貯金1000万円以下の人が投資で大損する前に絶対知っておきたい【2つの大前提】

貯金1000万円以下の人が投資で大損する前に絶対知っておきたい【2つの大前提】

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

登録者60万人超えの「サラリーマンYouTuber」、サラタメさんの処女作『真の「安定」を手に入れる シン・サラリーマン──名著300冊から導き出した人生100年時代の攻略法』の紹介記事です。

今回は投資についてです。


サラタメさんの結論は「短期的には投資より副業」

まずは記事の冒頭に今回の記事における結論が書かれていましたので、そのまま引用します。

〈結論〉
・直近5年くらいの短期的視点で稼ぐなら「投資」より「副業」
・持たざる者は、20~30年スパンの長期的視点で投資するのが得策
・投資する前に知っておきたい2つの前提
 1.投資の平均利回りは5%くらい
 2.複利の力は地味にスゴい
・持たざる者の投資ルール4つ
 1.元手が少なくてOK
 2.手間がかからない
 3.資産として手堅い
 4.長期的に儲かる

サラタメさんは資金の少ない人は短期で稼ぎたいなら投資より副業を推奨しています。

理由は「資金力の勝負になるから」だと語っています。

もし投資をするなら長期投資、インデックスファンドへの積立投資を推奨しています。

結局行きつくところは積立投資です。

長期投資の場合「儲ける」という表現より「資産を増やす」という表現の方が適切なように感じます。

20年から30年かけて地道に積み立て続けて資産を増やす。

貯金だけよりはるかに大きな資産に育ちます。

積立投資の一番のメリットは「2.手間がかからない」でしょう。

証券会社に口座を開設し、積立投資の設定をするだけ。

あとはほったらかしでOKです。

貯金だけの場合よりはるかに大きな資産に育つ期待を持てます。

短期で資産を増やしたいなら投資だって悪くない

ただし、短期で儲けたいなら投資だって悪くないと私は考えています。

おそらくサラタメさんは短期投資での成功事例を持っていないと思います。

人は自分の経験上で語るのが大半ですから、投資と副業のうち副業で上手くいったのであれば副業を推奨するのは当然のことです。

仮に短期投資で上手くいった人に同じことを聞いたら「投資」と回答するはずです。

実際にFIREするほどの資産を形成した人の中には、資産の小さい頃には株の短期投資で売買を繰り返し、資産を大きく育ててからインデック投資に切り替えたという人もいます。

またテスタさんのようにスキャルピングで莫大な資産を築いた人だっています。

よって短期投資が全面的に推奨できないかと言われたら決して推奨できないわけではありません。

デメリットがあるとしたら「リスクが大きい」ことです。

投資で儲けるのはそう簡単なことではありません。

それなりの勉強をおこなった上で投資の世界へ足を踏み入れないとあっという間に投じた資金は飲み込まれてしまうでしょう。

マーケットには儲けてやろうという猛者たちが至る所からあなたのお金を狙っているのを忘れてはいけません。

素人が簡単に儲けられるほど甘い世界ではないことは理解しておくべきです。

それを踏まえてきちんと勉強した上で、そして「このお金は無くなっても構わない」という金額で自分も納得した上で投資するなら良いのではないでしょうか。

私の結論も「短期なら投資より副業」

上記を踏まえた上で「短期なら投資と副業、どちらが良いか?」と聞かれたら「副業」と回答します。

私は短期投資で上手くいくイメージが持てないからです。

そして短期投資に失敗すれば、それまで貯めてきたなけなしのお金も消えてなくなります。

そんな手法を他人に推奨できるはずもありません。

だったら体力と時間を消費しますが、現在の手持ちは減らすことのない副業のほうを推奨します。

ではどういう副業が良いかと尋ねられると、それは人によって違うので回答しづらいです。

持っているスキルや生活スタイルや嗜好は千差万別ですから、その人に合わせて考える必要があります。

よって一言でどうこう言える話ではないです。

一つだけあるとしたら、以前書いたこちらの記事で「ふるさとコンサル」という手法を紹介しました。

これは首都圏や都市部で仕事をする人が対象となるのですが、本業で培ってきたビジネススキルを地方の中小企業などに提供し貢献しようというものです。

これならすでに自分の持っているスキルを活かせますから、必要最小限度の労力で副収入を得られるはずです。

現在の収入で満足できない、もっと収入が欲しいと言う人は短期投資より副業を考えてみるべきです。

ただし、まずはその前に本業をしっかりすることが大前提にあることは忘れないでおいてください。

まとめ

以上『貯金1000万円以下の人が投資で大損する前に絶対知っておきたい【2つの大前提】』でした。

いかがでしたか?

私は個人的には「副業の前にまずは本業」と考えている人です。

よって本業で結果を出すことが第一。

そして収入を増やす次の手段は「転職」です。

それでももっと収入を増やしたいとなれば「副業」です。

いきなり「副業」を推奨しているわけではありませんのでご注意ください。

運よく「良い副業」に巡り合えれば、「副業」は「本業」になるかもしれません。

「起業」の道も開かれますし、定年退職後の収入源も確保できる可能性があります。

その意味では「副業」も可能性の開かれたものであることは間違いありません。

最初はシンプルに「もっとお金がほしい」からでも良いと思います。

「自分はどうしたら他人に貢献できるか?」という観点から「副業」を考えてみるとよいのではないでしょうか。


以下関連記事です。

東洋経済に掲載されたサラタメさんの著作を元にした記事です。

「投資と起業、どちらが儲かるか」という質問の回答に対し、人は自分の儲かったほうを回答しています。

テクノロジーによって投資や副業に新たな手法が登場しています。

スポンサーリンク

投資お金,副業,投資

Posted by いわい