「つみたてNISA」や「iDeCo」を相場が不透明な今こそ始めるべき3つの理由

「つみたてNISA」や「iDeCo」を相場が不透明な今こそ始めるべき3つの理由

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

投資を始めようかな?と思っても、タイミングが難しいと思っている人は多いかもしれません。

相場は上がったり下がったり、明日はどうなるか分かりません。

しかし、そんなことを思い始めたらいつまで経っても始められません。

今回の記事では投資を始めようか迷っているあなたに向けて、思い立ったら今すぐにでも始めるべき3つの理由がまとめられていました。

非常に参考になると思いますのでご紹介します。

積立投資のメリットを知るべし

「つみたてNISA」も「iDeCo」もどちらもいわゆる「積立投資」です。

ドカンと一括で投資信託を購入するのではなく、例えば毎月1回決まった日に購入し、数十年に渡り継続する投資手法です。

一括投資は、一般の人がイメージする投資です。

安いときに買って、高いときに売り、短期間で利益を出していこうとする手法です。

短期間で大きく儲けたいなら一括投資ですが、一括投資はタイミングが非常に重要です。

買ってから安くなっては損失が出てしまいます。

投資初心者はもちろん、ベテランも預言者ではありませんから、この先株価がどうなるかなど誰にも分かりません。

よってコインの裏表、2分の1の確率に賭けるような感覚で投資信託を買うことになります。

このように考えると一括投資はリスクが大きめの投資とも言えます。

そんな一括投資のデメリットを解消しようとするのが「積立投資」なのです。

投資を今始めるべき3つの理由は言い換えれば積立投資のメリットと言えるかもしれません。

理由1:どんなショックの時も数年経てば相場は回復してきた

投資を今こそ始めるべき1つめの理由は「どんなショックの時も数年経てば相場は回復してきた」事実があるからです。

下の図は2000年以降の全世界株の値動きです。

オルカンの推移

リーマンショックをはじめ、2020年のコロナショックなどわずか20年あまりの中で暴落を何度も経験してきましたが、それらを常に乗り越えてきた歴史的経緯があります。

もちろん今後も成長する保証はありませんが、期待はできると思います。

コロナショック明けの現在の株価は確かに高すぎる感はあります。

よって多くの人が不安を感じていると思いますし、現実にいつかは暴落すると思います。

それでも経済が成長している限り、数年がかりで株価は戻るのではないでしょうか。

現在投資をしている人たちは、将来の成長に賭けているのです。

理由2:安い時に多く買える

投資を今こそ始めるべき2つめの理由は「安い時に多く買える」ことです。

一括投資は一度に全額投資するタイプの手法です。

よって購入時がすべて。

運よく安い時に買えて、購入後に株価が上昇すればよいのですが、残念ながら確率は2分の1。

「買ったら株価が下がった」という経験をしたことが多い人も多いはずです。

そして下がりすぎれば不安になり、最後は商品を手放し、投資に嫌な思いを残して撤退するというのがオチです。

しかし積立投資なら株価の値動きについて楽しみが2つあります。

1つは株価が上がればプラスになります。

もう1つは、毎回同じ金額を積み立てる仕組みから、株価が下がっていればたくさん買えることです。

たくさん買えれば株価が上がったときの楽しみが増えます。

仮に今含み損を抱えていたとしても、数年経って株価が回復すれば、一気に含み損が解消される可能性があるのです。

理由3:待っていたらいつまでも始められない

投資を今こそ始めるべき3つめの理由は「待っていたらいつまでも始められない」からです。

一括投資は購入タイミングがすべてとも言えますが、積立投資はタイミングを選びません。

あくまで目標は数十年後です。

今買い始めたら株価は伸び悩み、含み損を抱えるかもしれません。

今が下がったとしても、数十年後には回復し、今より株価が上がっている想定をしています。

そう考えれば「思い立った今」が最適な購入タイミングと言えます。

まとめ

以上『「つみたてNISA」や「iDeCo」を相場が不透明な今こそ始めるべき3つの理由』でした。

いかがでしたか?

投資を始めようと迷っている人は、今すぐにでも始めてみましょう。

積立投資は少額から始められるのもメリットです。

損しても問題ない金額で始めてみるとよいでしょう。

ただし投資は自己責任であることだけはご認識ください。

以下関連記事です。

つみたてNISAの私なりのメリットをまとめてみました。

投資に対する恐怖心を解消するいくつかの方法をご紹介しています。

積立投資を早く始めれば「億り人」の仲間入りできるかもしれません。

スポンサーリンク