「わざわざGWに旅行する人はお金が貯まらない」1億円貯まる人が旅の代わりに連休中にしていること

「わざわざGWに旅行する人はお金が貯まらない」1億円貯まる人が旅の代わりに連休中にしていること

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

ゴールデンウィーク明け一発目の記事としては面白い記事だと思いました。

ちょっと引っかかるタイトルですが、何となく言いたいことは分かるので、まずは中身を見ていきましょう。

お金持ちは“逆張り”の生活をおくっている?

気になった一節はこちら。

もちろん、医師や会計士などの専門職の人は、長期で休暇がとれる時期は限られており、平日に出かけるのが難しいので、やむをえずGWに出かける人もいます。そうした事情がある場合は別ですが、基本的には他の人が旅行に出かけない時期にゆっくりと出かけています。旅行に限らず、お金持ちは一般の人とは逆張りの暮らしをしているのです。

そもそも多くの人は平日仕事ですから、休みは土日祝日となるのが基本です。

となるとゴールデンウィークはめったに取れない長期休暇の取得が可能となる期間です。

したがって旅行に行くなら絶好のチャンスです。

ですから心身ともにリフレッシュする目的で旅行に行くのは何ら問題ないでしょう。

例えば他に趣味は無く、唯一の趣味が旅行で、毎年貯金はしていて、かつゴールデンウィークに旅行に行くために別途旅行用のお金を貯めているという人であればよいのではないでしょうか。

また、もし多くの人も他の期間に長期休暇を取れるなら、あえて混雑するゴールデンウィークは避けるのではないでしょうか。

したがって、お金持ちは逆張りの生活をおくっているというより「お金持ちになったから逆張りの生活ができるようになった」というのが正しいような気がします。

ゴールデンウィークに散財した人は要注意

もし、あなたが貯金したいと思っているとしてゴールデンウィークに散財したとしたら要注意です。

今回の記事で筆者が言いたいことは「ゴールデンウィークだからと言ってお金持ちは散財しません」ということなのかなと思います。

記事中に登場する「身近なお金持ちの3つのタイプ」がそれを示しています。

3つのタイプとは①節約家タイプ、②投資家タイプ、③高収入タイプです。

そのうち①節約家タイプと②投資家タイプはお金を使わないことを指摘しています。

そもそも「お金持ち」とは「お金を使わずに持っている人のこと」であることに気づくべきです。

そして持っているお金を投資に回して資産を増やしていくのが②投資家タイプです。

実際、記事中にも以下のような記載があります。

投資家タイプはあまり消費に興味を示しません。お金を使うくらいなら、1円でも多くを投資に回したいと思っています。金額にかかわらず、1円、10円であっても無駄遣いはしたくないのです。ただ、お金を使う時でも投資だと思えることには思い切って使うこともあります。

もちろんすべての投資家タイプのお金持ちが旅行しないわけではありません。

②投資家タイプや③高収入タイプは、可処分所得も多いため、旅行にも惜しみなくお金を使う人もいます。こういうタイプの人たちには、海外に銀行口座を開く、不動産を買いに行くという旅行も少なくありません。

一方で節約家タイプは旅行に出かけない人が多いとしています。

しかし、①節約家タイプは違います。そもそも旅行に出かけない人も多いですし、出かけるにしても、会社の保養所を利用したり、住所地の市区町村の施設を利用したりして、出費を抑えながら、楽しんでいる人が多いです。公共の施設が取れなかったから、高額なホテルを利用するようなことはありません。

ただし、これはあくまで3つのタイプに分類した例の話であり、すべてのお金持ちがこれに該当するかと言えばそんなこともないでしょう。

ちなみに私は①節約家タイプで、旅行に全く興味がありません。

お札の向きを揃えるよりお金を使わないことを真似してみたら?

ネット上の記事を見ていると、いまだに「長財布を持った方が良い」とか「お札の向きを揃えたほうがよい」とか、オカルト的な記事を見かけます。

私は金運とか信じてないです。

お金をしっかり稼いで、手元に入ったお金を手放さないよう大事に使っていれば、おのずの貯まるものだと思っています。

家計簿の書き方とか袋わけのテクニックとかを学ぶのではなく、お金を使わずとも満足した生活のできるマインドを真似ていくべきです。

ストレスの溜まらないようにする、きちんと睡眠をとる、朝食を食べるとか、実は日々の習慣のほうが大事だったりすることに気づけると思います。

お金が貯まる人は連休中にしていること

ちなみに、お金の貯まる人たちは連休中に何をしているのでしょうか?

答えは記事の最後のほうに書かれていました。

たとえば、東京に住むお金持ちなら、近くでおいしいものが食べられるレストランはたくさんあります。映画や演劇、コンサートを楽しむことができます。

大きな公園でジョギングや散歩、バーベキューなどをするのもいい。都内はいつもより空いているので、ゆったりと楽しむことができるはず。自分の好きなことを近場で存分に楽しんでいるでしょう。

そういえば、私の家の近所でも庭でバーベキューをしている人がいました。

近くを通ったらお肉を焼くいい匂いがしてきました。

大金を使わずとも楽しめるレジャーは身近にたくさんありますよ、ということです。

ちなみに私は仕事をしていました。

みんなが休んでいる間に仕事をし、ゴールデンウィーク明けは定時で帰宅する。

まさに「逆張り」です(笑)。

まとめ

以上『「わざわざGWに旅行する人はお金が貯まらない」1億円貯まる人が旅の代わりに連休中にしていること』でした。

いかがでしたか?

お金の使い方は人それぞれですから、最終的には本人が納得できる使い方なのであれば私は問題ないと思います。

ただし、お金を貯めたいと思っているのであれば話は別です。

使いどころが肝心であり、ゴールデンウィークでの旅行による散財は適切ではないと言う人が多数派を占めると思います。

貯金できないと嘆いている人は、お金持ちの思考に少しでも触れて、自分たちとのズレを認知するとよいでしょう。

以下関連記事です。

節約下手はなぜか食費の節約から取り組みます。

億り人とはどのような人たちが多いのか、共通点を調べてみました。

お金が貯まらない人と50代で1億円貯めた人には決定的な違いがあります。

スポンサーリンク