老後2000万円問題は心配無用。普通の人なら老後資金は何とかなる

老後2000万円問題は心配無用。普通の人なら老後資金は何とかなる

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

「老後資金2000万円問題」が登場したのは2019年のこと。

2019年といえば、令和に改元した年です。

早いものですね。

「老後資金2000万円問題」が登場して以来、不安を煽る記事が多い中、今回は「大丈夫だ」と主張する記事になっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ←こちらのクリックをお願いします。

普通の人の老後資金は何とかなるらしい

まずは"普通の人"なら老後資金はなんとかなるという根拠から。

まず、考えてみましょう。今の高齢者の多くは、何とかなっています。彼らも現役の頃は不安だったはずなのに、何とかなっているのです。

それならば、自分も何とかなるような気がしませんか。

あ、根拠は何もありませんでした。

雰囲気ものです。

標準的なサラリーマン(男女を問わず、公務員等を含む、以下同様)と専業主婦(専業主夫を含む、以下同様)の夫婦は、老後に毎月22万円程度の年金が受け取れます。贅沢はできませんが、暮らしていくだけなら何とかなりそうですね。

そうですね。

一応の確認ですが、「老後資金2000万円問題」は「ゆとりある老後を送ろうと思えば2000万円足りません」という意味であって、最低限の生活をするためには2000万円足りないという意味ではありません。

よって、確かに指摘の通り「暮らしていくだけ」なら何とかなるかもしれません。

記事内で指摘している「普通の人」以外で言うと、非正規労働者。

年金の少なさが原因でしょう。

同様に年金が少ないであろう自営業者は、定年がないので老後も働き続ければよいとしています。

老後不安の正体は何か

人はなぜ老後に不安を覚えるのでしょうか?

最大の原因は「未知」なのでしょう。

一体どうなるか分からない。

読めないことが多すぎます。

「無知」の可能性もあるでしょう。

「年金がなくなるかもしれない」と思っている人がいれば、まさにそれ。

年金自体がなくなる可能性は極めて低いです。

ただし受け取れる年金額がどうなるかは別問題。

それでも不安の原因は調べれば解消できる可能性もあります。

ちなみに私の場合、老後不安の原因は「年金」と「物価」と「ひとりであること」でしょうか。

「年金」と「物価」はリンクしていて、年金の範囲内で生活できるかどうかは今後の物価がカギを握っています。

「ひとりであること」は、どう対策をとろうか模索中。

施設に入ることが正しいことなのかも分かりません。

認知症リスクもありますから、不安要素は数え上げればキリがないです。

世の中には不安を煽る人が多い

1点だけ理解しておくべきことがあるとすれば、「世の中には不安を煽る人が多い」ということでしょう。

その中には私も含まれるわけですが(笑)

ネットの記事で老後に関するものが非常に多いのは、老後に関心を抱いている人が多いから。

そして多少過激と言うか過剰なタイトル・中身にすれば、目を引くからです。

その煽りをまともに受けてしまえば、それは不安になるでしょう。

記事内でも指摘していますが、これは受け手側の問題でもあります。

この「不安」に乗じて詐欺商品を売りつけようとする輩もいます。

実際、詐欺の被害に遭う人は後を絶ちません。

これは正しく不安と向き合えていない、そして無知や欲が招く悲劇と言ってもよいでしょう。

長く生きるには不安をやりすごす「鈍感さ」も必要です。

まとめ

以上『老後2000万円問題は心配無用。普通の人なら老後資金は何とかなる』でした。

いかがでしたか?

老後資金は誰しも不安でしょうが、気にしすぎても仕方ありません。

不安ならお金を貯めればよいだけの話。

あとは「なるようにしかならない」と未来を受け入れなければならないのでしょう。

以下関連記事です。

年金博士は老後を公的年金のみで暮らしていくのは不可能と断言しています。

資産5000万円以上で備えが万全でも老後不安は尽きません。

老人ホームにかかった費用など老後に関するTwitterでの興味深いつぶやきを集めてみました。

突然ですが、Youtubeチャンネルを開設してみました!
最初の動画は『40代で金融資産5000万円を達成した7つのステップ』です。
まだクオリティが低いですが、がんばって作ってみました。
今後少しずつ改善できればと思っております。
よろしければお気に入り登録・高評価をよろしくお願いします。

スポンサーリンク