FIRE目指し32歳で8500万円を貯めた会社員男性「いつ実行するか悩んでいる」

FIRE目指し32歳で8500万円を貯めた会社員男性「いつ実行するか悩んでいる」

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

FIREをしたいと考えている人の相談を受けるFPさんの記事です。

FIREしたい32歳男性の驚くべき資産状況

まずは質問者さんの概要です。

未成年のころからFIREを想定して株式を中心に運用してきました。「30歳までには仕事を一度辞める」という目標をもって大学卒業後に就職し、実際に一度会社へ退職の申し出をしましたが、引き留めにあい、また私自身も将来への不安から仕事を継続して今に至ります。

FIREへの強い想いはまだあるので、あとはいつ実行するかを悶々と悩んでいます。ご相談に乗って頂けると幸いです。なお、支出「その他」は、旅行や趣味の費用です。

未成年の頃からFIREを想定とは恐ろしいです。

「30歳までに会社を辞める目標を持っていた」という点が引っ掛かります。

結局会社から引き留めにあい、本人もまだ不安があり仕事を継続して今に至るとのことです。

次に大まかなプロフィールです。

【相談者プロフィール】
・性別:男性、32歳、会社員、独身
・実家で両親・妹と同居。母(会社員・月収30万円)妹(会社員・月収40万円)父(リタイア済み)です。健康状態は問題なし。
・住居の形態:親の家で同居(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額: 80万円
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

実家暮らしと高給取りであることがポイントです。

32歳で手取り年収680万円という恐るべき高さです。

額面なら年収1000万円超。

一方で毎月の支出が20万円もあるのが気になります。

そこで次に支出の内訳です。

【毎月の支出の内訳】
・住居費:3万円
・食費: 5万円
・水道光熱費:-円
・教育費:-円
・保険料:-円
・通信費:5,000円
・車両費:-円
・お小遣い:-円
・その他:11万5,000円

その他11万5000円が光っています。

毎月のように旅行に行っているのでしょうか。

食費も両親と同居で5万円とやや高めです。

そして現在の資産状況です。

【資産状況】
・毎月の貯蓄額: 30万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない): 1,000万円
・現在の投資総額: 7,500万円
・現在の負債総額:0円

合計8500万円。

32歳で8500万円ですから、すごい早さで資産が貯まっています。

年間で410万円を貯蓄。

そして投資がすでに7500万円ですから、実に資産の88%を投資に回しています。

FIREしてからやりたいことを整理すべき

単純に考えればすぐにでもFIREできそうですが、FPさんの回答は的確だと思いました。

ここで、視点を変えてFIREして何をしたいのかを考えてみましょう。FIREしたリタイア生活後に待っているのは、仕事の無い大量の時間です。この自由な時間をどのように過ごしたいのかが定まっていないと、逆に暇を持て余してしまうかもしれません。ありあまる時間の使い方や、FIREして達成したいことなどを整理しておくことは、「いざFIREする」というときの大きな原動力になると思います。

FPをしていると、FIREしたいという相談を多くいただきますが、相談者様がFIREの実現性が高い状態でも、この「やりたいこと」が見つかるまで2、3年悩まれる方も多いのが実態です。FIREを目的にするのではなく、FIREはご自身が幸せになるための手段だと考えた時に、FIREして何をなし得ていきたいのかを考えておくとよいでしょう。

そもそも相談者さんは「FIREしたい」と考え、会社にも退職を申し出たにも関わらず慰留され会社にとどまったという経緯があります。

まだ資産に不安があることもあると思いますが、FPさんの指摘のとおり「FIREして何を得ていきたいのか」が不明確であるのが一番の問題ではないでしょうか。

「FIREしたい」から「〇〇したい」へ

FPさんはフルFIREではなくサイドFIREを目指してみては?という提案をしています。

私なら「〇〇したい」が見つかるまでは今の仕事を続けるべき、と回答するでしょう。

この相談者さんのお金の使い方を見る限り、旅行と美味しいものを食べることが楽しみのように思われます。

もし会社を辞めたら時間があり余りますから、旅行と食事を存分に楽しみたいと思うかもしれません。

しかし、32歳にして8500万円を貯める原動力となった本業の収入が途絶えます。

自由な時間が増えるのに旅行に行く自由は収入減により制約されるというジレンマに陥るのです。

これは残念な話でしかありません。

休みの日にどこかへ行くのが楽しみという人は、会社を辞めた後の生活のことをよーく想像したほうがいいです。

特にサラリーマン経験しかない人は考えてみてください。

仕事を辞めれば「休日」という概念が無くなります。

なぜなら毎日仕事に行く必要がなくなるのですから平日も土日祝日も関係なくなるのです。

毎日毎日家にいる暮らしを想像してみてください。

1日24時間をどのように過ごしますか?

そして1か月をどのように過ごしますか?

もしスムーズに「こういう風に過ごす」というイメージが湧かない人はFIREしないほうがよいと思います。

サラリーマンとして働きながらのライフスタイルが定着しすぎているのです。

そして会社を辞めて何をするかが明確になっていない証拠です。

サラリーマン収入があるからこそできている暮らしであることを改めて認識して、会社勤めを続けるべきです。

「〇〇したい!」という目的を見つけ、そのためにはサラリーマンを辞めないと実現できないとなったとき、初めてFIREを検討すべきです。

まとめ

以上『FIRE目指し32歳で8500万円を貯めた会社員男性「いつ実行するか悩んでいる」』でした。

いかがでしたか?

FIREは「目的」ではなく「手段」です。

特に若くしてFIREしたいと考えている人は時間が有り余るわけで、時間を有効活用すべきです。

会社勤めをしていたほうが自己成長につながる可能性も高いです。

FIREするためには資産も重要ですが、もっと大切なことは「目的」と「勇気」であることを理解しておくべきでしょう。

以下関連記事です。

FIREしても死ぬほどつまらないという人たちが一定数いるのも事実です。

FIRE時の資産が1000万円であれば、それはFIREではなく単なる退職でしかないと思ったのは私だけでしょうか。

若いうちからのんびり暮らしたいと考える人は増えているようです。

スポンサーリンク