「家計の黄金比率50:30:20」では残念ながらお金は貯まらない

「家計の黄金比率50:30:20」では残念ながらお金は貯まらない

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

出ました、いわくつきのメディア『サンキュ!』の記事です。

初めて聞いた話だったので取り上げてみました。

「家計の黄金比率50:30:20」とは?

「家計の黄金比率50:30:20ルール」とはアメリカの議員エリザベス・ウォーレン氏が提唱したもので、近年では海外ではポピュラーなものになっているそうです。

50:30:20の比率は生活必需品:贅沢費:貯蓄です。

【50%】生活必需品(食費、公共料金、家賃、車のローンや維持費などの固定費)
【30%】贅沢費(外食費、レジャー費用、趣味に使うお金)
【20%】貯蓄(貯蓄、投資)

手取りの20%は貯蓄に回そうというルールです。

また、この内訳で家計を運用する際は以下のポイントを意識するようにと記されています。

1.贅沢費を収入の30%に設定することで生活に楽しみを見つける
2.生活必需品が50%をオーバーする場合は贅沢費から調整
3.貯蓄は20%にすることで自分でも目標を把握し継続しやすい金額に

モデルケースから見る実際の家計例

記事内に月収ごとのモデルケースが出ていましたが、40万円、30万円、20万円をご紹介します。

【月収40万円の場合のモデルケース】
・生活必需品・・・20万円
・贅沢費・・・12万円
・貯蓄・・・8万円

【月収30万円の場合のモデルケース】
・生活必需品・・・15万円
・贅沢費・・・9万円
・貯蓄・・・6万円

【月収20万円の場合のモデルケース】
・生活必需品・・・10万円
・贅沢費・・・6万円
・貯蓄・・・4万円

月収40万円だと月8万円の貯蓄、月収20万円なら月4万円の貯蓄です。

50:30:20では貯蓄が少なすぎ

おそらく貯金できる人からすると、貯蓄が20%という割合が圧倒的に少ないと感じるはずです。

例えば月収30万円なら15万円を貯蓄に回すのではないでしょうか。

支出は増やさず、貯蓄を増やさないといけません。

にもかかわらず、贅沢費がどんどん増えています。

やはりこの一節が違和感です。

1.贅沢費を収入の30%に設定することで生活に楽しみを見つける

貯蓄できる人はお金を使わずに楽しめるので、贅沢費が貯蓄ないし投資に回ります。

収入が増えれば、さらに貯蓄ないし投資にお金が回ります。

だから資産増加のスピードがどんどん上がります。

お金が貯まらない人は貯まる人との最大の違いとして、お金の使い方が根本的に異なっていることを理解しておいたほうがよいでしょう。

よって「50:30:20」の比率を守るのではなく、収入が増えるにつれて貯蓄の割合が増やすとお金は増えていきます。

お金を貯めることを最優先とするならば、この手の割合論は信じないほうがよいでしょう。

まとめ

以上『「家計の黄金比率50:30:20」では残念ながらお金は貯まらない』でした。

いかがでしたか?

支出を増やさないことが貯蓄を増やすコツです。

もちろんお金を使った楽しみがあるでしょうから、多少はお金を使うのも全然構いません。

ただし貯蓄のためなら贅沢への支出は最低限にとどめるべきでしょう。

以下関連記事です。

やはりお金を使わないのが貯蓄の近道です。

1000万円以上を早く貯めるならそれなりの意志・覚悟が大事です。

新型コロナウイルスが流行し始めた頃に書いた記事です。この中の支出が増えた人も多いのでは?

スポンサーリンク