増税時キャッシュレス還元、カードは月1万5000円まで

増税時キャッシュレス還元、カードは月1万5000円まで

消費税の増税まで、あと2ヶ月を切りました。

そろそろ周辺が慌ただしくなり始めたようです。

駆け込みで購入しておいたほうがよいものは何か?

そんな記事を目にする機会が増えてきました。

一方で、消費税増税後の気になる話も。

それは、キャッシュレス決済のポイント還元です。

いまいち全貌が見えてきませんでしたが、少しだけ動きがありました。

それは、クレジットカード業界です。

クレジットカードの還元の上限は月1万5000円

クレジットカード業界は、各カード会社共通の還元額の上限を設けることで合意したようです。

還元額の上限は、月1万5千円。

つまり、5%還元であれば、月30万円まで利用できることになります。

転売目的の商品購入など、不適切な利用を防ぐことが目的だそうです。

確かに転売しやすいものであれば、5%の還元が得られれば、軽く利益を出せるとなると、転売目的での商品購入が出てきても何ら不思議ではありません。

その他クレジットカードの還元について分かったこと

クレジットカードのポイント還元について、上限の還元額以外にも分かったことがいくつかあります。

まず、この還元額の上限1万5000円の設定は1枚ごとであること。

つまり、複数枚の所有者はそれぞれ上限まで利用できることになります。

先ほどの転売目的の利用の抜け道が早くもできたような気がしますが、はたしてどうでしょう。

また、デビットカードも1万5000円が上限になるようです。

他のキャッシュレス決済は個別に決定

問題は、電子マネーやスマホ決済。

まず電子マネーについては、個別に決めているチャージの上限額が1日の還元上限になる見通し。

1ヶ月ではなく1日の還元上限ですよ。

スマホ決済は、各事業者ごとに個別に決定する模様。

どのキャッシュレス決済にすべきか答えは見えない

結局、現段階において、どのキャッシュレス決済にすべきかは答えが見えません。

もう少し待たないと全貌が見えてこないようです。

誰しも有利な決済方法を採用したいと思うはず。

少なくとも現金のままというのが一番損します。

すべての決済方法に対応できるよう、準備を進めておくのが得策と思われます。

あとは、国から国民に向けてなんらかの説明の機会があってもよいのではないかと思いました。

まとめ

以上『増税時キャッシュレス還元、カードは月1万5000円まで』でした。

いかがでしたか?

10月の消費税増税に向けて、刻一刻と時間が進み、着々と準備が進んでいることが分かります。

我々もいよいよ増税モードに突入していかなければならない時期がやってきたのかもしれません。

スポンサーリンク