資産1.2億円!FIRE達成者47歳に聞いた驚きの貯金術「節約のコツは“贅沢”」

資産1.2億円!FIRE達成者47歳に聞いた驚きの貯金術「節約のコツは“贅沢”」

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

FIRE界隈ではおなじみ"おけいどん"さんの記事です。

FIRE達成者は投資もさることながら、節約に長けていて、支出の少なさのほうが際立っています。

今回は支出の少なさの秘訣をおけいどんさんの記事から探っていくことにしましょう。

47歳で「億り人」の仲間入り

まずは"おけいどん"さんの簡単なご紹介から。

2年前に投資で資産1億円を達成し、47歳でサラリーマン生活をやめてFIRE(経済的自立と早期リタイア)を達成した桶井道氏。

「現在は配当金15万円のほか、ブログや印税など月に41万円の収入があります。生活費に10万~12万円を使い、残りはさらに投資に回すという状態。こうした“適温生活”の基礎となるのが節約です」

ブログなどで知っている人がいるかもしれません。

私も存じ上げております。

以下のような本も出版しております。


2022年8月には第2弾として米国ETFの本も出版されておりました。

それにしても配当にブログに印税で月収41万円とはすごいですね。

飲み物代と通信費は極限まで節約

誰にでもすぐにできる節約術として飲み物代と通信費の節約術が紹介されています。

まず飲み物代の節約術は次のように紹介されていました。

「学生時代から出かける際は必ずマイボトルを準備。外では飲み物を買いません。一日500円を節約すれば1年で18万円。これを年利5%で投資に回せば43年後には2716万円。老後2000万円問題も解決しますよね」

飲み物は頻繁に買うことがあると思いますが、だからこそ節約ポイントが潜んでいます。

そもそも飲み物を買わないだけで簡単に支出を削減できます。

ちなみに私も飲み物を買いません。

普段から水ですし、会社でもオフィスのウォーターサーバーの水で十分です。

ですから飲み物にお金はかかりません。

続いて通信費ですが、こちらは毎度おなじみの方法です。

「手続きが面倒だからと大手キャリアで契約を続ければ大損。格安キャリアに替えれば月4000円の節約。年4.8万円のお金が生まれます」

格安スマホに変えれば通信費は大幅に抑えられます。

各々が自分のスマホの使い方に応じて適した通信費になるよう手を打つべきです。

贅沢を1つだけ許すことで欲を“適温に”コントロール

そして「節約のコツは上手に贅沢すること」だと語っています。

「長続きする節約の秘訣は①明確な目標を持つこと、②自分への贅沢をひとつだけ許すこと。プチではなく、自分が本当に価値を感じる贅沢です。例えば3つ星ホテルに2~3回行くなら5つ星に1回行くほうが満足度も高く、学ぶことも多い。

欲を“適温に”コントロールして、次なる目標の60歳で資産額1億5000万円、年間配当金240万円を目指します」

なるほど、なんでもかんでも節約で、あらゆることを我慢するより、何かしらは許してあげるとのこと。

多くの人は一つだけを許すことができず、なんでもかんでも許してしまうに至りがち。

よって支出が多くなり、お金が貯まりません。

FIREを目指すのであれば資産を増やす必要があります。

収入を増やすのみならず支出を減らし、投資に回し、資産増加を図る必要があるのです。

人生も資産運用もゴールベースで考える

一見すると息苦しい生き方にも思えますが、これは目先のことだけを考えていたら実行し続けるのは難しいでしょう。

そこでおけいどんさんの他の記事を見ると「ゴールベースで考える」と語っています。

おけいどんさんの人生のゴールは、60歳でシニアマンションに入居すること。

そして資産運用のゴールは「資産1億5000万円、配当金年間240万円」だそうです。

このような大目標を立てれば、あとはその実現のために1年ごとの小目標を立て、小目標を達成すべく貯金なり資産運用なりをしていくことになります。

1億円以上の資産ともなれば、簡単に貯まるような金額ではありません。

急いで目標を達成すべくリスクの高い投資を行いたくなるかもしれませんが、推奨はしません。

地道な積立投資でコツコツを積み上げていき、複利の力を借りて大きく育てていきましょう

遠回りかもしれませんが、凡人にとってみれば結局これが最短ルートになる可能性があります。

またゴールベースで考えることで、多少の株価の変動にもブレずに対応することができるはずです。

「FIREしたい」と考えている人は「なぜFIREしたいのか?」を改めて考えてみるのがよいのではないでしょうか。

まとめ

以上『資産1.2億円!FIRE達成者47歳に聞いた驚きの貯金術「節約のコツは“贅沢”」』でした。

いかがでしたか?

貯金のために節約に走る人は、ひたすら支出削減に走り勝ちですが、それだと本当に息苦しくなり、長続きしません。

どこか一つだけ許してあげるポイントを作ることでガス抜きができ、心のゆとりをもたらしてくれます。

支出にメリハリをつけることで、長期に渡り節約生活を維持できるよう心掛けましょう。

あとはしっかりとした目標次第です。


以下関連記事です。

FIREしたいと考えている人たちは意外なほど少数派でした。

FIREで後悔しないための5つのポイントを挙げています。

早期退職で万全の準備をすべく5つのポイントをまとめました。

スポンサーリンク