熟年夫婦が後悔「若いうちからやっておけばよかった」ランキング

熟年夫婦が後悔「若いうちからやっておけばよかった」ランキング

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

先達の声を聞き、今後の活かせる記事だと思いましたのでご紹介していきます。

熟年夫婦、「若いうちからやっておけばよかった」1位は?

今回のアンケートは、松井証券が全国の結婚3年以内の20~30代男女400名(以下、若年夫婦)、結婚30年以上の50~60代男女400名(以下、熟年夫婦)合計800名を対象に行った「夫婦の家計管理事情に関する調査」(2020年6月30日公表)です。

1年以上前のアンケート結果になります。

このアンケートの中にあった熟年夫婦への「あなたが、若いうちからやっておけばよかったと後悔することをすべて教えてください」という質問に対する回答の上位TOP5はこちらでした。

1位:資産形成・資産運用(37.6%)
2位:定期的な運動(26.0%)
3位:後悔したものはない(24.7%)
4位:旅行(19.9%)
5位:親孝行(18.7%)

熟年夫婦はお金のことで後悔している

1位は「資産形成・資産運用」でした。

ということは熟年夫婦はお金のことで後悔していることを意味しています。

実際に老後を迎え、自分たちの手元にある資産、実際に受け取ってみて気づいた年金の少なさからあとウン十年暮らしていけるのかと不安を抱えている人たちが多いのではないかと推測されます。

熟年夫婦がどのタイミングから資産形成・資産運用を始めればよかったと思っているのかも調査結果がありました。

その回答がこちら。

独身時代(50.8%)
結婚時(31.6%)
子どもの就学時(6.1%)
出産時(2.5%)
子どもの入園時(0.8%)
その他(8.3%)

圧倒的1位が「独身時代」でした。

結婚する前からちゃんと資産形成をしておけばよかったと思っている人が過半数を占めました。

2位が「結婚時」で3割いました。

この2つの回答から結婚してからもいろいろとお金がかかったのでしょうから、まだ子どもの産まれる前の余裕のある時期に資産形成を始めておくべきだったと思っているのではないでしょうか。

このアンケート結果から言えることは、できるだけ早くから貯金、そして資産形成をしたほうがいいということです。

老後に後悔しないよう今からいろいろやっておくべき

最初のアンケート結果に戻ると、熟年夫婦が「若いうちからやっておけばよかった」2位は「定期的な運動」でした。

やはり長い老後を見据えると、健康が一番ということに気づいた人が多いではないでしょうか。

健康寿命をいかに延ばすかが長い老後を生き抜くのに最も大事です。

ちゃんと運動をする習慣を身につけておきましょう。

4位は「旅行」でした。

老後に旅行というのはよく聞く話です。

ただ、老後となるとやはり若い頃と比較して動けなくなりますし、疲れやすくもなっているでしょう。

若いうちだからこそできることもあります。

今を楽しむことも大事です。

ただ旅行はお金がかかりますから、支出が大きくなりすぎないようバランスも大事になります。

5位は「親孝行」でした。

親孝行は親が生きているうち、元気なうちにしかできません。

私は両親ともまだ健在ですが、あと何年生きているかは分かりません。

このアンケートを見て、改めて何かしようと思いました。

各々がアンケート結果に感じることがあったと思います。

今のうちから始められることには取り組んでおきましょう。

まとめ

以上『熟年夫婦が後悔「若いうちからやっておけばよかった」ランキング』でした。

いかがでしたか?

1位だった資産形成は早くから始めたほうが圧倒的に有利です。

独身のうちから、少しでも早く始めるのがベストと思われます。

他にも老後を迎えてから後悔しないよういろいろなことに取り組んでおきましょう。

以下関連記事です。

資産形成をしておかないと老後破産に陥ります。

老後資金は2000万円どころか3000万円必要との試算もあります。

生活保護を受給しなければいけない老後は避けたいものです。

スポンサーリンク