長財布や黄色い財布を持ってもお金持ちになれない単純な1つの理由

長財布や黄色い財布を持ってもお金持ちになれない単純な1つの理由

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

ネットでお金に関する記事を眺めていると、よく見かける種類のものがいくつかあります。

その中の一つが「財布」です。

お金持ちは長財布は本当なのか?

「お金持ちは長財布を持っている」という都市伝説(?)は、一冊の本から誕生したと思っています。

確かなかなかのベストセラーになったはず。

著者は税理士ですからそこそこ収入のある人だったのではないかと思われます。

その人が500人以上の社長の財布を調べたところ、以下のような共通点が見られたそうです。

1.長財布
2.カードとお札だけでスッキリしている
3.新品同様でオーラがある

よってお金持ちになるなら長財布が良いという話になったのです。

また、同じ著書の中で「年収200倍の法則」=「財布の購入価格×200」の数字が持ち主の年収になるという話もありました。

確か当時の私は「だったらもっと高い財布を買おうかな?」とちょっと考えたくらいです。

実際は買いませんでしたが。

では小金持ちである私がどのような財布を使っているかというと、二つ折り財布です。

お札、小銭、カード、それぞれを入れてます。

お金持ちの基準が分かりませんが、長財布でなくとも小金持ちくらいにはなれるということを私自身が証明しています。

黄色い財布を持つとお金持ちになれる?

「お金が貯まるように、黄色い長財布にしたんですけど、貯まりません」

真剣にこんな質問をしている人がいるようです。

どうやら風水の世界では黄色は金運を上げてくれるカラーとのことです。

そのため黄色い財布を持つと金運がアップすると言われています。

先ほどの長財布と合わせれば、黄色い長財布を持つと最強となるのでしょう。

しかし、実際に黄色い長財布を持っている社長は皆無に近かったのではないでしょうか。

ちなみに貯金5000万円間近の小金持ちはブラウンです。

黄色の財布は買おうと思ったことがありません。

男が黄色の財布ってちょっと。。

小金持ちぐらいであれば黄色の財布でなくても到達可能であることも証明しております。

大事なのは財布自体ではなく「お金や財布の使い方」

要するにお金持ちになれるかどうかは財布の問題ではないということです。

大事なのは財布自体ではなく「お金や財布の使い方」です。

せっかく稼いだお金をあっさり手放し、ものに変える行為を多々行う人がお金を大切にしていると言えるでしょうか?

買い物をした後のレシートを財布の中に突っ込んだまま、使わないポイントカードでパンパンになった財布は、財布自体を大切に扱っていると言えるでしょうか?

私はそうは思いません。

お金が大切だからこそ自分の手元にずっと置いておきたいです。

財布の中には不要なものを入れておきません。

ちなみに冒頭で紹介した長財布を推奨したベストセラーの本もスピリチュアル的な匂いを感じさせつつも、お金を大切に使うことを推奨しています。

長財布を持っていたところで、宵越しの金は持たないような使い方をしていれば、そりゃお金が貯まるはずもありません。

結局は自分の意識と行動の問題なのです。

長財布はキャッシュレス時代には時代遅れ

さらに時代はキャッシュレス決済の時代に突入しました。

支払の中心はいまや現金ではなくクレジットカードやスマホ決済です。

そんな時代にどでかい長財布を持ち歩いているのはダサくないですか?

むしろコンパクトな財布のほうが時代にマッチしているように思います。

最低限のお札と最低限のカードと最低限の小銭が入れば十分です。

ごつい長財布を持つことがよいのかどうか考えるべきでしょう。

まとめ

以上『長財布や黄色い財布を持ってもお金持ちになれない単純な1つの理由』でした。

いかがでしたか?

財布を変えただけでお金持ちになれるなら苦労はありません。

お金が貯まらないと悩んでいるのなら、財布を気にする前にお金の使い方を見直しましょう。

以下関連記事です。

お金持ちの習慣を小金持ちもやっているのか調べてみました。

お金が貯まらない人が見直すべきは自分の習慣であることを理解しましょう。

パンパンな豚財布ではさすがにお金は貯まらないという話です。

スポンサーリンク