けるべき点があるので改めて書いておきます。

投資詐欺に遭わないための教訓3選

1.楽して儲けようと思わない

2.知り合いにお金を預けない

3.分からないものに投資しない

まず「楽して儲けようと思わないこと」です。

お金儲けは簡単ではないことを理解していれば「絶対に儲かるから」という謳い文句に騙されることはありません。

簡単に儲かるはずがないのですから。

次に「知り合いにお金を預けない」ことです。

投資をするのであれば自分で開設した証券会社の口座だけ。

不動産投資なら物件購入を決めた会社とか。

個人にお金を預ける時点でアウトです。

最後に「分からないものに投資しない」ことです。

自分が分からないものにお金を出すほど怖いことはありません。

理解できないのであればやめておくべきです。

自分が騙されなくても家族が騙される可能性がある

「そんなのわかっとるわい!」と思う方ばかりだと思いますが、実はそう簡単な話ではありません。

自分は大丈夫と思っても、家族がどうなるか考えたことはありますか?

詐欺事件が起こるということは、騙される人が常に存在しているのです。

それが自分の家族になる可能性を否定できるでしょうか?

高齢者は狙われがちで、もし実家に親を残しているなら心配したほうがいいです。

私の経験では、母が実家に帰った際、以前はとっていなかった新聞が2つも増えていたと怒って解約してきた話をしていたことがあります。

新聞ならまだ月数千円で済みますが、これが投資の話だとしたら数千円では済まないはずです。

投資だけでなく特殊詐欺の話もまだまだニュースで目にすることがたびたびあります。

私の経験では、私の実家のド田舎で受け子が一人逮捕されたという話を聞きました。

受け子が家の近くに来ていたということは誰かと何かあったということでしょう。

特にこれからは「貯蓄から投資へ」と言われますから投資関連の犯罪が増えるような気がします。

投資などのリテラシーは自分だけでなく家族も含めて高めておかないと痛い目に遭ってしまう可能性がありますので気を付けましょう。

まとめ

以上『TKO木本の「5億円以上の投資トラブル」から学ぶべき教訓3選』でした。

いかがでしたか?

ニュースを見ていると「なぜ騙されるのだろう?」と思いますが、そう思った人がきっと自分も騙されてきたのでしょう。

「まさか自分が」という油断から来ているはずです。

少なくとも他人(金融機関含む)から投資話を持ちかけられたら、まずは断るようにしましょう。

以下関連記事です。

老後資金を一気に失う理由の一つが投資詐欺や不慣れな投資です。

あなたが騙されなくても親が騙される可能性だってあるわけです。

投資が怖い貯金好きは億り人を目指すべきではない4つの理由をまとめました。

スポンサーリンク

投資お金,投資,貯金

Posted by いわい