2020年5月の月末資産残高。ついに4400万円を突破!

2020年5月の月末資産残高。ついに4400万円を突破!

どうも。『毎日が祝日』いわいです。

ついに緊急事態宣言が解除されましたが、相変わらず外出自粛を続けています。

リモートワークがもう少しだけ続く生活となりそうです。

そんな中、2020年5月は優秀な家計となりました。

5月の貯金額は40万円オーバー

まず5月単月の収支を見ると、プラス40万4千円となりました。

4月が34万8千円でしたから、5万6千円も増えています。

理由は2つ。

1つめは、残業手当の大幅な増加です。

本来発生しないはずの深夜や土日の業務が大量に発生してしまったのですが、会社側がこれに対して手当を支給してくれました。

そのため、通常月よりも給与が多く支給されました。

2つめは、プロバイダのキャッシュバックです。

昨年、部屋で利用しているインターネットのプロバイダをUQ wimaxからSo-net光へ価格.com経由で乗り換えたのですが、そのキャッシュバックが5月に発生し、2万3千円も戻ってきました。

この2つの理由で収入が大きく増え、支出はほぼ変わらなかったため、5月は約40万円の貯金増となりました。

やはり貯金が多くできれば、資産の増加スピードは速くなります。

多くの収入と少ない支出。

これは高額貯金の絶対条件です。

2020年5月の配当金・分配金は2.63ドル

続いて、保有している米国株の配当金・分配金です。

2020年5月に振り込まれた米国株の配当金・高配当ETFの分配金は、2.63ドルでした。

以下が5月に振り込まれた銘柄です。

ティッカー銘柄名金額
(ドル)
PMフィリップモリス0.11
AGGiSコア 米総合債1.05
VZベライゾン0.47
TAT&T0.40
PGP&G0.60

まあ、この程度でしょう。

追加投資はVYMのみでしたので、配当金・分配金が増加することはありませんから。

ここまでの配当金・分配金の推移は以下のグラフのとおりです。

配当金・分配金の推移

5月の少なさよりも、次に6月でまた配当金・分配金が多い月であることのほうが楽しみです。

あと、分配金・配当金があまり増えていない理由は、コロナショックの影響で追加投資に慎重だからです。

そもそもメンタルが弱く、リスク許容度が小さいため、4000万円を超える貯金がありながら、投資にはほとんど回せておりません。

そして、リーマンショックのときの大底が半年後に来たことを考慮し、株価が回復基調であっても思い切った追加投資ができずにいます。

「Sell in May and Go Away」 (5月に売って、逃げのびろ、相場から離れよ)という格言もあります。

米中対立も激しくなりつつありますので、今後もしばらくの間は思い切った追加投資はせず、様子を見ていく予定です。

2020年5月末時点で4418万円

結果として、2020年5月末時点での総資産は4418万円となりました。

おかげさまで新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けながらも、会社の業績は大きく下がることなく、給与はきちんと振り込まれておりました。

そして、株価が下がることなく堅調に推移したことで、保有していた株の評価額も下がりませんでした。

そのため、資産が大きく減ることはありませんでした。

ただ、米中対立の状況が悪化しそうですから、6月はちょっと心配です。

まあ、長期的に見ればきっと上がるはずですから、ここは我慢の時期かもしれません。

そもそも、コロナショックで暴落したときのことを考えれば、現在の株価は信じられないほどの回復ぶりです。

再度下がったとしても何ら不思議はありませんので、逆に今の株価はラッキーくらいに思っておくことにします。

そのほうが精神的にはストレスなく株を保有できそうです。

5月は水道料金が上がっていたことに気づく

3月終わりからリモートワークでずっと自宅にて仕事をしておりました。

そのため水道光熱費が増えることは間違いないと思っていました。

電気代は4月中に増加を確認できましたが、水道料金は5月に入ってから請求が来て、確認できました。

今回の水道料金の請求額は、前回請求額の1.4倍になっており、私が記憶する限り、過去最高レベルではないかと思います。

ただ、トータルの支出は外出自粛事前のほうが多いことを考えると、やはり水道光熱費より食費のほうが大きいことがよく分かります。

このままいくと、私の会社は6月半ばで出社の運びになりそうですので、水道光熱費は下がり、食費が上がることになりそうです。

まとめ

以上『2020年5月の月末資産残高。ついに4400万円を突破!』でした。

いかがでしたか?

やっと4400万円を突破し、5000万円まで600万円を切りました。

順調に推移すれば、5000万円到達は2022年1月です。

仕事のモチベーションが上がらず、精神的にはきつくなっていますが、もうしばらくの辛抱です。

スポンサーリンク