退職金2,500万円で老後も余裕のはずが…68歳で「死ぬまで働く覚悟」のワケ

退職金2,500万円で老後も余裕のはずが…68歳で「死ぬまで働く覚悟」のワケ

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

相変わらずの煽り系メディア「資産形成ゴールドオンライン」の記事です。

退職金が2500万円もあるのに、なぜか死ぬまで働かなければならなくなった人の話です。

実話とは思えませんが、実話かもしれないので、一応参考にはすべきかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ←こちらのクリックをお願いします。

Youtubeチャンネルの最新動画を公開中です!
第9弾の動画は『FIRE達成時の資産額はいくら?調査結果から分かった意外な金額』です。今回はFIREネタをご用意しました。多くの人が気になるデータだと思いますので、ぜひご視聴ください。
また、第2弾の動画『【必見】貯金が5000万円を超えたら生じた5つの変化』も大好評ですので、併せてご覧ください。
おかげさまで、チャンネルのお気に入り登録が早くも130人を突破しました。本当にありがとうございます。
まだの方は、よろしければお気に入り登録・高評価をよろしくお願いします。

「退職金2,500万円があるから大丈夫!」貯蓄ほぼゼロの状態

今回の主人公であるSさんは以下のような人です。

地方都市に在住のSさん(68歳)は、大手メーカーに長年勤務していました。同い年の奥様とは、35歳のときに結婚し、3人のお子様(長女32歳、長男30歳、次女29歳)に恵まれました。

収入面ではなかなかの収入でしたが、役職定年を迎えてからは低下の一途を辿りました。

Sさんは、その後も順調に昇進し、営業部長になったときの年収は1,200万円でした。しかし、58歳で役職定年を迎え部長職を外れたときには年収800万円に、60歳から再雇用で嘱託社員となってからは、年収は400万円を下回る金額に下がりました。

世の中的にはこのような年収になっていくということなのでしょうか。

だとしたら、まだ預貯金があまり多くない40代以降の人はこういう年収減を考慮しておいたほうがよさそうです。

そしてSさんに話を戻すと、大きな問題を抱えていました。

Sさんご夫婦に、貯蓄はほとんどありません。Sさんは、60歳のときに退職金2,500万円を受け取りました。

「2,000万円以上あるのだから、老後はこれで大丈夫だろう。年金は65歳になれば、2人合わせて30万円受け取れるんだ」

さらっと一文で書かれていますが、貯蓄をほとんどしていないことです。

年収が1000万円オーバーだったはずなのにです。

真相は見えませんが、おそらく高収入にかまけて散財したのだろうと推測されます。

毎月分配型の投資信託を2000万円購入

それでも退職金が2500万円あるのは非常に大きいです。

細々と暮らせば、年金30万円と合わせ、十分な暮らしができるはずでした。

にもかかわらず、不安になったSさんはとんでもない行動に出たのです。

それでも少し不安になっていたSさんは、退職金を増やそうとして、銀行で担当者に勧められるままに投資信託を2,000万円分購入したのでした。Sさんは、それまで「資産運用」の経験はありませんでしたが、担当者の話を聞くうちに、興味を持ったそうです。

出ました、退職金ぶち込み系の投資です。

2500万円のうち2000万円。

この期に及んで何が不安になったのか?

それまで散財してきたくせにです。

その結果、おそらく投資の知識もほとんどなく、銀行の担当者に乗せられたのでしょう。

ところが、罠が待っていました。

購入したのは毎月分配型の投資信託。

知識のある人であれば、今や大半の人は手を出さないであろう商品です。

みるみる金額は減っていき、投じた2000万円は1000万円となってしまい、そこで解約となりました。

2500万円あったはずの退職金は1500万円に。

支出を減らせないため、働かなければならないとの決断に至ったのでしょう。

退職金をぶち込む投資はリスク大

それにしても、この話は実話とは思いませんが、実際にあっても不思議ではありません。

いろいろとツッコミたいところはありますが、今回の記事で言うならばまず以下の3点です。

・金融機関の言いなりになって投資する
・退職金の大半をぶち込む
・退職金を手にするまで投資経験がない

そして、それ以前の問題が2点あります。

・支出を減らす気が無い
・貯金していない

はっきり言うと、どうしようもない。

自業自得感が半端ありません。

反面教師としては非常に分かりやすいくらい参考になります。

自身の老後は、金融機関は無視、退職金は投資しない、支出を減らす、老後資金を貯金する。

この4点を実行すれば、老後は年金ももらえますから、しばらくは安泰だと思います。

少なくとも毎月分配型の投資信託には手を出さない方がよいというのは、今回の記事からの教訓と言えるでしょう。

まとめ

以上『退職金2,500万円で老後も余裕のはずが…68歳で「死ぬまで働く覚悟」のワケ』でした。

いかがでしたか?

退職金の大半を突っ込む投資は危険であることが分かりましたでしょうか?

退職金があっても、ある程度の貯金をしておけばこんなことにはならなかったはず。

2000万円とは言いませんが、退職金と合わせてある程度の資金は用意しておくことをお勧めします。

以下関連記事です。

「老後のため」に一生懸命お金を貯め続けた人の残念な末路をご紹介しています。

現役時代は小金持ちだった老夫婦が一気に資産を失った「あり得ない誤算」についてご紹介しています。

夫婦2人で年金月27万円・貯蓄5,000万円なのに老後破産する人もいるようです。

Youtubeチャンネルの最新動画を公開中です!
第9弾の動画は『FIRE達成時の資産額はいくら?調査結果から分かった意外な金額』です。今回はFIREネタをご用意しました。多くの人が気になるデータだと思いますので、ぜひご視聴ください。
また、第2弾の動画『【必見】貯金が5000万円を超えたら生じた5つの変化』も大好評ですので、併せてご覧ください。
おかげさまで、チャンネルのお気に入り登録が早くも130人を突破しました。本当にありがとうございます。
まだの方は、よろしければお気に入り登録・高評価をよろしくお願いします。

スポンサーリンク