2017-2018年の決算を迎えました。

 僕の貯金は6月決算で計算しているため、本日で締めることになります。

 今期1年間の努力の成果が報われる(?)日です。

 さあ、今期はどれだけの貯金ができたのでしょうか?

2017-2018年の貯金額は?

 おかげさまで、2017-2018年の貯金額は350万円を超えることができました。

 これは昨年の貯金額の280万円と比べプラス70万円という結果です。

 では、その内訳について収入・支出をざっくり見ていくことにしましょう。

 

収入について

 貯金額増加の要因の1つは、収入増です。

 これは単純にサラリーマンとしての給与が昇給したためです。

 特段努力をしたものではありません。

 運が良かっただけの話です。

 ちなみに、僕は基本的に株式投資や不動産投資といった投資には手を出しておりません。

 今後も投資には手を出さない方向で考えています。

支出について

 とりあえず、昇給し収入が増えても、生活を大きくすることはありませんでした。

 ですから、支出額は部下に飯をおごった分だけ増えましたが、自身に関する支出は前期とほとんど変わりませんでした。

 やはり毎月のように自分のための支出だけでなく、部下・後輩に対しての付き合いもあると、どうしても一定額はかかってしまいます。

 セミリタイアのことを考えると、そろそろこれもどうなのか考えたいところです。

 支出もそうですが、何より自分のための時間が欲しい。

 あと、今期はいつもの期に比べ、体調を崩すことが多く、医療費が多くかかってしまいました。

 貯金には健康が必須。
 
 この点については反省すべき点が多いです。

 そして被服費。

 今年はバッグを新調しました。

 ただ、これは現在使っているバッグが古くなってきてしまったことによるもので、致し方のないところでした。

 そしてベルトも2本購入。
 
 ただ、ベルトもこれで自分の欲していたところは揃ったため、これ以上の購入予定はありません。

2018-2019年の展望

 出世して昇給したばかりですが、今の役職に何も魅力を感じていませんので、元に戻してもらうか転職するか検討しています。
 
 何と言っても、僕からすれば無用の会議が増えすぎて、自分の時間を捻出することができなくなりました。

 思い切ってこのタイミングでセミリタイアを決行するのも悪くないですが、もう少し資産を増やしておきたいというのも事実です。

 やはり一番の懸念点は両親の介護。

 これが解決しないと何とも言えません。

 とりあえず、収入源は覚悟の上ですが、支出が少ないので、多くの心配はしていません。

 4月に格安スマホに乗り換えましたので、通信費の支出が前期より減ることになります。

 1万5000円ほどかけていた通信費が7600円になりました。

 これは大きな支出減です。

 そして、直近の6月からさらなる支出減が可能であることに気づきました。

 これは、単にまだまだ無駄遣いをしていたことに気づいたためで、6月の支出は実際に大きく減っています。

 収入を減らしたとしても、ほとんど影響が出ないと考えています。

 そして、保険を解約することにしました。

 これによって、さらなる支出減となることになります。

 2018-2019年の終わる頃、自分がどのような状況となっているのか、正直全く予想できません。

 ただ、セミリタイアを目指して奮闘し続けていることになっているとは思います。

 自分の理想を叶えるための旅はこれからも続きます。

スポンサーサイト

節約や我慢お金の悩みが一切ない・余裕のある生活を手に入れる

スポンサーリンク