【準富裕層のリアル】40代独身男性の休日の過ごし方7選2022夏

普通のサラリーマンが貯金5000万円を達成したシンプルなメソッド

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

貯金ができない人はお金持ちと自分の違いがどこにあるのか、気になるのではないでしょうか?

それゆえにネット上にはいろいろなお金に関する記事が出回っていて、常に新しい記事が生み出されるのだと思います。

私は貯金できる人と貯金できない人の違いは時間の使い方、休日の過ごし方にあるのではないかと考えています。

そこで今回は”とある”準富裕層の40代独身男性休日の過ごし方から、いかにお金を使わないかを見ていくことにしましょう。

休日の過ごし方1.家事

まずはごくごく普通に「家事」です。

独身で一人暮らしならすべてのことを自分でおこなう必要があります。

掃除、洗濯、料理。

掃除は休日に簡単に済ませます。

トイレ掃除も平日はやる気力が起きず、週末に毎週1回実施。

洗濯は洗濯機を回すだけ、干すのは意外と苦にならないタイプです。

料理はほとんどしませんので、ご飯を炊いて、おかずはお惣菜を買いに行ったり、簡単な調理で済む程度のものにして時短を意識しています。

休日の過ごし方2.食品・日用品の買い物

続いて外出ですが、外出目的は「食品・日用品の買い物」です。

ほぼ外出しないため、日々の必需品の補充が外出の主目的です。

一人でどこかへ遊びに行くことはありません。

以前はそれでも多少は外出していたのですが、外出回数を一気に減少させた原因はコロナです。

コロナ禍に入り、リモートワークになったのを機に通勤手当が無くなりました。

よって定期券を失ったことになります。

定期券はその範囲内であれば無料で電車に乗れるので、休日も重宝していました。

しかし定期券が無くなると電車に乗るたびに電車賃を支払わなければいけなくなりました。

何よりコロナの感染対策で、他人との接触を避けるには電車には乗ろうとも思いませんでした。

よって外出は近所のスーパー・ドラッグストアくらい。

ここ2年半でプライベートで電車に乗った回数は両手で収まる程度しかありません。

休日の過ごし方3.ブログ

では外出せずに家で何をやっているのか?

まず第一はブログです。

当ブログの記事を休日にたっぷり書いております。

1記事書くのに2時間くらいかかりますから、3記事書けば6時間。

ほぼ休みの日がつぶれる格好です。

ブログを書くことは趣味みたいなものですから、特段苦になりません。

多くの人の役立てれば十分です。

休日の過ごし方4.仕事

続いて休みの日は「仕事」をしています。

もちろん平日に大半は済ませますが、どうしても休日にも気になってしまうことがあって手を付けたりします。

あとは、純粋にやらなければならないことをやったり、休日のうちに着手して、平日に早く帰れるように済ませたり。

そして仕事に関する勉強をしたりしています。

そろそろこの休みの過ごし方は卒業したいのが本音です。

休日の過ごし方5.スポーツ観戦

ここからは趣味的な時間の使い方です。

まずは最たる趣味である「スポーツ観戦」です。

ようやくヨーロッパサッカーが開幕して、各国リーグのチェックで週末が忙しくなってきました。

ただし以前と比較して観戦する試合数が激減しています。

理由は体力的に夜更かしできなくなってきたから。

生活のリズムがぶっ壊れて、次の日に影響を及ぼすため、通常起きている時間帯で見るようになりました。

あとは応援しているチームが負けるとストレス発散にならないのも観戦回数が減少した理由です。

秋になるとNBAが開幕しますので、秋以降の休日の午前中はバスケを見る時間が増えることになります。

休日の過ごし方6.テレビ・Youtube鑑賞

続いて趣味的な時間の使い方は「テレビ・Youtube鑑賞」です

基本的にお笑い・バラエティー番組好きなので、ひたすらチェックします。

1週間で10本以上は録画しているので、それを見ています。

ブログを書きながら見ることもあるので、あまり頭に残って無かったりします(苦笑)

Youtubeは番組を1本全部見ると時間がかかりますが、面白シーンだけをまとめているチャンネルも多いので重宝しています。

休日の過ごし方7.ネット麻雀

最後はここ最近の注目株です。

老後に向けて何か趣味があったほうが良いと思い、将棋に手を出してみたのですが、これが非常に難しい。

ルールはもちろん分かっていますが、実戦で戦うにはあまりにもレベルが低い。

定石を覚えたりしなければ強くなれないですから、本気で強くなろうとするにはかなり時間がかかりますし、勉強しても強くなれるかは分かりません。

そこで気づいたのが麻雀です。

麻雀はお年寄でも推奨されるようなゲームですから、これから残りの人生の趣味としては悪くないと思いました。

そこでネット上にある無料の麻雀ゲームをやってみましたが、さすがに弱い。

というわけで、オンライン麻雀で対人戦にチャレンジしてみました。

今のところ一般卓なら勝てるのですが、上級卓だとちょっと苦戦が続いています。

負けたときのイライラが半端ないので、そのあたりのストレスとの向き合い方は考えなければいけませんが、趣味としては悪くないです。

お金もかかりませんので、下手に外出するよりはマシかなと考えています。

まとめ

以上『【準富裕層のリアル】40代独身男性の休日の過ごし方7選2022夏』でした。

いかがでしたか?

やはり特徴的なのは、圧倒的に外出が少ないことでしょうか。

ある意味衝撃的な少なさで、「これなら貯金しなくていい」と思った人さえいるかもしれません。

少ない給与で大きな資産を作るには、これくらい極端にお金を使わないくらいでないと難しいのです。

以下関連記事です。

金融資産5000万円を突破した独身40代後半男性のセブンルールをご紹介します。

40代後半で貯金5000万円を貯めた男性にはいくつかの特徴があります。

普通のサラリーマンが貯金5000万円を達成したシンプルなメソッドをご紹介しています。

スポンサーリンク