FIREは人生の最終目的ではない!「達成後の生き方」こそが大事

FIREは人生の最終目的ではない!「達成後の生き方」こそが大事

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

40代前半、3児の父にして2021年にFIREを達成した、みもじさんの記事です。

みもじさんに関しては以前一度取り上げたことがあります。

今回はFIREにおける本当に大事なポイントについていくつも書かれていましたので、参考になる人も多いかと思いご紹介します。

FIREの計画4ステップ

まずは計画編。

目標を達成しようと思ったら、まずは目標達成までの計画を立てるのは当然のことです。

計画無くしてFIREの実現はありません。

お金が貯まらない人は、そもそも目標や計画をきちんと立てているのか、よく考えてみるべきです。

みもじさん提唱の計画の立て方4ステップは以下のとおりです。

1.まず、家族で目標を話し合う
2.焦らず無理のない、長続きする計画を立てる
3.自分の価値観(人生)を大切にして、お金を使うところと使わないところを明確に
4.ライフマネープランシートを作り、収入・支出・ライフイベント・資産額を把握する

私のような独身は自分で決めればよいのですが、家族がいる場合は話が変わります。

家族の理解と協力なくしてFIRE達成とその後の生活は難しいと思います。

この計画が適切なものかどうかが今後を大きく左右することになるでしょう。

FIREを目指すためにするべき6つのこと

次にFIREを目指すためにすべきことが6つ紹介されていました。

一気にご紹介します。

1.自分の価値観を大切にする
2.浪費を「すべて」投資へ
3.臨時収入はそのまま投資へ
4.習慣化する
5.モチベーションを維持する
6.志が同じ人を見つける

2と3が肝のような気がします。

とにかくできる限り投資に回して資産を増やす。

昨今は我慢の時期かもしれませんが、とにかく投資を続けていずれ増えるのを待つ。

5と6はどうでしょう。

私は一人で黙々と継続できるタイプなので不要ですが、モチベーションを維持するために何か必要なのかなと。

何かをしないとモチベーションを維持できない時点で本気でFIREする気はないのかなと思ってしまいました。

FIREを目指すためにしてはいけないこと

あとはFIREを目指すために「してはいけないこと」も紹介されていました。

以下の2つです。

1.収入が増えた分、支出を増やす
2.無理だとあきらめる

1はFIREに限らず、資産を増やす上で当たり前のことです。

「給料が増えたら〇〇を買いたい」というタイプの人はFIREや資産形成は向きません。

給料が増えたら貯金・投資額を増やすようにしなければいけません。

諦めるのはダメですよね。

安西先生も言っていました。

諦めたらそこで試合終了ですよ。

FIREは最終目的ではない。リタイア後の生き方こそ大事

そして最後にFIRE後にどのように生きるかを考えることの重要性を語っています。

みもじさんは以下の4つを大事にしているそうです。

1.時間を大切に使う
2.大事な人のために生きる
3.幸福度が上がる生き方をする。労働からの解放=幸せになる、わけではない
4.社会貢献を意識する

どれも非常に重要です。

1は最近の私が特に意識するようになったことです。

残された時間をいかに生きるか。

まだ50歳手前ですが、時間を大切にしなければと強く思うようになりました。

あとは3です。

FIREを目指すと仕事を辞めることが目標のようになってしまいがちです。

しかし大事なのは仕事を辞めてからの生き方です。

何をするためにFIREするのか。

この順番を間違えると、会社を辞めてただ怠惰な日々を送るだけの人になってしまいます。

4とセットで辞めてからどのような形で社会に貢献していくかを考えてみるとよいのではないでしょうか。

まとめ

以上『FIREは人生の最終目的ではない!「達成後の生き方」こそが大事』でした。

いかがでしたか?

FIRE達成のための手法も大事ですが、軸となる考え方も大事です。

そして達成後の生き方が何より重要です。

FIREした後、どのように社会貢献していくかを考えると、FIRE後にやりたいことが見つかるかもしれません。

以下関連記事です。

みもじさんの一つめの記事です。

こちらはおけいどんさんの記事です。ワンポイント的なプチ贅沢は消費のメリハリをつけられますからストレスを溜めずに済みます。

実際にFIREを達成した事例から日本型FIREの3つのポイントを考えてみました。

スポンサーリンク