おひとり様50代「みんな、どのくらい貯金しているのか」

おひとり様50代「みんな、どのくらい貯金しているのか」

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

人生後半に差し掛かると、若い頃は朧気だった老後がリアルになってきます。

「年金はいくらもらえるのだろうか?」

「老後はどこに住もうか?」

「何歳まで生きられるのだろうか?」

様々なことを考えるようになりました。

いろいろ考え始めたタイミングで見かけた記事がこちら。

おひとり様50代「みんな、どのくらい貯金しているのか」

今日はこちらの記事について見ていくことにします。

50代・おひとり様世帯の貯蓄事情

まずは50代・おひとり様世帯の貯蓄事情ということで、調査結果のデータからご紹介です。

今回の調査結果は毎度おなじみ金融広報中央委員会が公表する「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]令和2年調査結果」からの抜粋となっています。

最新のデータをご覧ください。

50歳代・単身世帯:金融資産保有額

※金融資産を保有していない世帯を含む

平均:924万円
中央値:30万円

〈内訳〉
• 金融資産非保有:41.0%
• 100万円未満:10.4%
• 100~200万円未満:4.8%
• 200~300万円未満:3.3%
• 300~400万円未満:3.5%
• 400~500万円未満:2.8%
• 500~700万円未満:5.3%
• 700~1000万円未満:5.6%
• 1000~1500万円未満:5.3%
• 1500~2000万円未満:3.0%
• 2000~3000万円未満:4.3%
• 3000万円以上:7.6%

まず多くの人が驚くのではないかと思うのは、金融資産非保有が41.0%いるということでしょうか。

50年生きてきて貯金できないというのは、本当なのか?という感想が正直なところです。

私の想像力不足のところもあるのでしょうが、にしてもです。

退職金をもらえる職場に勤務している人ならまだしも、そうでない場合に貯金なしでは老後どのように生きていこうとしているのでしょうか?

住宅ローンを払い終えたり、子供が大学を卒業したりして、人生最後の「貯めどき」に入った人であれば、最後の10年間で一気に貯められる可能性もあるでしょう。

ただ、このデータは単身者ですので、多くの人は子供がいないと想定できます。

にもかかわらず貯金ができていないとなると、その人からすると余計なお世話かもしれませんが、本当に心配になります。

50代おひとり様で貯金ゼロを回避するには

貯金に関する考え方は人それぞれかと思います。

私は貯金したい派ですので、とにかく貯めてきました。

貯められない人と貯められる人には決定的な違いがあると思っています。

それは「本気で貯金するために、お金を使うのをやめるかどうか」という意思だと思っています。

貯金とは非常に簡単なことです。

お金を貯めるには、「お金を使わなければいいだけ」だからです。

収入-支出=貯金」ですから、支出を減らせばよいという簡単なことです。

よって、早い年齢で気づいて実行できれば、貯金が多くなる可能性があります。

もちろん40代になってからでも遅くはありません。

700万円以上の年収に到達した人なら、支出を減らせば3年で1000万円貯金することも可能です。

ただし年収の低い人は苦しいかもしれません。

収入-支出=貯金」ですから、収入が少なすぎれば貯金はできないからです。

現在より年収の高くなる仕事を探してください。

年収400万円あれば1年間で100万円貯金できる可能性は十分あります。

投資に安易に頼るな

最近は、投資を推奨する人も増えているように感じますし、実際投資を始めた人も多いのではないでしょうか。

投資は貯金(資産)を増やすスピードを上げてくれます。

ただ、私はあまり投資を安易に始めることを推奨していません。

理由は簡単で、投資はやり方を間違えると損するからです。

毎月安定して貯金できるようになってからでも遅くはありません。

投資は投資する金額が大きいほどリターンが大きくなるわけで、1万円が1000万円まで膨れ上がってくれるようなことは、まずないからです。

あとは、どのような戦略で投資するかです。

そこは各自で勉強して、チャレンジしてみましょう。

NISAやiDeCoなど投資を優遇する制度も整ってきましたので、投資をやりたい人なら利用しない手はありません。

まとめ

以上『おひとり様50代「みんな、どのくらい貯金しているのか」』でした。

いかがでしたか?

私は50代で貯金なしが多いことに衝撃を覚えましたが、みなさんはどうだったでしょうか?

貯金の本質があまりにも簡単なことに気づき、いち早く行動に移せるかで老後資金がどうなるかが決まってきます。

貯金したいのであれば、早く始めることをお勧めします。

スポンサーリンク