あなたは何個当てはまる?老後資金を貯めるのに投資してはいけない人12

あなたは何個当てはまる?老後資金を貯めるのに投資してはいけない人12

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

「プレジデント・オンライン」に掲載されていた、少し前の記事です。

ここ最近はすっかり「貯蓄から投資へ」の流れが定着したのか、投資をする人・興味を持つ人が増えたように思います。

しかし、残念ながら誰しも投資の適性があるかというと決してそういうわけではありません。

中には投資をやめておいたほうが良い人もいます。

一体どのようなタイプの人なのでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ←こちらのクリックをお願いします。

Youtubeチャンネルの最新動画を公開中です!
第10弾の動画は『アッパーマス層なんて大したことない!と言われてしまう5つの理由』です。資産形成で一段高いステージに上がったとしても、まだまだと思われてしまう理由をまとめてみました。
また、第9弾の動画『FIRE達成時の資産額はいくら?調査結果から分かった意外な金額』も公開してますので、併せてご覧ください。
おかげさまで、チャンネルのお気に入り登録者数がどんどん増えております。本当にありがとうございます。
まだの方は、よろしければお気に入り登録・高評価をよろしくお願いします。

投資してはいけない人12タイプ

早速ですが、記事に掲載されていた「投資してはいけない人12タイプ」をご紹介します。

あなたは当てはまるでしょうか?

投資をしてはいけない人12タイプ

1 10年以上、手を付けずにおいておける資金がない
2 投資をするのに目的など必要ない。とにかく儲かれば良いと思っている
3 信頼性の高そうなもうけ話には耳を傾ける
4 投資の手法について理解しているつもりでも、自分で何をやっているか、たまに分からなくなる
5 資金を1年後に2倍に増やしたい
6 投資のリスクとは元本割れや値下がりのことで、そのようなリスクは取りたくない
7 元本割れだけは絶対に嫌だ
8 証券会社または銀行の担当者のアドバイスだけを頼りにして売買している
9 今後の価格が上がるとか下がるとかの、将来の予測ができるかが重要である
10 「利回り10%で元本割れなし」の特別キャンペーンを勧められたら迷わず購入する
11 理屈を淡々と説明する担当者よりも、儲かりそうな商品をいろいろと提案してくれる担当者のほうを好む
12 手数料はなるべく安いほうが良いが、利益が出るならあまり気にしない

あなたは何個当てはまりましたか?

ちなみに私の回答は以下の通り

1 ×
2 ×
3 ×
4 ×
5 ×
6 ×
7 ×
8 ×
9 ×
10 ×
11 ×
12 ×

6と7について、もちろん元本割れや値下がりは嫌ですが、投資をするとなればこれは仕方のないことです。

資産減の可能性を受け入れられないのであれば投資すべきではありません。

ちなみに記事では3項目以上該当したら、投資には不向きとしています。

なぜ退職金を金融機関の言うがままに投資してしまうのか?

今回の「プレジデント・オンライン」の記事の元々のネタは退職金です。

退職金1500万円を金融機関の言うことを信じて全額投資し、半分まで減らしてしまった女性の話です。

なぜ金融機関の言うことを信じてしまうのでしょうか?

やはり「金融機関の人」という権威性で、ついつい信じてしまう人が多いのでしょう。

ほとんどの人は「もっとお金を増やしたい」という願望を抱いているはず。

そこに付け込むように金融機関の人が商品を紹介してくるのです。

言っては悪いですけど、詐欺に近しいものがあると思います。

金融機関からすればあなたが儲かろうが損しようが関係ないありません。

自分たち(金融機関)が儲かればよいのです。

「投資は自己責任」ですから、他人の言いなりにならないようにしなければいけません。

投資を当てにせず老後資金を作っていくべし

昨今は投資をやるのが当たり前になりつつあります。

大いに結構だと思います。

ただ、投資を当てにするのはいかがなものかと思います。

先のチェックテストの5番にもあるように、1年で資産を2倍にできるような投資はかなりハイリスクな投資です。

実際の利回りは数%程度。

当然マイナスになることだってあります。

過度な期待が投資に向けられているように思います。

むしろ支出を減らし、投資に回す金額を増やすといった基本的なことに注力すべきだと思います。

支出を減らすことは、老後の暮らしをミニマムに抑えることにもつながります。

中長期的に見れば、圧倒的に支出削減のほうが効果が大きいのではないでしょうか。

地道な貯金で資産を築けると、心のゆとりも大きくなります。

投資の力に頼っていれば、いつか訪れる暴落で一気に資産が減少します。

この資産における投資の割合は好みの問題や目指す目標などでも変わってきます。

自分にとっての最適解を導き出すためにも、他人の言いなりになっていてはいけないのです。

まとめ

以上『あなたは何個当てはまる?老後資金を貯めるのに投資してはいけない人12』でした。

いかがでしたか?

おそらく3個以上該当した人もいるでしょう。

その人は無理に投資せず、貯金で資産形成をしていけばよいのです。

資産形成は他人との競争ではありません。

時間はかかりますが、自分の目標を達成できるよう地道に頑張っていきましょう。

ついつい地道を忘れるから金融機関に騙されるのです。

以下関連記事です。

“投資の神様"ウォーレン・バフェットの言葉は簡単そうで実行するのは難しいです。

新NISA制度の1800万円でFIREできるほど世の中甘くはありません。

投資は現役時代からやっておくべきです。無知で退職金を金融機関の言うがままに投資に回すと、痛い目を見ます。

Youtubeチャンネルの最新動画を公開中です!
第10弾の動画は『アッパーマス層なんて大したことない!と言われてしまう5つの理由』です。資産形成で一段高いステージに上がったとしても、まだまだと思われてしまう理由をまとめてみました。
また、第9弾の動画『FIRE達成時の資産額はいくら?調査結果から分かった意外な金額』も公開してますので、併せてご覧ください。
おかげさまで、チャンネルのお気に入り登録者数がどんどん増えております。本当にありがとうございます。
まだの方は、よろしければお気に入り登録・高評価をよろしくお願いします。

スポンサーリンク