老後に必要なお金は「700万円から1500万円が大多数」ってホント!?

老後に必要なお金は「700万円から1500万円が大多数」ってホント!?

どうも。『毎日が祝日。』いわいです。

今日はネットで見かけたこちらの記事から。

2年前に「老後資金2000万円問題」が噴出しましたが、もはや誰も言わなくなりました。

あれは一体何だったのでしょうか?

今回の記事は「2000万円もいらないよ」という記事ですが、はたして本当でしょうか?

老後のお金不安を抱きすぎても仕方ない

まずは冒頭の一節から。

皆さんが老後を不安視する気持ちはわかりますが、やみくもに心配していても不安が増殖するだけで何も解決しません。まずは、“自分が将来いくらもらえるのか”と“自分が暮らしていくにはいくら必要なのか”を割り出す作業から始めましょう。もしかしたら、不安に感じる理由は、必要額を多めに見積もりすぎているせいかもしれません。

確かにやみくもに心配しても仕方ないのは事実です。

漠然とした不安を抱くのも仕方ありませんが、実際に自分の老後にいくら必要なのか計算する必要はあります。

50歳未満の人ならまず「ねんきんネット」を利用すべきです。

「ねんきんネット」で将来自分の受け取れる年金額を把握するところから始めましょう。

将来受け取れる年金額を計算するコンテンツがありますので、まだ利用していない人は利用すべきです。

1ヶ月にいくらもらえるのか把握しなければ老後資金の計算はできません。

老後に必要なお金は「700万円から1500万円が大多数」?

実際に老後資金がいくら必要かという疑問に対し以下のように回答していますが、ここで疑問が生じます。

50歳以降になると、ねんきん定期便の掲載内容が変わり、将来もらえる年金の見込み額がわかるので、老後の生活が予測しやすくなります。例えば月額15万円の人なら、自分の生活費と照らし合わせて、その範囲で賄えるのか、あるいはどれくらい不足するのかを計算してみる。特別支出もきちんと予算を立てましょう。地方だと車がないと生活できませんし、自宅を持っていれば固定資産税もかかります。自分の暮らしにとって必要不可欠なお金はそれぞれ違いますから、それもきちんと予算に含めること。

これからは、女性の2人に1人が90歳を迎える時代になるので、夫婦の場合、妻が90~95歳まで生きることを前提に、だいたい65歳から25~30年間の生活費と特別支出を割り出しましょう。その他、医療費と、介護に備えて、夫婦ならプラス500万円ぐらいあるといいです。

実際にそれらを足した場合、実は年金プラス1000万円ぐらいですむケースが多いんです。平均すると、700万円から1500万円の間で落ち着く場合がほとんど。特に、今の若い世代は贅沢をしないので、15万円あれば暮らせるという人も少なくないのではないでしょうか。

このFPさんの見解だと「例えば月額15万円の人なら」で始まっていますが、そもそも月額15万円もらえる人がはたしてどれだけいるかという疑問です。

年収700万円超えの私が仮に60歳まで現在の年収で働き続けたと仮定した場合、受け取れる年金額の見込みは15.4万円です。

よって年収が700万円に満たない人はもっと少ない年金額で計算しなければいけません。

さらに年金受給開始後も健康保険料・介護保険料・所得税・住民税を支払う義務があります。

年金収入が少なければ免除の可能も一部ありますが、年金額の手取りは85%から90%と見込んでおくべきです。

そして、将来的に年金額が減額される可能性があります。

現役世代の減少により年金制度を維持するには年金支給額を減らすことも予想されます。

人にもよりますが2割から3割程度減るのではないかと予想されており、私も3割の減額前提で計算するようにしています。

私の場合は3,350万円あればなんとかなる計算です。

タイトルの「700万円から1500万円」と比較してはるかに高い金額になっていますが、原因は家を購入する予定があるからです。

また物価上昇による支出額の将来的な微増も含めて計算しております。

老後に必要な金額は結局その人次第

結局のところ、老後に必要な金額はその人次第です。

もちろんリッチな老後を過ごしたい人にとっては、それでは足りないかもしれませんが、自分にとって必要最低限の老後資金を知っておくほうが現実的だと思います。老後は個々の問題。大事なのは、年金でまかなえないリアルな金額はいくらなのか。それがわからないと、2000万円でも足りないと思うでしょうし、人によっては1億円でも不安なのではないでしょうか。

人によっては2000万円もいらず、500万円で収まるかもしれません。

不安な人は1億円あっても不安は払しょくできないかもしれません。

どちらにせよ老後に必要となる金額の目安は計算しておいて損はないでしょう。

いろいろなことを想定して老後資金を計算してみるとよいのではないでしょうか。

ちなみに私は年金廃止という最悪の事態は考えないようにしています。

年金を廃止するのは暴動の起きるレベルの話で、さすがに無いだろうと考えているからです。

まとめ

以上『老後に必要なお金は「700万円から1500万円が大多数」ってホント!?』でした。

いかがでしたか?

私は老後に向けて住宅購入を控えていることと悲観的な考え方をしているため、老後資金が多く必要となりました。

しかしあなたも3000万円以上必要とはならないはずです。

自分の暮らしに合わせ、また将来望んでいる暮らしに合わせて必要な資金を考えてみましょう。

また受け取れる年金額に合わせて生活をダウンサイジングすることで老後資金を削減することも可能です。

お金の情報は平均ばかりを気にするのではなく、自分に置き換えて計算をする習慣を身に着けておくべきです。

以下関連記事です。

おひとりさまなら自分が将来受け取れる年金についての現状把握もしておくべきです。

FIRE・セミリタイアなど正社員を辞める人生を送ることは将来受け取る年金額を減らす行為であることは認識しておくべきです。

そもそも「不安」とは何か。不安の正体について考えた記事です。

スポンサーリンク